ブログネタ
スノーボード全般 に参加中!

スノーボードの階段登行

 みなさんこんにちは。エス氏です。休肝日を作るのって難しいですね。風呂上がりにビールを我慢するすべを教えて欲しいものです。おかげさまでオヤジ体型になりつつあります。

 今回は階段登行のご説明です。斜面を歩いて上り下りするための技術です。ゲレンデには微妙な斜面がたくさんあります。階段登行が出来ないと困る場面が出てきますので、ぜひ覚えてください。

IMG_0061

 例えば写真のリフト乗り場は、坂を登らないとリフトに乗れません。こんな時、階段登行が役に立ちます。

階段登行とは

 階段登行とは、斜面に対してボードを直角に置き、エッジと後足を使って階段を上り下りするように移動する手段です。

登り方

板直角1 登り(平)

 ボードを斜面に対して直角に置きます。後足は山側、フロントサイド側に置きます。前足のかかとを持ち上げ、フロントサイドエッジを雪面にしっかりとかけてください。重心を前足に置き、後足を進行方向に踏み出します。エッジをしっかりとかけておかないと、ボードが滑り落ちてしまいますので注意してください。

登り(平2)

 後足を踏み出したら、重心を後足に移します。後足で身体を支え、前足とボードを持ち上げて引き寄せます。この時、ボードは斜面に対して直角のままにしてください。繰り返すと斜面を登れます。

下り方

板直角2 下り(平)

 ボードを斜面に対して直角に置きます。後足は山側、バックサイド側に置きます。前足のつま先を持ち上げ、バックサイドエッジを雪面にしっかりとかけてください。重心を後足に置き、前足とボードを進行方向に踏み出します。ボードは斜面に直角のままです。エッジをしっかりとかけておかないと、ボードが滑り落ちてしまうので注意してください。

下り(平2)

 前足とボードを踏み出したら、ボードが動かないようにバックサイドエッジをかけ、重心を前足に移してから後足を引き寄せてください。繰り返すと斜面を下れます。

動画で見てみましょう

階段登行のポイント

 階段登行を上手に行うポイントは、
1.ボードを斜面に対して直角に保つ。

2.登りはフロントサイドエッジ、下りはバックサイドエッジをしっかりとかける。

3.重心を前足から後足へ、後足から前足へとスムースに移す。

 といったところでしょうか。

<<スノーボードの方向転換   スノーボードのスケーティング 歩き方>>

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
ページトップへ