板ほどではないにしても、やっぱり見た目は大事です。 BURTON MALAVITA1

 みなさんこんにちは。エス氏です。板に続き、16/17シーズンのお買物その2、ビンディングですね。今回はバートンのマラビータを選びました。16/17シーズンのバートンのビンディングはいくつか試乗して比較していますので、そちらの記事もご覧ください。

16/17モデル試乗 BURTON MALAVITA Re:Flex【ビンディング】

16/17モデル試乗 BURTONビンディング7モデル比較

BURTON MALAVITA2

 板はCAPiTAのKAZU KOKUBO PRO 154を買いましたが、国母和宏さんはユニオンのビンディングを使っています。エス氏はそういうのはあまり気にしないので、いつも使っているバートンを組み合わせることにしました。

 ちなみにエス氏が買ったマラビータのサイズはSです。ビンディングのサイズは自分の使っているブーツに合わせて慎重に選びましょう。ブーツのサイズが同じでも、メーカーによってアウターシェルのサイズはかなり変わりますので、ショップに相談してみたり、現物を合わせてみて選ぶのがよいかと。

 バートンのビンディングではジェネシスが最高だと思っていますが、マラビータも負けず劣らずの高性能。どちらを選んでも良かったのですが、最近はジェネシスばかりだったのと、板のグラフィックに合わせるカラーでマラビータにしました。

BURTON MALAVITA3

 中身を取り出してみました。左右のビンディング本体と、小物が同封されています。

BURTON MALAVITA4

 小物はディスクとビスですね。4×4用とバートンのThe Channelシステム用の2種類のディスクと、それぞれに対応したビスが付属しています。その昔はリーシュコードも付いていたんですけどね。リーシュコードは不要だと思っているエス氏ですが、はて、アメリカやヨーロッパでもリーシュコードって使われているんでしょうか。フランス国家スキー指導員資格を持つ友人に聞いてみたところ、ヨーロッパでスノーボーダーがリーシュコードを使っているのを見たことはないそうです。使ってるの日本人だけだったりして。それなら付属しなくなったのも理解できますな。

 マラビータはバランスの良い性能も魅力ですが、質感が高いのも気に入っているところです。下のモデルと比べると高級感が違いますな。

 シーズンが近づいてきたら、毎度おなじみの板に取付ける記事を更新する予定です。

BURTON MALAVITAの購入はこちらから。

16-17 BURTON / バートン MALAVITA RE:FLEX マラビータ メンズ ビンディング バインディング 予約商品 スノーボード 2017

価格:49,680円
(2016/9/19 20:10時点)

スノーボード道具まとめ TOPへ

スノーボード用品インプレッション 一覧へ

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
ページトップへ