ブログネタ
スノーボード全般 に参加中!

スノーボード用語集 ワンフット[One foot]

ワンフットとは?

ワンフット1

 ワンフットとは、前足だけをビンディングに固定し、後足は固定していない状態で斜面を滑る技術です。けっこう難しい技術ですねー。
 ワンフットで滑れると、リフト降り場などでとても便利です。例えば、次のリフト乗り場までの短い斜面で、一々後足をビンディングに固定しなくても、ワンフットで滑ることが出来れば楽に素早く移動できます。
 またワンフットは、インストラクターがレッスン中に使う技術でもあります。インストラクターがお手本を見せた後生徒のところに戻ったり、立ち止まって講習したりする際に、一々後足を付けたり外したりするのは面倒です。そこで、自然と片足で滑るワンフットの技術を身に付けるようになるわけです。初心者さんのレッスンでは、一日レッスンでもスケーティング、横滑り、木の葉落とし、連続ターンくらいまでしか内容が進みません。ワンフットのみで十分にレッスンが可能です。


スケーティングとの違いは?

スケーティング

 スケーティングはリフトの乗り降りの時など、主に平地を移動するための技術です。後足で雪面を蹴って移動し、板に勢いがついたら後足を板の上に乗せます。
 ワンフットの場合は斜面を滑る技術なので、後足で雪面を蹴る必要はありません。両足を履いた状態と同じように、ワンフットでも横滑り、木の葉落とし、連続ターンなどの技術が使えます。


ワンフットの練習方法

 このブログは初心者さんに向けなので、ワンフットの練習方法は難易度が高すぎます。そのうち詳しくご紹介するかも知れませんけど。
 カービングで滑れるくらいのレベルになってから練習した方がいいと思います。後足を外した状態で、横滑り、木の葉落とし、斜滑降、連続ターンと、初心者さんが練習する内容を順番に練習してみてください。そのうち出来るようになるかも知れません。デッキパッドは必須ですよ。


なかなか難しいワンフットを覚えると

 ワンフットで連続ターンが出来るようなレベルであれば、それなりの腕前のスノーボーダーだといえるのではないでしょうか。
 ワンフットの状態では当然ながらバランスが取り難く、力強いエッジングも出来ません。バランスが取り難いので、両足固定の状態よりもシビアな感覚で板に乗れていないと、とても連続ターンなどは出来ません。強いブレーキもかけられないので、しっかりとスピードコントロールをして滑らないと、暴走してしまって危険です。
 逆に、ワンフットでスイスイ連続ターンして滑れるのであれば、かなりのレベルで板に乗れているといえるのではないでしょうか。トレーニングにも有効な気がするので、練習する価値はあると思います。
 そもそも、ワンフットで滑れると楽チンですよ、いろいろなシチュエーションで。

 おまけに、ワンフットは地味ながらも分かりやすい高等技術です。初級コースあたりをワンフットで滑りだせば、リフト降り場周辺で板を履いている初心者さんたちに、
(; ・`ω・´)ナン…ダト!?
と思わせることが出来る…かも知れません。
ワンフット2
 エス氏の場合は初心者の女の子の前ではワンフットを多用し、「すごーい♡」といわれてゴーグルの下でドヤ顔しています。


[参考]
スケーティング[Skating]

スノーボード用語集 TOPページへ戻る

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
ページトップへ