ブログネタ
スノーボード全般 に参加中!

スノーボードの方向転換

 みなさんこんにちは。エス氏です。そろそろ年末のお休みに入った人もいるようですね。私は12.30まで仕事ですが・・・。年始も1.4から仕事始めです。もっと休みたいですのぅ。

 さて今回は、前足を板に装着した状態での方向転換のご紹介です。初心者の方は、板の向きを変えるだけでも苦戦することがあります。
 慣れている人は無意識のうちに行っている、板の向きのかえ方があります。初心者の方は理屈から覚えましょう。

板の向きを変える

 板の向きを変える場合、板に固定していない後足を軸にして、板に固定されている前足を動かします。両足を揃えた方が、板を回し易いでしょう。
 前足を動かして板を回すので、テール側がより大きく動くことになります。前回の板の上げ下げをやって頂くと分かり易いのですが、テール側は動かし難いです。逆エッジ方向に板を動かすと、テールが引っかかって板が回らなくなります。

 板を回す場合、後足を板の前側(フロントサイド)に置くか、後ろ側(バックサイド)に置くかによって、回転し易い方向が変わります。
 基本的に、後足の方向に前足を動かせば、板はスムースに動きます。

逆エッジ

 逆エッジとは、エッジが邪魔をして板が滑らなくなる状態のことです。
 図を見てみましょう。

逆エッジ

 Bの方向に向かって板を動かそうとすると、エッジと雪面との抵抗が大きくて、板が雪面に引っかかってしまいます。これが逆エッジです。
 A方向に板を動かせば、エッジと雪面との抵抗が少ないので、板はスムースに動いてくれます。
 板の向きを変える際は、板がスムースに動く方向に動かしてあげましょう。

 逆エッジについては後日別の記事で詳しく説明する予定です。

後足をフロントサイドに置く場合

方向転換1

 後足をフロントサイドに置いた場合です。この状態ではかかと側が浮き、フロントサイド側のエッジが雪面にかかります。テールをフロントサイド側に動かすと逆エッジになるので、バックサイド側に動かしましょう。
 前足を後足側に回しても同じです。レギュラースタンスの場合は、時計回りとなります。

後足をバックサイドに置く場合

方向転換2

 後足をバックサイドに置いた場合です。この状態ではつま先側が浮き、バックサイド側のエッジが雪面にかかります。テールをバックサイド側に動かすと逆エッジになるので、フロントサイド側に動かしましょう。
 前足を、後足のある背中方向に回しても同じです。レギュラースタンスの場合は、反時計回りとなります。

動画で見てみましょう

 スムースに回る方向と、逆エッジになる方向を確認してください。

慣れている人の場合は

 慣れている人は、後足一本で身体を支え、前足で完全に板を浮かせた状態で回転出来ます。板が浮いていれば逆エッジにはならないので、好きな方向に板を回転させられます。
 初心者の方は、後足一本で身体を支え、板を完全に浮かせるとこが難しいので、まずは板を置いた状態で回してみましょう。

 逆エッジの考え方は今後重要になりますので、よく覚えておいて下さい。

<<スノーボードの上げ下げ     スノーボードの階段登行>>

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
ページトップへ