ブログネタ
スノーボード全般 に参加中!

スノーボードのグローブはヒモに注意

 みなさんこんにちは。エス氏です。今回も道具の装着の仕方についてのご説明です。意外と知らない人もいる、グローブのヒモについてご紹介します。

グローブのヒモ

IMG_0044

 スノーボードのグローブには写真のようなヒモが付いています。付いていないタイプもありますけど。このヒモの使い方をご紹介します。

初心者の方になりがちな間違い

IMG_0045
 

 初心者の方は、写真のようにヒモを使わずにぶら下げていることが多いですね。これはみっともない上に、リフトやゴンドラの乗り降りの際に、どこかに引っ掛けてしまう恐れがあり危険です。

ヒモの正しい使い方

IMG_0046
 

 ヒモは写真のように手首に通します。クリップを動かして手首の部分の輪を縮めると、グローブから手を離しても、グローブを落とすことはなくなります。これなら、リフトに乗っている時にグローブを外しても、誤って落としてしまう心配がありません。
 リフトの上では、携帯電話を使ったり、デジカメを使ったりする際に、グローブを外すことがよくあります。グローブのヒモを手首に通しておけば、うっかり手を離してしまっても安心ですね。

グローブをはめると

IMG_0047

 手首にヒモを通してからグローブをはめると、写真のようにヒモは隠れてしまいます。ヒモを垂らしているよりは、よほどすっきりしていますね(写真のグローブは一番ごついミトンタイプのグローブなので、あんまりすっきりしていませんけど・・・)。
 ちなみに、私が持っている4種類のグローブの中では、ヒモがついているのは写真のグローブだけです。残りの3つはそもそもスノーボード用ではないので、ヒモはついていません。リフトの上では、グローブを落とさないように注意しています。

ゲレンデで見かけた初心者さん

IMG_0075
 

 写真では分かりにくいかも知れませんが、グローブのヒモが垂れています。見た目もかっこ悪いですし、初心者丸出しなので注意しましょう。

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
ページトップへ