ブログネタ
スノーボード に参加中!

スノーボード用ゴーグルの選び方などなど

ゴーグルの選び方
 ゲレンデでの天気は、晴れていたり吹雪いていたり様々です。天気が良ければ日差しが強く、裸眼では雪目になる恐れがあります。吹雪の時は、ゴーグル無しでは目を開けることもままならないでしょう。目が痛んだり、まともに目を開けることもできなければ、スノーボードを楽しむどころではありませんね。ゴーグルがなければ、晴れた日の日差しを防いだり、吹雪の日に視界を確保することができないのです。

 またゴーグルには、顔面を寒さから守る役割もあります。ゴーグル無しではリフトの上で寒い思いをしますし、滑っているときも冷たい風が目にしみることでしょう。転倒や激突した際に、ライダーの顔面の保護もしてくれます。

 このように、ゴーグルは非常に重要なアイテムなので、自分にあったものを慎重に選びたいものですね。ここではゴーグル選びのポイントを紹介したいと思います。

フィット感
 ゴーグル選びで一番大切なのは、自分の顔にフィットするものを選ぶことです。顔にフィットしないゴーグルを選ぶと、隙間から風が入り不快な思いをします。必ず試着してから購入しましょう。試着の際は、実際にゲレンデで使うニット帽を被って試着してください。ベルトを若干強く締めると、フィット感が良くなりますが、強く締めすぎないように注意しましょう。鼻の周りに隙間ができなければ、フィットしていると言えそうです。

 ゲレンデでは気温によってゴーグルのフレームの硬さが変わります。気温が低いとフレームは硬くなり、フィット感が悪くなる場合があります。逆に気温が高いと、フレームは柔らかくなりフィット感は良くなります。室内は気温が高いですので、スノーボードショップで試着した感じと、実際のゲレンデとではフィット感に差がある場合もあります。

レンズの種類
 レンズには様々な種類があります。代表的なカラーの特徴と、選び方を紹介します。

・クリア
 透明なレンズです。天気の悪い日やナイターでは良く見えるようですが、あまり使っている人は見かけませんね。晴れた日には眩しいかもしれません。私は使ったことがありません。値段は安目です。

・ミラー
 光を反射するレンズです。晴れた日の強烈な日差しを遮ってくれますが、天気の悪い日にはあまりよく見えません。目が弱い人が晴れた日に使うレンズです。私は視力は弱いですが、晴れた日でもあまり眩しさを感じないので、ほとんど使ったことはありません。値段は高目です。

・オレンジ
 一番標準的なレンズです。晴れた日でも曇りの日でもオールラウンドに使えます。

・イエロー、ピンク
 明るめのレンズです。人によっては晴れた日には眩しいようです。天気の悪い日やナイターでも明るく見えます。私はこのタイプを愛用しています。

・レンズの枚数
 外側と内側に2枚のレンズを重ねたタイプのことをダブルレンズといいます。1枚のシングルレンズに比べると、かなり曇りにくいレンズです。外側と内側のレンズの色を変えて、単色のレンズとは異なる特性をもたせているレンズもあるようです。3枚重ねのトリプルレンズもあります。

・偏光レンズ
 偏光レンズとは、特殊なフィルムによってよけいな光をカットし、クリアな視界を確保するレンズです。普通のレンズは、レンズの色の濃さによって光の量を調整しますが、偏光レンズは視界を遮る余計な反射や照り返しをカットしてくれます。

 自分の気に入ったゴーグルを見つけても、用途に合わないレンズが付いて売られていることがあります。この場合は、自分でレンズを買って交換しなければなしません。メーカーによってスペアレンズの値段は違いますので、ゴーグルを買う前にチェックしておいた方が良いでしょう。

 レンズは消耗品なので、数年使っていると傷がついたり曇りやすくなってきます。劣化を感じたら交換しましょう。

ゴーグルはなぜ曇る?
 視界を確保するためのゴーグルも、曇ってしまっては意味がありません。ゴーグルが曇る仕組みを理解して、その性能をフルに発揮できるようにしましょう。

 曇りの仕組みは、住宅の窓が結露するのと同じです。レンズの外側と内側とでは、空気の温度が違います。外側はゲレンデの冷たい空気で、内側は体温で暖められた空気です。暖められたレンズ内側の空気中の水分が、外気によって冷えたレンズに触れると、水滴となってレンズに付着します。これがレンズの曇りです。

 レンズの曇りを防ぐ効果的な方法は、ダブルレンズ等の曇りに強いレンズを使うことです。ダブルレンズは2枚重ねのレンズですが、レンズとレンズの間に空気の層があり、内外の空気を遮断することによって曇りの発生を抑えます。住宅サッシのペアガラスと同じ原理ですね。

 ゴーグルの換気を良くすることも重要です。曇りはレンズ内外の空気の温度差によって生じるので、レンズの内側を暖め過ぎなければいいのです。ゴーグルのフレームには、上下に換気用の穴がちゃんと付いています。換気用の穴は、薄いスポンジのようなもので覆われていますが、この上に雪が付いたりして穴を塞いでしまうと、換気ができなくなり曇りの原因となります。降雪時はフレーム上部に雪が積もりやすいので、こまめに指で払い落としましょう。

 寒い日にレストハウスに入ると、レンズの表面が曇ります。これはレストハウスの暖かい空気が、外気で冷えたレンズに触れて結露しているのです。室内ではゴーグルをおでこにかけている人をよく見かけますが、これも曇りの原因になる場合があります。ニット帽で覆われた額と頭部の汗や雪などにより、レンズ内側の空気中に水分が多くなるので、曇りが発生しやすくなります。

ゴーグルの保管
 ゴーグルはデリケートなアイテムなので、ゴーグルケースに入れて保管するようにしましょう。出来ればスペアのレンズも用意しておきたいところです。

ゴーグルの購入はこちらから。

スノーボードに必要なもの まとめへ戻る

13/14スノーボードのおすすめゴーグルとグローブのブランド 選び方
12/13スノーボードおすすめゴーグルとグローブ

<<ネックウォーマー[Neck warmer]   スノーボードブーツの選び方>>

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
ページトップへ