スノーボード用語集 ロッカーボード[Rocker Board]

ロッカーボードとは?

2013_video_vRocker

 ロッカーボードとは、スノーボードを横の水平方向から見た場合の形状の種類の一つです。ボードの中央部分が雪面に接っし、ノーズ・テール側は上に反った形状をしています。


ロッカーボードの特徴

 ロッカーボードのメリットは、回転性の高さ、プレス・オーリーなどのやり易さでしょうか。
 板の中央部分のみが雪面に接しているため、キャンバーボードなどに比べると雪に接している部分が短く、安定性はあまり高くないかと。その代わりに逆エッジになり難く、板をクルクル回転させることが出来ます。板を傾けるだけで割と簡単にカービングターンが出来ますし、パウダースノーでもノーズを浮かせて滑りやすいです。
 キャンバーボードよりもロッカーボードの方がオーリーのタイミングが合わせ易いですが、板の反発は大きくないので、オーリーの高さはキャンバーボードにやや劣っているといえます。

 ロッカーボードのデメリットは、キャンバーボードに比べて板の安定性が低いところでしょうか。雪に接している部分が短いので、エッジグリップが弱いためです。速いスピードで滑りたいならキャンバーボードの方がいいでしょうね。


初心者さんにもおすすめ?

 ロッカーボードはもちろん初心者さんにもおすすめです。逆エッジになり難いので、ターンの練習にも優しいでしょうな。ただしカービングターンまでマスターしたいのなら、どこかでキャンバーボードにも乗って欲しいとは思いますけど。個人的にはキャンバーボードがメイン、ロッカーボードはセカンドボードという位置づけですな。

[参考]
キャンバーボード[Camber Board]


スノーボード用語集 TOPページへ戻る

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
ページトップへ