スノーボード情報サイト:DQNボーダー養成講座

初心者スノーボーダー必見!これであなたも立派にDQNなスノボちゃんです。

スノーボード情報サイト:DQNボーダー養成講座
  

スノーボードの日程調整ツール「調整さん」

スノーボードの滑り方LV3 フロントサイドの横滑り2

ブログネタ
スノーボード全般 に参加中!

スノーボードの滑り方LV3 フロントサイドの横滑り2

 みなさんこんにちは。エス氏です。先々週はキッカーで大クラッシュし、先週は露天風呂の階段を転げ落ちるという悲劇に見舞われ、踏んだり蹴ったりです。昨日は整体を受けてきましたが、先生にもかなり身体の状態が酷いと言われてしまいました。会社休もうかしら。

 さて前回からの続きでフロントサイド(以下FS)の横滑りです。

注意点

・板の幅からはみ出さない

 立上がったら、しっかりと上体を起こして下さい。身体を起こさないと、当然ながらバランスが取れません。
 FSでは、自分の身体が板の幅の中に収まるくらいがエレガントだと思いますね。

・エッジは点ではなくて面で踏む

 つま先の一点で板を踏まないようにしましょう。あまりつま先に力を入れると、エッジに力が入り過ぎて、板がズレなくなってしまいます。
 つま先ではなく、足のつま先側1/4くらいを使って、面で板を踏むように意識してみて下さい。安定してエッジを押さえられるようになると思います。

・一定の力でエッジを押さえる

 最初のうちは力加減が分からないので少々難しいのですが、エッジに力を入れたり抜いたりしていると、板がグラグラしてバランスが取り難いです。車に例えると、急発進と急ブレーキを繰り返している様なものです。一定の速度で走る方が安定するのは当たり前ですね。
 スノーボードのアクセルとブレーキは、板を寝かせるか起こすかです。寝かせればエッジの効きが弱くなって板は滑ります。起こせばエッジが効いてブレーキがかかります。ゆっくりと安定して滑れる板の傾きを身体で覚えて下さい。

・逆エッジ

 FSの横滑りで逆エッジにかかるということは、BSのエッジが引っかかり、背中側に転倒するということです。後ろ向きに転ぶので、後頭部を強打する危険もあります。
FS横滑り10

 写真のように、山側よりも谷側に転ぶ方が、高いところから低いところに落ちる分ダメージが大きくなります。頭を打つ危険があるので、BSエッジがひっかかる逆エッジは最もダメージの大きな転び方といえます。
 転ぶ時は前に転んだ方がマシですね。

続きを読む
ページトップへ

10/11シーズン15日目 エコーバレースキー場

ブログネタ
スノーボード全般 に参加中!

10/11シーズン15日目 エコーバレースキー場

 みなさんこんにちは。エス氏です。日曜日はドラゴンボールとワンピースにはじまり、ちびまる子ちゃんとサザエさんで終わります。

 H23.2.19は長野県のエコーバレースキー場に行ってきました。エス氏の好きなゲレンデの一つですが、今シーズンははじめてです。中央道方面のゲレンデは、雪は少ないですが天気が良いので好きなんですね〜。雪が降っていると寒いですからね。基本的にインドア派なので、寒いのは苦手なのです。
 今回は美女2名+男性1名と4人で滑りに行きました。

エコーバレースキー場

ゲレンデ近辺の道路状況

IMG_0901

 白樺湖周辺は道路に雪も無く、路面の凍結も無いので、特に問題ありません。

IMG_0904

 エコーバレーに登る道だけは、路面に雪が残っていました。それほど厳しいコンディションではありませんが、凍結には注意が必要ですね。

続きを読む
ページトップへ

ブログ開設5ヶ月

ブログネタ
スノーボード全般 に参加中!

ブログ開設5ヶ月

 みなさんこんにちは。エス氏です。DQNボーダー養成講座も開設から5ヶ月が経ちました。早いものですね〜。10/11シーズンも中盤です。みなさん滑りには行っていますか?エス氏は一応毎週滑りに行っています。その割にはさっぱり上達しませんけど・・・。

 「DQNボーダー養成講座」というタイトルですが、実のところDQNの意味をご存じない方が意外と多いのですね。最近フェイスブックを始めたのですが、こちらはもちろん実名で登録しています。ブログとも連動させたかったのですが、こんなことならDQNなんてタイトルのブログにするんじゃやんかった・・・と後悔しています。エス氏はDQNじゃないですよ〜。

