13/14モデル SALOMON TRIUMPH JP 感想・レビュー・評価・評判・口コミ・インプレッション

トライアンフ

 みなさんこんにちは。エス氏です。今回はエス氏が13/14シーズンに使っていたブーツ、SALOMON TRIUMPH JPのレビューです。

SALOMON

IMG_2207

 サロモンはフランスのスキーメーカーで、他のスポーツ用品のメーカーを買収したりされたりして、現在はフィンランドのスポーツ用品総合企業アメアスポーツコーポレーションの傘下にあります。サロモンブランドも、スキー・スノーボード以外にもアパレル・シューズなどアウトドア用品を販売しています。
 あまり好きなブランドではありませんでしたが、試乗して気に入ったので一式買ってみました。やっぱりサロモンは良いですね...。

TRIUMPH JP

 トライアンフはサロモンブーツのフラッグシップモデルとのこと。ミドルフレックスのオールラウンドモデルでしょうか。

感想

サロモン試着

 昨シーズン履いていたバートンのionからトライアンフに変えた理由は、トライアンフの方がフィット感がよかったからです。ionは履き心地の良いブーツでしたが、トライアンフは締め付け感がより強くエス氏好みでした。ブーツのフレックス的にも硬すぎず柔らかすぎずちょうど良いですね。
 レーシングシステムはとても使いやすいです。インナー、足の甲、スネの三ヶ所を締めることができます。インナーのレースにはレバー式のロックが付いていて使いやすいですな。

 バートンのレースとの違いは、バートンは一本のレースで締めるのに対し、サロモンは二本のレースをクロスさせて締めていることです。まあ正確にはレース自体は一本だと思いますけど。レースをクロスさせている分すねが強く締まるのがサロモンブーツの良いところですね。
 サロモンのレーシングシステムの方がバートンよりも強く締め付けることができるので、カチッとしたフィット感が好きならサロモンの方がいいと思います。

 不満な点は、アウターのレースがよく緩むことですね。インナーはレバー式のロックでしっかりと固定されているので緩みませんが、アウターのレースは溝に引っ掛けているだけで、割と頻繁に緩みます。一日に二回は締め直していますね。アウターのレースもレバー式のロックにしてくれたら完璧だと思いますな。

SALOMON TRIUMPH JPの購入はこちらから。

Snowboard Gear TOPへ戻る

スノーボード用品インプレッション 一覧へ戻る

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
ページトップへ