スノーボードのプレチューンナップとは

スノーボードのプレチューンナップとは

プレチューンナップとは?

 プレチューンナップとは、新品のスノーボードの板を買った際に行う下準備のことです。チューンナップというと、なにやらボードの性能をアップさせる改造のような響きがありますが、それは大きな誤解です。新品の板はそのままでは扱い難いので、本来の性能を発揮させるための準備ということです。ボードを買ったお店に相談すれば、料金と時間ははかかりますが、チューンナップをしてくれることでしょう。
 もしプレチューンをしてくれないお店があったら、ちょっと心配なお店だと思います。例外はあるものの、新品のボードにプレチューンが必要なのは常識だからです。値段だけではなくメンテナンスまで含めて、板を買うお店を選びましょう。ボードのチューンナップは工場で行うのが一般的なので、出来上がりまでに時間がかかります。ボードを買っても、すぐ明日から使えるというわけではないので注意しましょう。
 例外的に、プレチューンが必要ないメーカーもあります。

 プレチューンナップの基本的な内容は、ダリング、ビベリング、ワクシングの三つです。

ダリング

 ノーズとテール部分のエッジを削って、角を丸める作業です。滑走中には使わない不必要なエッジなので、ヤスリで削って丸めてしまいます。エッジは金属の鋭い角なので、不必要な部分は危険防止のためにもダリングを行う必要があります。ダリングを行わないと、余計なエッジが雪面に引っかかって、ボードコントロールの邪魔にもなってしまいますよ。

ビベリング

 新品のボードは、エッジの角度が雪面に対して90°となっています。このままの状態ではエッジが雪面に引っかかり過ぎてしまい、ボードコントロールが難しくなってしまいます。エッジの角度を1°~2°程度落としてあげると、余計な引っかかりがなくなり、スムーズにボードをコントロール出来るようになります。
 ソール側のエッジだけ角を落とすと、エッジが鈍くなってしまうので、サイドのエッジも同様に角を落とします。
 エッジの角を落とす作業はとてもデリケートで、素人になかなか出来ることではありません。スノーボードにおいてエッジは非常に重要なパーツですので、ここはプロに任せましょう。

ワクシング

 滑走面にワックスを塗ると、ボードはよく滑るようになります。ワックスを塗らないと、ボードは滑りません。初心者の方にありがちな勘違いが、ワックスを塗るとボードが滑り過ぎ、スピードが出て怖い、というものです。ワックスについては後日詳しく書くつもりですが、ここではワックスを塗ることは滑走性を高めるだけではなく、滑走面を保護する役割もあるということを覚えておいてください。
 ワックスの塗り方は何種類かありますが、プロの一般的な塗り方は、ホットワクシングという効果の高い塗り方です。これはアイロンで溶かしたワックスをソールに塗るという方法です。ホットワックスした後は、ソールに溶けたワックスが固まってこびりついています。本来はこのワックスを剥がして使うのですが、これがなかなか面倒でして。ボードをチューンナップに出す際に、ワックスを剥がした状態で仕上げてもらうようにお願いしてみましょう。ワックスを剥がした板は、すぐにでも滑れる状態になっていますよ。
 ワックスを剥がしてもらえなかった場合は、そのまま滑ってしまいましょう。最初は多少滑りが悪かったりもしますが、滑っているうちにワックスは剥がれてきます。ただし雪のコンディションによっては、ワックスを剥がさないと板の滑りは悪くなってしまいますので注意してください。ワックスを塗っているのに板の滑りが悪くなる理由は、ワックスの説明の時に書きます。

 プレチューンナップもメニューによって内容が異なります。滑走面を削ってフラットにする作業や、ストラクチャーといって滑りをよくするための細かい溝をソールに刻む作業を行う場合もあります。お金があるならいろいろやってもらいましょう。

プレチューンが完了したら

 プレチューンが済んだら、ようやく板はゲレンデで使える状態になります。ただし、実際に滑るためには、さらにビンディングを取り付けといった準備が必要です。これは初心者には実に難しい作業になります。面倒なんですよ、板を買うと。
 ボードとビンディングを買ったお店で取り付けてもらうことも出来ますが、ボードをチューンナップに出す場合には基本的にビンディングは外した状態で工場へ送ります。完成したボードを自宅で受け取るなら、自力でビンディングを取り付けることになるでしょう。心配ならボードを買った店で、チューンナップ後にビンディングを取り付けた状態で受け取ることが出来るか聞いてみましょう。ビンディングの取り付けは、本来自分のブーツが無いと正確には出来ません。お店で取り付けてもらう場合は相談してみましょう。

ビンディングの取り付けについてはこちら
スノーボード用携帯ツールとは

スノーボードに必要なもの まとめへ戻る

<<初心者向けビンディングの選び方   デッキパッドとは>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です