 このところ思い通りに記事が更新出来ていませんね。元々ですけど。美人ボーダー養成講座がさっぱり更新出来ていないのが残念です!シーズン後半にかけて、美人ボーダーのみなさんに登場してもらうことにしましょう。

 エス氏&マナゴンスノーボードツアーも無事に第2回目が終了しました。参加してくれたみなさん、ありがとうございます。打ち上げに向けて撮影したビデオの編集中ですのでお楽しみに。3月に予定している最後のツアーも盛り上げたいですね。

 この記事を書いている時点でのブログランキングは以下の通りです。

ライブドアブログ

 ウィンタースポーツ:5位(2,303ブログ中)
ライブドア

人気ブログランキング

 スキー・スノボ:12位(282ブログ中)
人気ランキング

ブログ村

 スノーボード:2位(543ブログ中)
ブログ村

 順位はあまり変わっていませんね。ライブドアブログのランキングは3位までは上がりますが、2位の壁は大きいですね。人気ブログランキングも10位の壁が厚いです。ブログ村はOUTポイント順では余裕で1位です。人気記事ランキングでも上位にあるので良しとしましょう。

 1日のアクセス数は最大で1,042でした。ついに1,000を越えたのが嬉しいですね。2011.1の月間PVは67,000でした。ここまで順調に伸びてきましたが、まあ2月がピークの様な気もしますね。
 とにかく、これもみなさんの応援のおかげだと思います。いつもありがとうございます。今後とも応援よろしくお願いします。

<<ブログ開設4ヶ月    ブログ開設6ヶ月>>

ページトップへ

スノーボードの滑り方LV3 フロントサイドの横滑り1

ブログネタ
スノーボード全般 に参加中!

スノーボードの滑り方LV3 フロントサイドの横滑り1

 みなさんこんにちは。エス氏です。最近フェイスブックをはじめたのですが、使い方がまだ分かりませんね。少しずつ勉強したいと思います。

 さて、今回はフロントサイド(以下FS)の横滑りです。前回まではバックサイド(以下BS)での横滑りと木の葉落としでした。FSでも横滑りと木の葉落としを練習します。
 BSの横滑りは、バックという言い方ながら正面を向いて滑りましたが、FSの横滑りは進行方向に背中を向けることになります。はじめは少し怖いかも知れませんね。
 ですが、スノーボードのエッジはフロントサイドとバックサイドの二本しかないので、どちら側でもエッジがコントロール出来るようになれば、後はスイスイ滑るだけになりますので、がんばって練習して下さい。

向きを変える

FS横滑り1

 FSの横滑りをする場合は、まず身体の向きを変える必要があります。BSの横滑りの場合は、普通に進行方向を向いて座った状態からスタートしましたが、FSの場合は身体の向きを変えて、進行方向、谷側に背中を向けるようになります。

続きを読む
ページトップへ

スノーボードの滑り方LV3 木の葉落とし

ブログネタ
スノーボード全般 に参加中!

スノーボードの滑り方LV3 木の葉落とし

 みなさんこんにちは。エス氏です。昨夜は横浜でもすごい雪が降りました。こりゃあ間違いなく朝は電車が止まっているぞ、と期待したのですが、平常通り運転していました。意外と平気なもんですね。

 今回は木の葉落としのご紹介です。横滑りの状態から、左右に方向を変えながら滑る技術です。木の葉落としを覚えると、一応は自分の滑りたい方向に進むことが出来るようになります。これでゲレンデでの移動も楽になりますね。

板の向きを変える

木の葉1

 横滑りの状態から、まずは自分の進みたい方向をしっかりと見ます。進行方向に向けて少しずつ重心をずらしていきましょう。右方向に進みたい場合は右足に、左方向に進みたい場合は左足に重心を移します。
 重心が移ると、移った足に体重が乗ります。体重が乗った足は、体重が乗ってない足よりも重くなりますので、重い足の方が少しずつ下がって行きます。
 片側の足が下がりはじめると、板の向きが横向きから斜めになるので、少しずつ横方向に滑るようになります。

続きを読む
ページトップへ
Profile

スノーボードエス氏
管理人プロフィール

サイトマップ

Access Counter
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

PV Counter
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Monthly Archives
Message

名前
メール
本文
スポンサーリンク
Search in the blog

PVアクセスランキング にほんブログ村

スノーボードブログあわせて読みたい
  • ライブドアブログ