結論。エス氏にはお得ではない。 マックアース30

 みなさんこんにちは。エス氏です。7月も近くなり、そろそろシーズン券をどうするか考えはじめてもいい頃となりました。シーズン券は早く買った方がお得なことが多いですからね。

 しかしシーズン券を買うということは、滑りに行くゲレンデがある程度固定されてくる、ということでもあります。シーズン券は使えば使うほどお得になりますから。

 普段滑りに行くホームゲレンデが決まっている方はそれほど悩まないのでしょうが、エス氏の場合はあちらこちらに滑りに行くことも楽しみにしていますからね…。なかなかゲレンデを絞るというのも難しいところです。

 というわけで、自称「最強のシーズン券」マックアース30です。7月1日から販売開始予定ですね。全国31のスキー場で使えるシーズン券で、価格は通常100,000円ですが、7月31日までなら55,555円で買えます。

全国31ヶ所のスキー場で利用可能な共通シーズン券「マックアース30」が7月1日より販売開始 SNOWSTEEZ

株式会社マックアース

 15/16シーズンのマックアース30は全国32のスキー場が対象でしたが、16/17シーズンは31に数が減っておりますのう。マックアースのHPによるとスノーリゾートは35となっております。見たところでは、長野県のよませ温泉スキー場、ヤナバスノーパーク、野麦峠スキー場と徳島県の井川スキー場が消え、兵庫県の神鍋高原万場スキー場と福井県の今庄365スキー場が加わっていますかね。野麦峠はマックアースのHPからも消えておりますのう。

 よませ温泉については、同じMt.KOSHAの高井富士が対象になっているので、記載はなくても使えるとは思いますが、だったら昨年同様1ゲレンデとカウントしても良さそうな気がしますなあ。確認していないので知りませんけど。

 さて、全国31のスキー場で滑れるという16/17シーズンのマックアース30ですが、一覧を見るにエス氏が滑ったことがあるゲレンデは7つだけでした。来シーズン滑りに行きそうな気がするのは、斑尾高原、Mt.KOSHA、エコーバレーくらいでしょうか。

 マックアース30を55,555円で買ったとして、この3つのスキー場に何回滑りに行けばお得になるでしょうか。とりあえず各スキー場のリフト券がクーポンなどを使い3,500円程で買えると仮定すると、55,555円÷3,500円=15.8となります。つまり16回は滑りに行けば元は取れたと言えそうです。

 さらに、20回滑りに行ったと仮定すると、一回あたりのリフト代は2,778円となり、多少お得感が出てきますね。30回では1,852円です。宿泊施設の10%割引や駐車場無料といったサービスと合わせると、もっとお得感がありそうですな。

 うーん。シーズン40日は滑るエス氏としては、16回滑りで元が取れるなら悪くない気はしますが…。長野のゲレンデがもう少し欲しいでところですな。

 マックアースのポートフォリオ的に全国のスノーリゾートを保有しているのかもしれませんが、シーズン券としてみると、ちと分散しすぎですね。兵庫の会社だからでしょうか、西日本が充実している代わりに東北はスカスカです。首都圏在住で主に長野で滑るエス氏としては、やはり長野のゲレンデが多いJTB共通シーズン券の方が魅力的に見えますのう。

2015長野県共通リフトシーズン券 申込み開始!

 ふむ。マックアース30よりJTBの方が良い、という結論には2年前に到達しておりましたね。今年もやっぱりマックアース30はないですわ。

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
ページトップへ