スノーボード用語集 ラチェットバックル[Ratchet]

ラチェットバックルとは?

スノーボードビンディングb

 ラチェットバックルとはビンディングを構成する部品の一つで、ブーツを固定するパッドとベルトを締め上げるパーツです。
 ラチェットの仕組みは、ベルトを通すと爪がベルトの溝に引っかかって外れなくなるというものです。留め金のバックルを動かすと、歯車が回って爪が次の溝に引っかかり、これを繰り返すとどんどんパッドを締めることができます。バックルの操作で引っかかった爪を外すと、ベルトを抜くことができます。
 ラチェットはビンディング以外にも、携帯ツールのラチェットドライバー等にも使われていますね。


ラチェットの使い方

 ラチェットの使い方は、初心者さんを悩ませるポイントだったりします。現在市販されている一般的なビンディングのラチェットは、どれも似たような使い方なので、一度覚えれば応用が効くと思います。

ラチェット2

 ベルトをラチェットの中に通します。

ラチェット3
ラチェット4
ラチェット5

 バックルをベルトの付け根方向に動かすと、ラチェットの歯車が動いて爪がベルトの次の溝に引っかかります。何度か繰り返すことで、好みの締め付け具合でブーツを固定することができるというわけですな。
 ブーツを固定した状態で、パッドが丁度いい位置に来るように調整しましょう。

ラチェット6
ラチェット7

 外すときは、ラチェットの突起を押すと、ベルトを押さえていた爪が外れ、ラチェットからベルトが抜けるようになります。

 ビンディングメーカーによって多少ラチェットバックルの使い方が異なりますが、基本的には歯車を回し爪で固定して、爪を外して緩めるという動きは同じです。どう動かせば歯車が回るのか、あるいは爪が緩むのかを見ていれば、すぐに使い方を覚えられると思いますな。

[参考]
ビンディングの各部の名称
初心者向けビンディングの選び方
初心者向けスノーボードのビンディング取り付けの流れ
ビンディング[Binding]
セッティング[Setting]
ベースプレート[Base plate]
ヒールカップ[Heel cup]
ディスクプレート[Disc plate]
ハイバック[Highback]
ストラップ[Strap]

スノーボード用語集 TOPページへ戻る
にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
ページトップへ