スノーボード用語集 日本スノーボード協会[Japan Snowboarding Association(JSBA)]

 日本スノーボード協会(JSBA)とは?

JSBA

 日本スノーボード協会は、公式HPによると、「我が国におけるスノーボード界を代表し、国内外でのスノーボードの健全なる発展と普及に努めると共に、国民の心身の健全なる発達に寄与することを目的とする」任意団体です。

主な活動内容

1.協会活動の普及と振興
2.指導者の育成
3.指導者および専門役員の資質を高めるため、指導者および専門役員の検定・認定事業を推進している
4.公認・後援競技会及び選考会の開催
5.スキー場の認定
6.広報・出版事業
7.スノーボードの国際組織に加盟し、国際会議への参加、役員派遣等を行っている

 我々一般人に分かりやすい活動としては、デモンストレーター、インストラクター、バッジテスト、プロスノーボーダーといった資格・検定の認定、大会の実施などですかね。

個人会員

 JSBAの会員になるには登録が必要です。入会金1,000円、年会費5,000円です。公認大会に出場するには競技者登録1,000円も必要です。
 会員数は公式HPによると、2011年度が12,820人となっています。ピークは2000年度の27,731人なので、現在の会員数は半分以下ということですな。スノーボード人口同様減少の一途をたどっています。
 H21年度のスノーボード人口が420万人で、JSBA会員数が14,340人ですので、スノーボード人口の約0.34%がJSBA会員ということになります。
 バッジテスト1級2級を受験するにはJSBAの会員登録が必要なので、これらの資格を持つ人や、インストラクター、公認大会出場者といった方々は、スノーボード人口のほんの一部ということですね。寂しい限りですな。
 エス氏もその昔は会員登録していましたが、年会費を払うのが嫌で止めてしまいました。一般のスノーボーダーからすると、せいぜいバッジテストを受けるかどうかという程度だと思いますので、年会費5,000円はちょっと高いですよね・・・。

[参考]
日本スノーボード協会(公式HP)
日本スノーボード協会(Wikipedia)
全日本スキー連盟[Ski Association of Japan(SAJ)]
日本職業スキー教師協会[Professional Ski Instructors Association of Japan(SIA)]
バッジテスト[Badge test]

スノーボード用語集 TOPページへ戻る

 
にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
ページトップへ