スノーボード情報サイト:DQNボーダー養成講座

初心者スノーボーダー必見!これであなたも立派にDQNなスノボちゃんです。

スノーボード情報サイト:DQNボーダー養成講座
  

スノーボードの日程調整ツール「調整さん」

ビンディングのアングルとハイバックについて補足

ブログネタ
スノーボード全般 に参加中!

ビンディングのアングルとハイバックについて補足

 みなさんこんにちは。エス氏です。今回は、アングルとハイバック調整の補足です。記事を読み返してみたら、説明不足な部分がありました。ご参考までに。

アングルを前に向けると、板を方向け易くなる?

 アングルの説明の際に、次のように書きました。
「アングルを前向きにすればするほど、つま先と踵は板の中心に近づくことになります。逆に、アングルを横向きにすると、つま先と踵は板の中心から離れ、エッジに近づくことになります。

 アングルを前に向けるメリットは、身体を進行方向に向け易くなることです。また膝も前を向くので、板を傾け易くなり、エッジを立て易いというメリットもあります。デメリットは、エッジに力を入れ難くなることです。

 スノーボードの操作はエッジによって行うので、エッジに力を入れるということから考えると、アングルは横向きの方が有利といえます。エッジに近いところに、拇指球や踵がある方が、板に力を入れて踏み易いでしょう。板の太さと足の大きさを無視すると、アングルが0度のときが最もエッジに力を入れ易いといえます。アングルを横向きにするデメリットは、板を傾け難くいということです。」

 はて、いったいなぜそうなるのでしょうか。その辺りのご説明がすっぽり抜けておりました。改めてご説明させて頂きます。

続きを読む
ページトップへ

ビンディングのストラップの調整

ブログネタ
スノーボード全般 に参加中!

ビンディングのストラップの調整

 みなさんこんにちは。エス氏です。
 そろそろセッティングも大詰めですね。こんなに長くなるとは予想外でしたが。最後にまとめを書くつもりですので、全部読むのが面倒だという方は、そちらをご覧ください。実践編として、私自身のセッティング過程もご紹介する予定です。

 さて、今回はストラップの調整についてご説明します。調整するのはパッドの長さと位置です。ストラップの調整は、ブーツをビンディングのベースプレートに入れた状態で行いましょう。

パッドの長さ

 ブーツのサイズに合わせて、パッドのベルトの長さを調整します。パッドがブーツに当たる位置が悪いと、フィット感が悪くなり、ブーツをしっかりと固定出来ない恐れがあります。バッドがどちらかのくるぶし側に偏らないように長さを調整し、ちょうどブーツの中央に当たるようにしましょう。

続きを読む
ページトップへ

ブログ開設2ヶ月

ブログネタ
スノーボード全般 に参加中!

ブログ開設2ヶ月

 みなさんこんにちは。エス氏です。DQNボーダー養成講座も、開設してからもう二ヶ月が経ちました。早いものですね。
 おかげさまで、アクセス数も順調に伸びております。昨日のアクセス数は150でした。まだまだ少ないですけど、1ヶ月前は100以下でしたので・・・。本格的にシーズンに入ったら、もっと増えると思います。ありがたいことです。
 このブログはスノーボードの初心者の方から中級レベルの方までを対象にしています。このブログを読んでくださった方々の、上達のきっかけになってくれれば嬉しいですね。

 記事の内容はなるべく分かり易いようにと心がけておりますが、読み返してみると、もう少し修正した方が良いなと思う箇所もたくさんあります。
 もっと図を使った方が分かり易いとは思うのですが、なんせ私のパソコンスキルが低いもので、分かり易い図の作成が出来ないのが現状です。これから少しずつソフトの使い方を練習し・・・いやその前にソフトを買わねば。フォトショップやイラストレーターといったソフトが欲しいのですが、なんせ高価でして。相変わらずTOP画像が変わらないのも情けないところですね・・・。

 この記事を書いている時点でのブログランキングは以下の通りです
ライブドアブログ
 ウィンタースポーツ:32位(2,273ブログ中)

