グローブ選びの旅は続きます。

ベストバイ

 みなさんこんにちは。エス氏です。今回は15/16シーズンにエス氏が購入したアイテムのお役立ち度ランキングを発表します。みなさんの来シーズンの道具選びのご参考になれば幸いです。

第1位:3REEミトングローブ

super3ree_04

 普段はミトングローブを使わないエス氏ですが、このグローブは相当気に入りましたね。まず頑丈。手のひらから指先にかけて丈夫な素材でできています。おさわりカービングをしているとすぐにグローブがボロボロになってしまうのですが、これはかなり長持ちしましたね。それでもシーズン後半には破れてきましたけど。
 手の甲についているファスナーを開けると、グローブを外さなくても手が出せるという機能も実に便利ですね。リフトの上で手を出していればグローブの中が蒸れることもありませんし、スマートフォンの操作もできます。丈夫で使い勝手の良いこのグローブ、来シーズンも大活躍すると思いますな。
 まあ買い換えますけどね。どれだけおさわりしても壊れない、究極に頑丈なグローブが欲しいですの。

3REEミトングローブの購入はこちらから。

第2位:コンプレッションソックス

cepソックス

 購入したのはCEPとDEELUXのソックスですね。どちらもお値段は高めですが、もう普通のソックスには戻れないほどの快適性を誇りますぞ。
 コンプレッションソックスは履くのがちと面倒ですが、慣れれば簡単です。エス氏は最初、履いた瞬間に驚きました。ふくらはぎが超快適。足に疲れが溜まりやすいエス氏ですが、コンプレッションソックスを履くと本当に足が楽になります。これは山登り用にも買わねばなりませんな。
 コンプレッション機能はCEPの方が高いような気がしますが、消臭効果はDEELUXの方が上ですかね。足臭おじさんのエス氏的には重要なポイント。どちらも甲乙つけがたいですのう。

コンプレッションソックスの購入はこちらから。

第3位:MAMMUT ソフトシェルジャケット

IMG_7093

 もともとは山登り用に買ったジャケットでしたが、スノーボードでも大活躍でした。ウィンドストッパー機能があるので、第4位のフリースと組み合わせるとかなりの防御力を発揮しましたね。フードもフィット感がよく、滑っていても外れてしまうことがなく便利でした。これまでの定番だったバラクラバ&ニット帽という組み合わせでは寒く感じる日が多かったので、このフードにはかなり助けられましたね。
 そもそも第7位のウェアの防御力が弱すぎたんだと思いますけど。

MAMMUT ソフトシェルジャケットの購入はこちらから。

第4位:MAMMUT Eiswand Jacket Men(フリース)

マムートエイスワンドフリース

 高級ブランドマムートのさらにハイエンドライン、EIGER EXTREMEのフリースです。なにやらかっこいいデザインが気に入りました。身体にフィットするので動きやすく、着心地はいいですね。保温性は正直それほど高くはないと思いました。その分蒸れることがなく、快適な体温を保ってくれるという点では優れものです。暑すぎて汗をかくのもよろしくないので、このくらいの方が使い勝手がいいですの。ゲレンデまでの移動中も含め、ほぼ毎回着ていました。快適すぎます。

神田でお買い物 MAMMUT Eiswand Jacket Men

MAMMUT Eiswand Jacketの購入はこちらから。

第5位:CW-X ジェネレーター

cw-xジェネレーター

 15年くらい履いていたCW-Xのタイツを買い換えましたが、さすがにフィット感が違いますね。今後は数年ごとに買い替えようと思いました。冬用の保温性の高いモデルもあったのですが、あえてノーマルタイプを選んだのですが…ゲレンデではけっこう寒かったです。これも第7位のウェアの防御力がですね…。
 来シーズン温かいヤツも買おうかしら。タイツの重ね着は面倒ですからね。

