フォールライン[Fall line]/最大傾斜線[さいだいけいしゃせん]

スノーボード用語集 フォールライン[Fall line]/最大傾斜線[さいだいけいしゃせん]

フォールラインとは?

 フォールラインとは、コースの上部から水を流したと仮定した時に(斜面の細かい凹凸は無視)、水が流れ落ちる方向のことです。水は真下に向かって最短距離を流れ落ちます。
 ボールが転がり落ちる方向をイメージしても同じですね。

よくある勘違い

 リフトを降り場にあるコースのスタート地点が上部にあり、リフトの乗り場が下部にあるのは間違いないのですが、リフト乗り場が必ずしもフォールラインの先にあるわけではありません。
 コースの先と、現在自分がいる位置から見た斜面の[真下]とは別々に考えた方がいいでしょう。自分が滑って行こうとするコースのゴール地点に対し、フォールラインはどの方向にあるのかは常に意識して欲しいですね。

意外と重要です

 スノーボードは斜面を落下するエネルギーで滑っています。落下のエネルギーを、エッジを使って左右に方向転換させているのがターンです。この落下のエネルギーを最大限に得られるのが、
フォールラインに向かって一直線に落下するときです。つまり直滑降ですね。
 斜面を落下することが、スノーボードにとってのエンジンだといえます。この意味においてはフォールラインはアクセル全開の方向になるので、初心者さんは常に意識して欲しいですね。
ちなみにエッジを使うことがブレーキになるので、フォールラインに対して板を直角に向ける横滑りの状態が、フルブレーキの方向になります。アクセル全開からフルブレーキングまで、板の落下する方向を
コントロールすることが、スノーボード上達の第一歩ですね。

初心者さんには意外と分かりにくい

 慣れている人はコースを一目見ればフォールラインを見つけることが出来るので、あまり意識することもありませんが、初心者さんには意外と分かりにくかったりもします。
 フォールラインを見極めるためには、コースを広く見渡して、自分の現在位置を確認する必要があります。これが横滑りレベルの初心者さんとなると、意識しているのは自分の足元くらいのものです。
これではフォールラインを意識出来ません。顔を上げて、コースをよく見渡してみましょう。ボールの転がる方向をイメージしてみて下さい。

参考の記事も是非

 下にもリンクを貼ったゲレンデの斜面についてという記事も是非参考にしてみて下さい。

[参考] ・ゲレンデの斜面について

スノーボード用語集 TOPページへ戻る

2 件のコメント

  • へー、あんま意識してなかったです。
    パウダーのフロントサイドが苦手で、
    どんどん山から見て左に行ってしまいます。
    初心者とおんなじことですよね。

  • >玄米さん
    コメントありがとうございます。
    滑れる人は普段あまり意識することは無いと思いますけどね。
    パウダーの件はどうでしょ。そのコースの地形もあると思いますけど、フロントサイドが苦手なのは、もしかしたら抱え込みが使えていないのかも知れませんねー。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です