ブログネタ
スノーボード全般 に参加中!

スノーボードの滑り方LV4 連続ターン4 フロントサイドターン

みなさんこんにちは。エス氏です。バックサイドターンは上手くできたでしょうか。次のフロントサイドターンはちょっと手強いですよ〜。難しかったら、一旦横滑りや斜滑降に戻って見るのもいいかも知れませんね。急がば回れです。

フロントサイドターン

FS1

 フロントサイドターンは板を直滑降にするまでの前半が難しいですね。板の向きを変えるきっかけを摘むことが出来ない人が多いです。原因は後傾になっているか、身体を回していないかのどちらかだと思います。
 バックサイドターンでは背中側に振り返る、という動作を行うことで身体を自然に回すことが出来ました。進行方向に視線を向けていけば、意識して身体を回さなくても、板は回ってくれたんですね。
 ところがフロントサイドではそうは行きません。フロントサイドターンでの進行方向は身体の正面になるため、進行方向に視線を向けるという動作が身体を回すことに繋がらないのです。意識して身体を回さないと、板が進行方向を向いてくれません。この辺りがターンのきっかけを掴み難いところだと思いますね。

おおまかな流れ

1.バックサイドの横滑りの向きで立ち上がる。
2.少しずつ身体を回してノーズを下に向ける。
3.板が直滑降の状態になる。
4.フロントサイドのエッジに切り替える
5.板が横を向くまで、少しずつ板を回転させる。
6.フロントサイドのエッジをしっかりと使って停止する。

 それぞれ詳しくご紹介します。

1.バックサイドの横滑りの向きで立ち上がる

フロントサイド1

 バックサイドエッジを使って立ち上がります。レギュラースタンスの方は、左足側が進行方向になりますね。グーフィースタンスの方は右足側が進行方向です。以下レギュラースタンスを前提に話を進めます。

2.少しずつ身体を回してノーズを下に向ける

フロントサイド2

 いきなり難関です。左足に体重を乗せつつ、身体を回してノーズを下へ向けましょう。体重が右足に残っている、つまり後傾では板の向きが変わりませんよ。そして意識して身体を回して下さい。板を回そうとすると、足を使って無理やり板を動かすような操作になってしまいやすいです。身体を動かせば自然と板は付いてくるハズです。
 ここが上手出来なくてノーズを下に向けられず、ズルズルと斜滑降を続けてしまう初心者さんをよく見かけます。ポイントは前足重心と身体を回すことの二つです。
 低い姿勢から伸上がる動きを使うと、きっかけが掴みやすくなりますよ。

3.板が直滑降の状態になる

フロントサイド3

 板が直滑降の状態になったときに、しっかりと板の上に真っ直ぐに乗れていれば、後半はそれほど難しくありません。気をつけていただきたいのは、ターンに入るきっかけをつかむのに時間がかかると、斜滑降で滑る時間が長くなり板に勢いがついてしまうことです。スピードが出た状態でノーズが下に向くと、けっこう怖いと思います。ビビって腰が引けると後傾ですぐに転んでしまいますね。素早くターンに入るきっかけを掴めれば、それほどスピードが出ていない状態でノーズを下に向けることが出来ます。

4.フロントサイドエッジに切り替える

フロントサイド4

 板が直滑降の状態になったら、フロントサイドエッジに切り替えます。直滑降になる前にフロントサイドエッジを踏んでしまい、そのまま板の回転が止まって転倒するのはよくあるパターンです。
 ノーズを下に向けるまでの前半と、エッジを切り替えてからの後半。ターンの練習では前半後半を意識してエッジを使って下さい。
 つま先で板を踏んでフロントサイドエッジを押さえるわけですが、この時にいきなり力を入れてエッジを押えたり、かかとを浮かせて板をフロントサイドに傾けすぎたりすると、エッジがズレずに流れてしまうことがあります。
 横滑りの練習をしたときは、フロントサイドエッジをズラしてスピードコントロールをしたと思います。エッジを押さえ過ぎたり板を傾けすぎたりすると、エッジング(雪面にエッジを食い込ませること)が強くなりすぎてしまいます。こうなると板はズレなくなりコントロールが出来なくなります。フロントサイドでは板が流れやすいので、エッジを切り返す時は、ターンに合わせて徐々に力をいれるようにしましょう。

5.さらに板を回転させる

フロントサイド5

 フロントサイドエッジに切り替えたら、板が真横を向くまで少しずつ板を回して行きましょう。足首に力を入れ、板の傾きをコントロールして下さい。フロントサイドの横滑りの完成度がここで試されますね。板がバタつくようだと危険です。スピードコントロールが出来ずに後継になって転ぶか、バックサイドエッジが引っかかって逆エッジで転ぶか。上手くいかないと思ったら、この時点で一度フロントサイドの横滑りを練習し直しましょう。その方が安全ですね。

6.フロントサイドのエッジをしっかり使ってで停止する

フロントサイド6

 フロントサイド側に板が回ると、横滑りや斜滑降と同じような状態になっているはずです。ここまでくればフロントサイドの横滑りや斜滑降の練度がものをいいます。進行方向に少し板の裏側を向けるようにエッジを使うと、スピードのコントロールが出来て安全に停止できると思います。最後まで気を抜かずに、転んで止まるのではなく、止まってから座るようにしましょう。
 これでフロントサイドのターンが完成です。

フロントサイドターンの滑り方おまとめ動画

ポイント

・低い姿勢から伸上がる動きで、ノーズを下に向けるきっかけを作っている。
・板の上に真っ直ぐに乗っている。
・身体と板が同じように回っている。
・フロントサイドに切り替えてから、しっかりとエッジを使って停止している。
・視線は足元ではなく進行方向へ向ける

 最後の視線については、連続ターンの際に重要なポイントになるので覚えておいて下さい。

[参考]
連続ターン1 練習の前に
直滑降
フォールライン
フロントサイド
バックサイド
ノーズ
ポジション

<<連続ターン3 バックサイドターン   連続ターン5 連続ターン>>

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
ページトップへ