CW-X ジェネレーターの購入はこちらから。

第6位:MAMMUT Nirvana Pro 25L

sac-a-dos-de-randonnee-a-ski-mammut-nirvana-pro-basil

 バックカントリー用にバックパックを買いました。昨年もバックパックを使ってみてなかなか便利だったものですから、シーズン中は春になるまでほぼバックパックを背負って滑るのが定番になっていましたね。
 バジルカラーは派手で、赤いウェアとの組み合わせはゲレンデで目立ったと思います。背負い心地、容量など特に不満はありません。なんのためにあるのかよくわかりませんが、ピコピコハンマーがぴったり収まる穴もありますし。

バックカントリースノーボード用品購入 バックパックとアバランチギア編

MAMMUT Nirvana Pro 25Lの購入はこちらから。

第7位:686 TERRY KIDWELL

エス氏BC

 赤が好きなエス氏。目立ちそうだからという理由でこのウェアを選びました。値段は比較的リーズナブルでしたが、その分機能的には雑魚でしたね。保温性に乏しく、襟の部分も首回りの防御を完全に無視したデザインになっており、これが寒いのなんの。第3位のジャケットが大活躍するきっかけになりました。ポケットの数が少ないのも地味に不便でしたね。
 見た目的にはけっこう気に入っていたのですが、ゲレンデで2回全く同じウェアを着た人に遭遇し、ちと気まずい思いをしました。ウェアが被るのはよろしくありませんのう。

15/16シーズンエス氏スノーボードウェア購入 686 TERRY KIDWELL

第8位:SINANO Fast-125 カーボンW

シナノ ファスト125カーボン

 バックカントリーと山登り兼用で買いました。まだバックカントリーで1度使っただけですが、なかなか使いやすくていい感じです。オフシーズンの山登りでも活躍してくれそうですな。

ポール購入 SINANO:Fast-125 カーボンW

SINANO Fast-125 カーボンWの購入はこちらから。

第9位:MSR LIGHTNING EXPLORE

スノーシュー ライトニングエクスプローラー

 バックカントリー用にスノーシューを購入したわけですが、1度しか使いませんでしたね。ラチェットストラップ式のビンディングタイプで使いやすそうだと思っていたのですが、実際にはトゥ側のベルトが短く、スノーボードボーツで使うにはギリギリの長さでした。よく見りゃちゃんと交換用の長いベルトも付属してましたけどね。経験がないもので他のスノーシューとの比較はできませんが、ベルト以外に特に気になる点はなく、これからも安心して使えそうです。

スノーシュー購入 MSR:LIGHTNING EXPLORE

MSR LIGHTNING EXPLOREの購入はこちらから。

第10位:MAMMUT ELEMENT Barryvox

Mammut_Element-604h

 こちらもバックカントリー用に購入したビーコンですが、1度しか使っていません。レンタルで良かったんじゃないのか…そんな気がしてなりませんが、今後の活躍に期待したいと思います。
 あ、ビーコンが活躍するのはマズイですね。

バックカントリースノーボード用品購入 バックパックとアバランチギア編

MAMMUT ELEMENT Barryvoxの購入はこちらから。

第11位:HEAD SEVEN BOA

セブンボア

 見た目がダサく、着脱が面倒で、BOAのワイヤーがイカレるという問題はありましたが、フィット感は最高でした。BOA問題をクリアできればしばらく使いたいのですが…。

15/16モデル HEAD SEVEN BOA インプレッション【ブーツ】

HEAD SEVEN BOAの購入はこちらから。

第12位:HEAD NX FIVE DF

スノーボードビンディングHEADハイバック

 なんのリサーチもせず、ブーツに合わせてヘッドのハイエンドモデルを買ったら全然使いこなせなかったでござる。アンクルストラップが硬すぎて全然足が曲がらないのが致命的でしたね。

15/16モデル HEAD NX FIVE DF インプレッション【ビンディング】

HEAD NX FIVE DFの購入はこちらから。

 という感じです。第4位くらいまではかなりお気に入りのアイテムといえますな。バックカントリー用アイテムのスノーシューやビーコンは順位が低めですが、なんせ1回しか使っていませんからね…。

スノーボード道具まとめ TOPへ

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
ページトップへ