ソールとエッジはプロに任せましょう。 4スノーボードメンテナンス

 みなさんこんにちは。エス氏です。今回は汚れたデッキを磨いてピカピカにしましょう、というお話です。ソールではありません。

 オフシーズンの板のお手入れといえば、ワックスかけて保管するというのが定番ですな。エス氏にもそういうことをしていた時期がありました。
 ところが最近オフシーズンも板にワックスもかけず放置。どうせ新しい板買うし。まだ乗りそうな板はチューンナップに出すし。

 そもそもホットワックスなんて面倒臭くて嫌いなんですよね。シーズン中ならともかく、もうしばらく滑らないというのに、板にワックスをかけるなどという手間をかけるなんてエス氏にはちょっと…。道具にこだわっている様で、実はでそうでもない男エス氏です。

 ズボラなエス氏ではありますが、気に入った板ともなれば話は別です。ちゃんとお手入れしますよ。まあチューンナップに出すのでワックスは塗りませんけど。
 では何をするかといえば、キレイに磨いてあげるだけです。チューンナップでソールやエッジはキレイになるので、磨くのはデッキですね。ワンシーズン、特に春も乗った板は想像以上に汚れているのですよ。大事な板は、ピカピカに磨いてキレイにしてあげたいものですな。

カンペハピオ 復活洗浄剤 ビニール・プラスチック用 100ml

価格:979円
(2016/6/19 22:08時点)

 エス氏が板を磨くのに使っているのは、ホームセンターで買ったこちらの洗浄剤です。

コクヨ/シールはがし 強力タイプ 50ml/TW-P200N

価格:598円
(2016/6/19 22:11時点)

 ちなみにデッキパッドを剥がす場合にはこちらのシール剥がしも使います。ボードをチューンに出す場合は、デッキパッドを剥がすのが原則ですね。

1スノーボードメンテナンス

 エス氏お気に入りの板、フォルクルのセレクタです。写真では分かりにくいかも知れませんが、表面が汚れて全体的にくすんで見えます。

5スノーボードメンテナンス

 ボードの上に洗浄剤を垂らし、ティッシュで磨きます。雑巾の方がよかったかも。かなり汚れが落ちているのが見えますね。
 ちなみにそこそこ臭いので、換気しながら作業した方がいいかと。

3スノーボードメンテナンス

 セレクタのテール側半分は表面がザラザラしていて、ティッシュで磨くのは面倒でしたな。
 一通り磨いたら、シャワーで水をかけながらスポンジで洗い流します。水をふき取って完成です。

6スノーボードメンテナンス

 これまた写真では分かりにくいのですが、ピッカピカになりました。

7スノーボードメンテナンス

 細かい傷などもありますが、2シーズン乗りまくった板としてはキレイな方かと。一応昨年も同様のやり方でキレイにしました。

 磨いた板はエフジャンクに持って行き、チューンナップに出してきました。エス氏にしては珍しく大事にしている板なので、なるべくキレイに使いたいですね。
 メンテナンス系の記事はよく見かけるのですが、どれもワックスしてから保管しましょうというものばかり。ボードにワックスはかけたけど、そういえばデッキは磨いていないな…、という方はぜひ磨いてあげましょう。けっこうキレイになりますよ。

スノーボード道具まとめ TOPへ

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
ページトップへ