ブログネタ
スノーボード全般 に参加中!

スノーボード用語集 基本姿勢[きほんしせい]/ニュートラルポジション[Neutral position]

基本姿勢とは?

基本姿勢上

基本姿勢とは、スノーボードを履いて滑る際の基準となるポジション、構えのことをいいます。板の上で前後、上下にニュートラルなポジションで、腕を軽く開いてバランスを取り、視線は前に向けます。上体は前足が向いている方向へ向けましょう。
 基本姿勢の状態から、身体を上下に動かしたり、身体を捻ったり、それらを組み合わせた立体的な動きをしてスノーボードの操作を行います。様々なスノーボードの操作を行いやすい姿勢が、基本姿勢というわけです。

基本姿勢を覚えるには

 自分ではカッコイイ姿勢をとっているつもりが、実はあんまりイケてなかった…。よくあることですね。一番客観的なのは、写真に撮ってもらったりして現実の姿を見ることでしょう。平らな所で基本姿勢をとり、お友達にデジカメや携帯ででも写真をとってもらいましょう。思ったよりもカッコよくない自分を発見すると思います。自分にとってバランスの良い基本姿勢は、滑り慣れてくれば自然と身につきますので、まあ初心者さんも焦らなくていいでしょう。

高い姿勢と低い姿勢

基本姿勢中基本姿勢下

 基本姿勢の状態から、膝を曲げたり伸ばしたりして、板の上で上下に動いてみましょう。膝を柔らかく使い、滑りの中でも、板の上で上下に動ける範囲を大きく出来るといいですね。

基本姿勢のポイント

 自分にとって滑りやすくても、傍から見るとどうにもイケてない、ということはよくありますね。イケてない基本姿勢にありがちなパターンをいくつかご紹介しましょう。

腰が曲がっている

 膝ではなく腰を曲げて姿勢を低くしている人がいます。イケてませんね〜。これではバランスも悪くなってしまいます。上体は起こして、膝を軽く曲げましょう。膝は伸ばしすぎず、曲げすぎず。どのような動きにも対応できるように、膝は柔らかく使えるようにして下さい。

腕の構えがイケてない

 腕の構えは、基本姿勢の見た目を大きく左右するポイントとなります。腕を軽く曲げ、軽く開く…このあたりは好みもありますかね。
 腕を上げすぎると、見た目からして初心者臭がプンプンと漂い始めます。さらに腕を上げると身体も一緒に伸びてしまいやすくなります。つまりポジションが高くなってしまうということですね。あまりよろしくありません。
 腕をだらりと下げているのもカッコよくないですね。ダラダラ滑っているように見えてしまいます。ある程度は腕を上げた方がバランスも取りやすくなりますよ。
 構えには各自のスタイルが反映されるわけですが、パッと見カッコ悪い、という状況は避けたいですね…。

下を見ている

 足元を見て滑ってしまうのは、まあ初心者さんにはありがちです。猫背になってしまいやすいですね。これはカッコ悪いということもありますが、滑りの面から見てもよろしくありません。
 足元を見ているよりも、顔を上げた方がバランスを取りやすいです。さらに、滑りは進行方向に視線を向けるところから始まります。スノーボードでは視線を動かして上体の動きをリードし、上体の動きが板へと伝わることによって板の操作をします。視線を意識して動かすことによって、初心者さんの練習は捗るようになりますよ。
 しっかりと顔を上げて、足元ではなく前を見ましょう。誰かにぶつかっちゃいますよ。

[参考]
ポジション[Position]

スノーボード用語集 TOPページへ戻る

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
ページトップへ