BURTON ION 12/13モデル インプレッション

 みなさんこんにちは。エス氏です。今回は12/13シーズンにエス氏が履いているBURTON IONの使用感をご紹介します。
エス氏がIONを購入するに至った経緯についてはこちらの記事をご覧下さい。

BURTON ION

ION

 ショップの店員さん曰く、バートンのブーツの中でもアイオンは売れ筋の人気モデルとのことす。バートンの人気モデルということは、あらゆるスノーボードブーツの中でもかなり売れているということでしょう。
 人気モデルの実力のほどをご紹介します。

フィット感

 カタログスペック的には決して柔らかいブーツではありませんが、エス氏が今まで履いていたディーラックスのエンパイアと比べると、まあ柔らかいですな。
 履き心地も柔らかく、それでいてしっかりと足首をホールドしてくれるので、フィット感は良いですね。この辺りはさすが高級品といったところでしょう。
 しかしつま先部分に関しては、縦の空間に遊びがあり過ぎてかなりルーズです。
これはエス氏の足の形による部分もあると思いますので、必ずしもみなさんに当てはまるとは限りませんが。

IMG_0753

 インナーブーツを外してみると分かるのですが、インナー自体はそれほどつま先部分が厚いワケではありません。アウターのつま先部分が大きく作られているのでしょう。
アウターのつま先部分の巨大空間については、ビンディングのトゥストラップを締めてみるとよく分かります。

IMG_1191

 写真の様に、ストラップで締められたブーツのつま先部分が大きく凹んでいます。
アイオンはジャパンフィットという、日本人の足の形に合わせた形状を採用しているようですが、まあやり過ぎですな。

脱ぎ履き

 バートンのスピードレーシングシステムは、非常にブーツを履いたり脱いだりしやすいですね。
 ディーラックスと比較すると、履く際にはヒモを引っ張るだけなのでどちらも同じようなものです。差が出るのは脱ぐときですね。
 バートンはヒモを引っ掛ける部分のロックを外し、黄色いヒモを引っ張れば一気に全体が緩みます。
 ディーラックスはロックを外した後手作業でヒモ全体を均等に緩めないと行けないので、正直かなり面倒でした。システムの完成度ではバートンの圧勝かと。
 ただ、商品の個体差があるのかも知れませんが、エス氏のアイオンはレースが緩みやすいですね。一日のうち二回くらいは締め直しています。
 緩んだな~と思って見てみると、ロックが外れて全体がゆるゆるになっていたりもします。これさえなければ文句なしですな。

フレックス

 ディーラックスのエンパイアから履き替えたので、フレックスはカタログスペック以上に柔らかく感じます。足首が曲げやすいのは良いですね。いきなり足に馴染む感じでした。
ただ、やはり柔らかい分レスポンスや足をサポートする力はエンパイアよりも落ちるかなと。
硬いブーツは足を支えてくれるので、ワンフットで滑るのも楽ちんでしたが、アイオンのフレックスではブーツの変形による力のロスが大きいと感じました。
 ワンフットの場合はもともと板に入力出来る力が両足を履いた状態よりも少ないわけで、その少ない力を無駄なく伝えられるのは、やはり硬いブーツですね。
まあ両足履いて滑るには全く問題ありません。むしろちょうどいいバランスのフレックスですな。

 アイオンはスネの部分にベルトが付いていないので、それがスネのサポートの弱さだと感じていましたが、インナーブーツを履き方を工夫したら、やや改善しました。
 タンの部分はマジックテープで留めるようになってます。インナーに足を入れた後、足首を伸ばしながらタンをスネに密着させるように押し付けたままベルクロで固定すると、かなりフィット感が高まります。レスポンスも改善するので試して見て下さい。

ESTソール

 アイオンはESTソールという、通常のソールよりも薄い靴底になっています。
普段アイオンを履いているとあまり感じないのですが、他のブーツに足を入れてみるとやはり違いを感じます。
ソールが薄い方が足裏感覚が鋭くなると思いますので、これは気に入りました。ゴムが薄い分軽いですしね。

 ただし、ピレリソールはイケません。ピレリの名前でブーツの価格を少しでも高くしようという魂胆しか感じられませんなあ。ピレリのゴムを使うことが、本当に顧客のスノーボーディングに付加価値を与えるのでしょうか。普通のゴムでいいから安くして欲しいですね。

アウターのサイズ

IMG_0737

 バートンのブーツはアウターのサイズが他メーカーよりも一回り小さく作られています。同じサイズのブーツでも、バートンとディーラックスを並べてみると、違いがはっきりわかります。
 写真では右がアイオンですね。エス氏の場合はこれまでMだったビンディングのサイズがSになりました。他メーカーからバートンのブーツに履き替える場合は、ビンディングのサイズにもご注意ください。

総評

IMG_0872

 フィット感が良く、フレックスのバランスも良いですな。脱ぎ履きも楽ですしね~。
エス氏的な問題点はつま先がブカブカで、ワンフットで滑りにくいという二点だけで、それ以外は完璧ですね。

IMG_0752IMG_0754

 つま先部分はパッドを貼り、靴下を履かせることでかなり改善出来ました。
 インナーブーツに貼るパッドは、スキーショップの方が置いているかも知れませんね。
 ワンフットについては連続ターンが出来ないというほどでもなく、最低限のことは出来るのでよしとします。もともとウデが悪かったと反省し、修行をすればまあ慣れてくるかと。

 結論としては、自分で手を加えるという前提で、かなり良いブーツだと思います。フレックスのバランスがちょうどよく、フリーライディングに特化している方以外の、幅広いスノーボーダーに合うのではないかと。
 高いのに売れているだけのことはありますな。次はカスタムインソールでも入れますかね。

アイオンの購入はこちらから。

BURTON Ion[バートン アイオン]購入 12/13モデル

Snowboard Gear TOPへ戻る

スノーボード用品インプレッション 一覧へ戻る

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
ページトップへ