ブログネタ
スノーボード全般 に参加中!

スノーボードの滑り方 スケーティング1 歩き方

 みなさんこんにちは。エス氏です。レッスンも今回からレベル2になります。予定では年内にレベル2は終わっているはずだったのですが・・・。
 レベル2はスケーティングの解説です。リフトの乗り降りまで含めます。

 レベル1も今後追加されるかも知れませんが、とりあえず先に進みます。レベル2もどんどん進めて、後から補足するようにしたいと思います。

スケーティングとは

 スケーティングとは、スノーボードに前足だけ装着して、後足で雪面を蹴って移動する手段です。
 スノーボードは両足を固定して滑りますが、そのままでは平地を移動出来ません。ゲレンデでは、リフトの乗り降りをする際など、歩いて移動する場面がたくさんあります。
 コースに出て練習をするにも、リフトに乗れなくてはお話しになりません。スケーティングはスノーボードを始める初心者の方が、最初に練習するべき基本的な技術だといえます。
 スケーティングの練習の中では、今後の練習にも通じる重要な考え方がたくさん出てきます。しっかりと身に付けてください。

とりあえずお手本です

 LV2になって、動画の音楽が変わりました。ブログで使っている動画の音楽は、これまでのところ全てルパンです。

 えー、スケーティングですが、まず今回の動画はレギュラースタンスの人が、後足(蹴り足)をフロントサイド側に出して蹴るパターンをご紹介しています。

バックサイドのスケーティング

 写真の様に、後足をバックサイド側に出して蹴るパターンもあります。どちらかやり易い方で練習すれば良いと思いますが、とりあえず一般的と思われるフロントサイド側のスケーティングのご説明をします。

ポイント

1.ハイバックは倒しておく

ハイバックを倒す

 直接スケーティングとは関係ありませんが、転んだ際に思わぬ怪我をする恐れがありますので、必ずハイバックは倒しておきましょう。

2.ボードのノーズと後足を進行方向に向ける

板と後ろ足を進行方向へ

 前足を内側に捻って、ボードのノーズをしっかりと前に向けてください。後足も内側に捻って、蹴り足も前に向けます。最初はかなり窮屈に感じますが、練習を続けると慣れてきます。

3.視線は前へ

視線は進行方向

 足下を見てしまいがちですが、顔を上げてしっかりと前を見ましょう。下ばかり見ていると、バランスが取り難いですよ。

4.身体は前足で支える

前足のみ

 ボードには前足しか装着されていないので、バランスを取るのは前足一本になります。
 前足だけで立ってみて、バランスの取れる上体の位置を確認しましょう。その位置が、スケーティングを行う際の基準になります。
 身体の位置を、ポジションと呼びます。

5.膝を曲げてバランスを取る

 前足の膝を軽く曲げた方が、バランスを取り易く脚に力も入り易くなります。

6.後足は前足の辺りから蹴る

蹴り足

 前足一本でバランスを取りたいのですが、前足から離れた位置に後足を着くと、重心が後足に移ってしまいます。前足に近い位置で雪面を蹴れば、前足重心は崩れません。

7.上体を開き過ぎない

 上体を開くとは、上体を進行方向側に向けることです。上体を開き過ぎると、ボードのノーズも開いてしまい、進行方向からずれてしまいます。

 この様なところでしょうか。とりあえずはゆっくりと歩いてみてください。
 では初心者さんのスケーティングを見てみましょう。

初心者さんのスケーティング

 お手本と見比べて見てください。特に意識して頂きたいのは、上体が後れていることと、後足の位置です。
 ちなみにモデルの初心者さんは、この後の練習で上達していますよ。詳しくは、東京駅の美人販売員アヤちゃんをご覧ください。

上体の後れと後足の関係

 上体が後れるので、蹴り足も後ろ寄りになります。また、蹴り足が後ろ寄りなので、上体が後れるともいえます。前足重心を常に意識してください。

 

 次回に続きます。

<<スノーボードの階段登行  スノーボードの滑り方LV2 スケーティング2 後足をデッキに乗せる>>

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
ページトップへ