ブログネタ
スノーボード全般 に参加中!

スノーボードの滑り方LV3 フロントサイド木の葉落とし

 みなさんこんにちは。エス氏です。今日は暖かかったですね〜。おかげで花粉が飛びまくっていたようで。エス氏も今朝から鼻水じゅるじゅるです。嫌な時期になりましたね。

 さて、フロントサイド(以下FS)の横滑りに慣れてきたら、バックサイド(以下BS)と同様に木の葉落としもやってみましょう。

FS木の葉落とし

 木の葉落としは、横滑りの状態から板の向きを左右に変え、ジグザグに斜面を滑り降りる技術です。覚えると自分の滑りたい方向に進める様になるので、FSでも練習しましょう。

板の向きを変えるには

 立上がった状態から、振り返る様にして進みたい方向に視線を向けてみましょう。視線が向くことにより、頭、肩、腰、脚、板と、順番に回転し、板の向きが変わります。
 板の向きが変わると斜めに滑りはじめるので、今度は反対方向を振り返ってみましょう。振り返った方に身体が回って、板の向きも変わると思います。
 要するに、左右順番に後ろを振り返りながら滑ってくれば、自然にジグザグになるのです。
 FS横滑りの段階では、後ろを振り返らない様に説明しましたが、それは振り返ると板の向きが変わって、横向きではなくなってしまうからでした。今度は板の向きを変えたいので、積極的に後ろを振り返って、視線の動きが板の動きを変えることを覚えて下さい。

別の表現

 進みたい方向の脚にゆっくりと重心を移しましょう。例えば、左側に進みたければ、左足に体重を乗せます。体重を乗せた左足は右足よりも重くなるので、板の左側が自然に斜面の下に落ちていきます。板の向きが変わるので、しっかりと進行方向を見てバランスを取りましょう。
 反対側の脚に重心を移せば、板の向きも変わります。左右の脚に重心を移しながら滑れば、ジグザグに滑れるでしょう。

注意点

・後傾にならない

FS木の葉

 進行方向の脚にしっかりと体重を乗せてバランスを取りましょう。後足に体重が乗っている様だと、後傾になってしまっていますね。
 進行方向の肩を少し下げ、後ろの肩を少し上げると、前足重心でバランスが取りやすいと思います。逆に、前の肩が上がってしまい、後ろの肩が下がっている様だと、やはり後傾になっていると思います。

・視線は進行方向に向ける

 単純に、前を見ていないと危ないですので。
 進行方向に顔を向ける方が、重心を移しやすいと思います。また、FSでは視線の動きで板の向きを変えることが出来るので、特に意識して頭を動かしましょう。

・動作はゆっくりと

 後ろを振り返る動作や、重心を前足に移す動作は、ゆっくりと行って下さい。すばやく動いても、バランスを崩しやすいだけです。慣れるまではゆっくりとバランスを取りながら動いて下さい。

・板の向きを変える前に、一度横向きに戻す

 例えば左側に向かって滑った後は、一度板を横向きに戻してから、ゆっくりと右側に板を向けて下さい。
 左側を向いた状態から一気に右側まで振り返ると、身体が大きく動くことになり、板が勢いよく回ってしまうことがあります。板が回り過ぎて、真下を向く直滑降の状態にまでなってしまうこともありますので、慣れるまでは一度横向きにして体勢を整えてから、逆側を向く様にしましょう。

・基本は横滑り

 FS横滑りの注意点を思い出して下さい。上体が前屈みになっていては、後ろを振り返ったり重心を左右に移すどころではありません。ある程度FS横滑りに慣れてから木の葉落としに入りましょう。

おまとめ動画

 次回に続きます。

<<スノーボードの滑り方LV3 フロントサイドの横滑り2  スノーボードの滑り方LV3 斜滑降1>>

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
ページトップへ