北竜温泉最強伝説。

北竜温泉1

 みなさんこんにちは。エス氏です。2017.1.15は北竜温泉ファミリースキー場で滑ってきました。年末年始に続いて2回目ですね。このスキー場はリフトが1本しかなくお客さんもあまりいないという超ローカルゲレンデ。今回はのんびりとしたしっぽり温泉旅館の旅なので、まあいいかなと。

北竜温泉0

 宿泊していたのは野沢温泉のさかや。前日はさかえ倶楽部で粉まみれになってきましたが、ここの温泉で癒されました。隣には大湯がありますが、まったく行く気になりませんでしたね。朝風呂を浴びてからの二度寝。最高ですの。

北竜温泉2

 朝食は8:30からと遅め。7:30もしくは8:00からにしてもらうこともできましたが、今回の主旨に沿ってのんびり優先。明らかにパウダーなコンディションでしたが、まあ焦ることもないでしょう。

 チェックアウトは11:00なので、朝食後はまさかの三度寝で10:00まで寝てました。野沢温泉のパウダーコンディションを無視してシーズン券も使わずに北竜温泉へ。なかなか贅沢な気がしてきましたぞ。

【野沢温泉スキー場】旅館さかや【おすすめの宿】

旅館 さかや

北竜温泉3

 チェックアウトしてから北竜温泉へ移動。駐車場には車が数台しか停まっていませんでした。相変わらずなゲレンデですの。

北竜温泉ファミリースキー場

北竜温泉21

 リフト券は1日券に食事がついて3,300円と格安。チケットに手作業で日付の印を押すのが渋いですね。ゲレンデの状況を聞くと、チャレンジコースと林間コースはまだオープンしていませんでした。前回滑れなかったAコースはオープンしていますが、非圧雪でかなり雪が深いけど大丈夫かと聞かれてしまいました。大丈夫だと思います。

北竜温泉5

 さっそくリフトに乗って滑ることに。Aコースは何本かラインがついていましたが、まだまだどっさりとパウダーがある上に無人です。

北竜温泉6

 1本目はBコースで足慣らし。しっぽり温泉旅館の旅についてきたMPは前日のさかえ倶楽部で散々な目にあっているので、とりあえずはコースの様子見ですな。

北竜温泉7

 圧雪された上にそこそこ積もっていて、MPでもパウダーが楽しめるコンディション。さらにはBコース全面ノートラックという最高すぎるシチュエーション。大喜びで滑っていました。

北竜温泉8

 Bコースを2本滑ってからエス氏はAコースへ。

北竜温泉9

 モモくらいは積もっていましたね。斜度もあって楽しくパウダーが滑れる斜面です。ここをひたすら滑っていました。Facebookページに動画も載せていますよ。

DQNボーダー養成口座:Facebookページ

北竜温泉11

 センターハウス銀花でランチ。

北竜温泉12

 食事券を使ってハヤシライスを食べました。味よりもいささか量が少ないのが気になりましたね。

北竜温泉13

 ランチの後もひたすらパウダー。ゲレンデにいるお客さんを合計すると20人くらいはいたかもしれませんが、Bコースやゴールデンコースを滑る人ばかりで、Aコースを滑っていたのはエス氏のほか3人くらいしか見かけませんでした。

 その3人もほぼエス氏と入れ替わりで休憩していたので、同じタイミングでゲレンデに出ていたのは1人いるかいないか、という程度。滑っても滑ってもなかなかノートラックの部分が無くなりませんでした。

北竜温泉10

 MPとは別々のコースを滑っていましたが、リフト乗り場で毎回合流していました。上達ぶりを見ようとBコースへ戻りましたが、コースの両サイドとど真ん中にはまだ完全にノートラックの部分が残っており、仕方がないのでエス氏がラインを刻んできましたわ。

 この日は合計でリフト20本分滑りましたが、まだまだパウダーは残っていましたね。このゲレンデの魅力はなんといってもパウダーをほぼ独占できることでしょう。しかし、動画を見ていただくと分かるのですが、コースは短くて1本滑るのに40秒ほどしかかかりません。地形的にも面白みがあるわけでもないですな。その意味ではやはり野沢温泉の方がコースバリエーションも圧倒的に豊富で、雪質や積雪量でも勝っています。そりゃ人気があるわけですの。

 いや〜ノートラックのパウダーはなんだかんだ気持ち良いですわ。北竜温泉はパウダーの練習にも最適かもしれません。大勢お客さんが来ると瞬時に魅力がなくなるので、このまま超マイナーゲレンデでいて欲しいですね、潰れない程度に。エス氏ブログの読者の皆さんも、こんなマイナーゲレンデは無視してぜひ野沢温泉で滑って下さい。

北竜温泉15

 滑った後は文化北竜館へ。ここの温泉は広くて綺麗で空いていて、かなり女性には好評です。別記事で詳しくご紹介しますぞ、そろそろ。

北竜温泉16

 文化北竜館を出た後、くだり坂でタイヤが滑りました。ひやりとしましたわ。

北竜温泉19

 この日はエス氏にしては遅くまで滑りました。まあスタートが圧倒的に遅かったわけですが。帰りは東部湯の丸SAでもつ煮定食を食べましたが、納豆があるのは嬉しいですの。

北竜温泉20

 アヴァンツァーレでエスプレッソのダブルを頼むのがエス氏の定番です。時間が遅い分、渋滞もなくスムーズに帰れましたわ。

【上信越道】東部湯の丸SA アヴァンツァーレ【上り線】

 てなわけで、大雪のコンディションをそれなりに楽しむことができました。三度寝までしてからの昼からパウダー三昧は十分すぎるほど贅沢ですの。エス氏的には遅い時間の15:00まで滑り、その後は文化北竜館で風呂に入ってからのんびり帰りましたが、特に渋滞もなく快適でしたね。旅館さかやは素晴らしく快適な宿でしたし、北竜温泉はマイナーゲレンデでも十分パウダーは楽しめました。今回のしっぽり温泉旅館の旅も大満足でしたの。

 さて次回は木島平とよませ温泉に滑りに行く予定です。パウダー滑ってレッスン受けて温泉入って楽しんできたいと思います。

【今回のリフト券:3,300円 16/17シーズン累計43,200円 1日あたり2,057円】
【野沢温泉シーズン券償却:定価63,000円 今回▲0円 残38,400円】

767eff7f
にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
ページトップへ