スノーボードの試乗とレビュー

[スノーボード用品インプレッション 一覧]

IMG_1585IMG_1386

 みなさんこんにちは。エス氏です。このところNEWモデルの試乗レビュー記事ばかり更新しています。興味がないブランドのレビューなどは退屈で読む気にならないという方も多いと思いますが、すみません、まだまだ続きます。

 とりあえず尾瀬戸倉で試乗した18本のレビューをうpし終えたので、今回は息抜きに試乗とレビューについて書きました。

 エス氏が試乗会に参加する理由は二つで、一つは自分の板選びのため、もう一つはブログで紹介するためです。

自分の板選びのため

 これまで何本も板を買ってきたエス氏ですが、失敗したなと思うことも数多くあります。これ以上板選びに失敗しないためには、やはり試乗してから買うのが確実かと。

 カタログには凄そうなスペックがあれこれ書かれていますが、正直あまり当てになりません。実際乗ってみて、良いと感じれば良いのでしょう。良いと感じなかったら、いくらカタログに凄いことが書いてあっても自分には合わないのです。

 カタログがまるっきり参考にならないワケではありません。キャンバーかロッカーか、フレックスはソフトかミドルか、カービングモデルかパークモデルか、といった基本的な情報はまあ参考になるかと。

 逆にあまり参考にならないと思うのは、軽量コアを使ってるだの、カーボンが入っているだのといった部分です。重さについては数字をはっきり書いて欲しいと思いますな。
 板に使われている素材やテクノロジーについては、けっきょくそれがどうだというのか、滑ってみないと分からないです。
 カタログにどんなにいいことが書いてあっても、乗ってみて自分に合わなければそれまでです。板選びに失敗しないためには、カタログを当てにせず、実際に試乗してみることが1番ですな。

 エス氏のように何十本も試乗すれば、必ず自分に合う板があります。スノーボードは高い買い物ですから慎重に選びたいですし、楽しいシーズンを過ごすためにも重要ですからね。

ブログで紹介するため

 試乗会に参加出来なかった人は、カタログやら口コミで板を選ぶことになります。仲間やショップの店員さんの話も参考になりますし、ネットで口コミを調べる方も多いのではないでしょうか。

 エス氏がブログにレビューを載せるのは、みなさんの参考になるかも知れないと思っているからです。エス氏自身も他のブロガーさんが書いているレビューを参考にしていますからね。エス氏のレビューも誰かのお役にたてればいいと思います。

 レビューといっても、エス氏はパークに入らなかったりグラトリがあまり上手くなかったり、みなさんが求めている情報を提供出来ていないかも知れません。文章自体も分かりやすくないかも知れませんが、それでもカタログに載っていない生の感想にはそれなりの意味があるのではないかと。

 実際、レビュー記事の検索からエス氏ブログを読んでくださっている方も多いので、いくらかはお役にたてているのかなと。スノーボードブロガーとしては多くの方にブログを読んでいただきたいので、アクセスが増えるのは大歓迎です。

 レビューを書く際には、試乗会の日時、ゲレンデ、コース、雪質、板のサイズといった情報が分かるようにしています。どのような条件で試乗しているかはかなり重要ですからね。
 試乗はリフト1本か2本程度です。ちょっと滑ってみただけの感想ですので、じっくり乗るとまた違った評価になるかも知れません。

 最近では試乗のパターンが決まってきていますね。板を履いたらまずプレスしてフレックスのチェック。ゆっくり滑りはじめ、徐々にカービングへ。なるべくスピードを出して滑るようにしています。グラトリはプレスしながら板を回したり、スライドからスピンしてみたり。転ばない程度にやってます。

 試乗して感じたことは、リフトの上でメモを取るようにしています。何本も乗るので、メモしておかないと印象が薄れてしまいますからね・・・。といいつつ乗った板のことはけっこう覚えてますけど。

 「スノーボードレビュー」でレビュー記事を探していると、やはり人気ブランドや人気モデルのレビューが多いです。エス氏としては需要が多そうな人気モデルのレビューを書きたいところですが、あまりレビューが書かれていないマイナーブランドやマイナーモデルのレビューも書いていきたいですな。

 書いたレビューを全てうpし終わったら、オフシーズンに何を書くか、まったくアイディアが浮かんできません。というワケで、時間稼ぎのためにも試乗会にはもう一回は参加したいと思っているエス氏です。

[スノーボード用品インプレッション 一覧]

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
ページトップへ