人気ブログランキング
 スキー・スノボ:16位(223ブログ中)

ブログ村
 スノーボード:6位(522ブログ中)

FC2ブログランキング
 スキー・スノボ:3位(549ブログ中)

 いつも応援ありがとうございます。残念ながら順位自体はあまり良くなっていないような気もしますが。ランキング上位のブログはやっぱり年期が違うということですかね。私も頑張ろうと思います。
 一瞬だけFC2ブログランキングで1位になれたのは、今となっては良い思い出ですね。登録しているランキングを絞れば、票が分散しないので有利だとは思いますが、せっかくなのでこのまましばらく続けようと思います。みなさん応援よろしくお願いします。

 といいつつ、最近では人気ランキング自体にあまり拘ってはいません。もちろん順位は上の方が良いですが、それは、その方がアクセスアップにつながると思うからです。
 ブログを書いているからには、やっぱり多くの人に読んで頂きたいと思います。ランキングの順位よりも、アクセス数が伸びる方が嬉しいですね。
 そろそろネットで買った板が配送されてくる予定です。滑りに行く準備を整えたら、いよいよ初滑りです。記事も事前準備的な内容から、技術的なものになっていくと思いますので、楽しみにしていてください。

 これからもDQNボーダー養成講座をよろしくお願いいたしますm(_ _)m

<<ブログ開設1ヶ月     ブログ開設3ヶ月>>

ページトップへ

ビンディングのセンタリングとは

ブログネタ
スノーボード全般 に参加中!

ビンディングのセンタリングとは

 みなさんこんにちは。エス氏です。今回はセンタリングについてご説明します。センタリングとは聞き慣れない言葉だと思います。これはビンディングの取り付け位置を前後に調整して、ボードの幅に対してのブーツの位置を調整する作業です。

センタリングの必要性

 ビンディングはブーツを固定するために取り付けるわけですが、実際にブーツを固定してみると、なにやら踵側やつま先側の方に偏ってしまっていることがあります。
 スノーボードはエッジを操作してコントロールするので、ブーツが踵側やつま先側のどちらかに偏っていると、両方のエッジを上手くコントロール出来ません。センタリングを行って、ブーツが適正な位置に固定されるように調整する必要があるのです。
 センタリングでビンディングの取り付け位置を動かすのは、せいぜい5mmとか1cm程度ですが、スノーボードの横幅は25cmくらいしかないので、この程度の調整でも意外に大きな影響が出ます。自分のブーツがどちらかのエッジ側に偏っていると感じたら、ぜひ調整してみてください。
 ちなみに、センタリングが全く必要ない場合も多いです。ボードの横幅、ビンディングのアングル、ハイバックの前傾、ブーツのサイズ等によって、ブーツの適正位置が変わりますので、いろいろ試してみてください。

続きを読む
ページトップへ

ビンディングのハイバックの調整

ブログネタ
スノーボード全般 に参加中!

ビンディングのハイバックの調整

 みなさんこんにちは。エス氏です。今回はハイバックの調整についてご説明します。ハイバックというのはブーツのふくらはぎ部分が当たるところで、バックサイドターンをするときに重要な働きをします。以前はローバックという背の低いタイプもありましたが、現在では背の高いハイバックが一般的です。

ハイバックの役割

 ハイバックの役割は、バックサイドターンを行う際に、板を立ててエッジングする動きをサポートすることです。
 バックサイドターンではつま先を持ち上げて板を立てますが、ハイバックがあれば、ブーツが倒れる動きに連動して板を立てることが出来ます。ハイバックが大きい方が、てこの原理で板を傾けることが容易になります。またブーツに接する面積が大きくなるので、乗り手の力を逃さずに板に伝えることが出来るようになります。

ハイバック

続きを読む
ページトップへ
Profile

スノーボードエス氏
管理人プロフィール

サイトマップ

Access Counter
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

PV Counter
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Monthly Archives
Message

名前
メール
本文
スポンサーリンク
Search in the blog

PVアクセスランキング にほんブログ村

スノーボードブログあわせて読みたい
  • ライブドアブログ