スノーボード情報サイト:DQNボーダー養成講座

初心者スノーボーダー必見!これであなたも立派にDQNなスノボちゃんです。

スノーボード情報サイト:DQNボーダー養成講座
  

スノーボードの日程調整ツール「調整さん」

実録!スノーボードの選び方 〜ボード編〜[10/11シーズン]

ブログネタ
スノーボード全般 に参加中!

実録!スノーボードの選び方 〜ボード編〜[10/11シーズン]

 スノーボードの道具選びが終わりました。ボードはネットで注文したので、まだ手元には届いていません。ビンディングとブーツは来週買いにいってきます。

 今回はスノーボードを選んだ理由を紹介します。
 私が先シーズン主に使っていた板は、BE!POPの150cmの板です。私は身長が173cmなので、このサイズはかなり短いといえます。非常に柔らかく、グラトリ初心者の私が緩斜面をゆっくり滑りながら練習するには、まあ扱い易かったですね。
 しかし所詮はBE!POP。ちょっとスピードを出して滑ると、途端に不安定になります。カービングターンで滑る際には、吹っ飛ばないようにかなり気を使いました。安定して滑れるのは低速時のみなので、あくまでも初心者用ということでしょう。

 このような板に乗っていたので、当然物足りなさを感じていました。スタンス幅が最大でも52cm程しか取れないのも不満でした。先シーズンはグラトリの練習を始めて、思いのほか楽しかったので、次はグラトリがやり易い板が欲しいと思っていたわけです。

続きを読む
ページトップへ

実録!スノーボードの選び方[10/11シーズン]

ブログネタ
スノーボード全般 に参加中!

実録!スノーボードの選び方[10/11シーズン]

 今シーズンはスノーボードの道具をフルモデルチェンジしようと計画していたのですが、予算的に不可能となってしまいました。ついついサーフィンにお金をかけ過ぎてしまったのです。そこで今年はウエアを我慢し、ボード、ビンディング、ブーツを新しく揃えようと思います。

 このブログでは、初心者の方向けにスノーボードの選び方といった記事を書いてきたわけですが、「じゃあお前はどうやって選んでいるんだ」という疑問もあろうかと。そこで、私がいかに悩んで道具を選んだかについて、数回に渡ってレポートしたいと思います。みなさんの道具選びの参考になればいいのですが。

 ↓ネットで見つけたイラスト。へっぽこ感がとても気に入りました。
l_05

続きを読む

ページトップへ

スノーボードのビデオ撮影と編集

ブログネタ
スノーボード全般 に参加中!

スノーボードのビデオ撮影と編集

 スノーボードの動画編集、みなさんはどうやっていますか?私はMacの標準アプリケーション、iMovieを使って動画編集をしています。もっと高機能なソフトが欲しいところではありますが、パソコン初心者の私にはこのソフトでも十分ですね。

iLife

 2010.10.20、アップルスペシャルイベント「Back to the Mac」で、アップルの新製品が発表されました。新しいiLife'11が登場し、iMovieも'11に進化しました。これなら今まで以上に楽しい動画編集が出来そうです。

 動画を編集するには、そもそも撮影をしなければなりませんね。みなさんは自分が滑っているところを撮影してもらったことはありますか?自分の滑りをビデオに撮影してチェックすることは、上達のための非常に効果的な方法です。

 自分自身で出来ているつもりのことと、ビデオに映る「現実」とでは、当初は大きな隔たりがあります。カッコ良く滑れているはずが、「このイケてないのがオレ?嘘だろ・・・」と愕然とするのはよくあることです。最初は悶絶するほど恥ずかしいのですが、徐々に自分のイメージと現実とが一致するようになります。それは上達したということでしょう。
 自分の滑りを撮影して、客観的に見ながら課題を探し、練習したら再度撮影してチェック。これが上達するための最短距離だと思います。

 最近はビデオカメラも小さくて軽量になりました。気軽にゲレンデへ持ち込んで、お手軽に撮影が出来ると思います。仲間どうしでたくさんビデオ撮影をしたら、せっかくですから楽しく編集してみましょう。

ページトップへ

スノーボードケースの選び方

ブログネタ
スノーボード全般 に参加中!

スノーボードケースの選び方

 スノーボードケースとは、スノーボードの板やブーツを収納出来る大型のバッグのことです。日帰りや一泊でゲレンデに行くのであれば、、スノーボードに必要な道具や着替えなどを一式収納出来るでしょう。車でゲレンデまで行くのであれば、あまり必要ないかもしれませんが、バス、電車、飛行などを利用する場合は、荷物をまとめられるので便利だと思います。重くなるので、持ち運びは大変ですが。
 スノーボードケースには、分厚くて頑丈なタイプと、薄くて軽いタイプがあります。

頑丈タイプ

バッグハード

 このタイプは分厚いカバーで被われているため、ケースの中身をしっかりと保護してくれます。飛行機でゲレンデに行く場合などは、このタイプのケースを使った方が安心でしょう。サイズも大きいので、荷物もたっぷり入ります。ただし、かなりの重量になることは覚悟しておきましょう。女性には持ち運びが困難だと思われます。ローラー付きのタイプもあるので、その方が便利でしょう。
 私は海外に滑りに行く際に、このタイプのバッグを利用しました。国内のスノーボードツアーに参加する場合、男性ならこのバッグ一つで荷物は全て入るのではないでしょうか。宅急便で送ってしまえば重量は気になりません。
 お値段は高めですが、荷物が多い人には必須だと思います。ただし非常にかさばるので、オフシーズンは置き場所に困るでしょう。

続きを読む
ページトップへ

スノーボード用携帯ツールとは

ブログネタ
スノーボード全般 に参加中!

スノーボード用携帯ツールとは

 スノーボード用の携帯ツールについてご紹介します。
携帯ツール

 携帯ツールは、ゲレンデでビンディングの調整をするための道具です。ゲレンデにも、大抵何カ所かは工具が置いてある場所がありますが、携帯ツールがあればどこでもビンディングの調整が可能です。

続きを読む
ページトップへ
Profile

スノーボードエス氏
管理人プロフィール

サイトマップ

Access Counter
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

PV Counter
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Monthly Archives
Message

名前
メール
本文
スポンサーリンク
Search in the blog

PVアクセスランキング にほんブログ村

スノーボードブログあわせて読みたい
  • ライブドアブログ