ブログネタ
スノーボード全般 に参加中!
スノーボード用語集 ソールカバー[Sole cover]

ソールカバーとは

ソールカバーネオプレン

 ソールカバーとは、その名の通りスノーボードのソールをカバーするものです。滑走面とエッジを保護する大切なアイテムなので、ボードを買ったら一緒に買いましょう。ソールガードという場合もあります。

 スノーボードを持参してツアーバスに乗ったり、板を宅急便で送ったりする場合は、ソールカバーだけではなく、ボードケースも用意したいですね。ボードケースとは、スノーボード道具一式を詰め込めるような大きくて丈夫なケースのことです。エス氏はゲレンデには車で行っているので、ボードケースは普段使っていません。ソールカバーだけで十分です。逆に言うと、車でゲレンデに行く人でも最低限ソールカバーだけは必要ということですな。

ソールカバーの役割

 ソールカバーは、ソールとエッジの保護を目的としたアイテムです。ソールに傷が付いてしまうと、スノーボードの滑走性能に悪影響を与えてしまいますからね。エッジもスノーボードのコントロールのために非常に重要な部品です。どちらも丁寧に扱う必要があります。

 車に板を積む際、ソールカバーなしではソールやエッジを傷つけてしまう恐れがありますし、逆にエッジで車の内装や他の荷物を傷つけてしまう場合もあります。ソールにワックスを塗った後は、ソールカバーをつけておかないと、壁や床を汚してしまうかもしれません。

 このように、ソールカバーはせっかく買った板を保護するための必需品です。板と一緒に買うのがベストでしょう。色々なデザインのものがあるので、せっかくですからカッコいいカバーを買いたいですね。ニューモデルの板を買うと、お店でサービスしてくれることもありますけど。

ソールカバーニット

 ソールカバーは、ウエットスーツのように伸びるネオプレン素材のものと、ニット素材のものがあります。自分のボードの長さに合わせてソールカバーのサイズも選んでください。

 特殊な形状をしたパウダーボード用のソールカバーもありますね。

ソールカバーの購入はこちらから。

スノーボード道具まとめ TOPへ

スノーボード用語集 TOPへ

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
ページトップへ