13/14モデル試乗 BURTON CUSTOM FLYING V 154 感想・レビュー・評価・評判・口コミ・インプレッション

IMG_1503

 みなさんこんにちは。エス氏です。H25.3.15神田のスノーボードショップリバティのツアーで川場スキー場へ行き、BURTON13/14モデルの試乗をしてきました。
 今回はCUSTOM FLYING V 154のレビューです。

IMG_1507IMG_1501

 試乗は白鳥スカイライン、シャミンダウンヒル、桜川コースで行いました。緩んでいるかと思いましたが、意外と締まって滑りやすい雪でした。

BURTON

 スノーボードNo.1ブランドのバートンについては、最早説明不要でしょう。スノーボードブランドに詳しくない方は、とりあえずバートンを買っておけば間違いありません。

CUSTOM FLYING V

IMG_1504

 カスタムFVは、ド定番オールラウンドボードCUSTOMのダブルキャンバーモデルですね。RESTRICTEDモデルはツインチップですが、こちらはディレクショナルです。

FV共通した感想

IMG_1505

 CUSTOM、PROCESS、X9とFVモデルに試乗したので、FVモデルに共通する特徴をまとめてみました。

 フライングVはダブルキャンバーなので板は回しやすいです。低速でもターンしやすく初級者にも優しいですな。カービングはあまり踏みすぎるとテールが崩れる感じ。あまり踏まずに、板を傾けて乗っていれば良くキレます。エッジグリップは良くはないので、上級者がカービングすると物足りないかもしれません。アイスバーンは滑り難いでしょう。
 ダブルキャンバーはプレスがやりやすく簡単に板が浮きます。オーリーもやりやすいです。エッジがひっかかり難いので、スピンでも逆エッジになる心配は少なそうですな。

感想

IMG_1506

 ディレクショナルかツインチップかというシェイプの違いを除けば、RESTRICTEDとスペック的な違いはないはずですが、少しばかり重くて硬く感じました。気のせいなのか品質のバラツキなのか。
 ツインチップよりもディレクショナルの方が滑りやすく感じましたが、キャンバーモデルには及びません。カービングを楽しむならやはりキャンバーですね。
 ちょっと硬く感じられたので、グラトリはツインチップの方がやりやすく感じました。うーん、どうもRESTRICTEDと違いを感じてしまうんですよね・・・。エス氏的にはツインチップの方が楽しめました。

 CUSTOMはキャンバーにも乗りましたが、FVの方がバランスがいいように感じましたね。普通に滑れて普通にグラトリでも遊べる板。誰にとっても乗りやすく、誰にとっても中途半端な板じゃないでしょうか。
 グラフィックはこれぞカスタムという感じで、RESTRICTEDよりはよっぽどマシかと。

CUSTOM FLYING Vの購入はこちらから。

Snowboard Gear TOPへ戻る

スノーボード用品インプレッション 一覧へ戻る

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
ページトップへ