最&高。

舞子1

 みなさんこんにちは。エス氏です。2017.2.4は舞子スノーリゾートで滑ってきました。新潟で滑るのは今シーズン初めての様な気がしますの。今回は会社の若者2人と3人で一泊二日のスノーボードトリップ。男だけで滑りに行くのもたまには悪くありませんな。

舞子2

 若者は2人とも横浜市民。東名高速から圏央道経由で関越道に乗りました。朝食は上里SAのカレー。辛口のカレーは身体が温まりますの。

舞子4

 途中渋滞もありましたが、8:00にはゲレンデに到着しました。どうも我々の後ろでは大渋滞が起こっていたようですが。舞子は初めて滑りにきましたが、インターから近くてアクセスはいいですの。

舞子スノーリゾート

舞子5

 この日は朝から天気が良く、絶好のスノーボード日和。駐車場でちゃっちゃと着替えました。立派なセンターハウス内でリフト券を購入。4,800円で1日券と1,000分の食事券が付いたクーポンを使いました。クーポンは新潟スノーファンクラブでゲットしましたよ。

新潟スノーファンクラブ

舞子6

 さっそくゴンドラへ。まだ空いていましたね。

舞子7

 ゴンドラ山頂駅。スカッと爽やかですわ。

舞子8

 奥添地クワッドリフトを目指し、グイグイコースを滑ります。コース脇にはチラホラ新雪が残っていました。

舞子9

 非圧雪のグングンコースに少し期待していたのですが、パウダーは食い尽くされていましたな。それにしてもコース名が奇妙ですのう。ちなみに奥添地はおくそえちと読みます。

舞子10

 リフトからはコース脇にまだまだ新雪が残っているのが見えました。ふむふむ、林の中を滑る方が奥まで行きやすい感じですな。

舞子11

 というわけでグングンコース。けっこう急斜面で、若者2人は苦戦していました。エス氏は写真右側の林の中へ。ロープはありませんでしたよ。

舞子12

 このブログを始めた頃はコースを外れて林の中に入ったりはしていなかったと思いますが、気がつけば普通に入って行くようになっていますな。ちなみに今もロープは潜りません。

舞子13

 思ったより木が生えていましたが、どうにか林の下の方まで降りてきました。ここを抜ければ新雪が待っています。林の出口は大きな段差になっているのですが、奥の方には段差が無いことはリフト上からチェック済み。ここから滑る動画はFacebookページにアップしています。舞子スノーリゾート動画その1というやつですね。

DQNボーダー養成口座:Facebookページ

舞子14

 まさかこんなに新雪が滑れるとは思っていなかったので、自撮り棒を持って行かなかったのが悔やまれますな。

舞子15

 反対側の林の中も滑って見ることに。グングンコースとグイグイコースの間の林ですね。コースの上の方にはロープが張ってあったので、少し降りたところからリフト下を通って林の中へ。

舞子16

 先ほどの林よりは開けていました。特に少し奥に入ったところはノートラックで気持ち良くツリーランできましたわ。この林を抜け出す所を撮影した動画が舞子スノーリゾート動画その2です。こちらもFacebookページにアップしています。

舞子17

 今度はグイグイコース側へ移動。先ほどの林に今度は反対側から入ってみましたがこちらも大満喫。

舞子18

 攻めすぎて予想したルートを外れてしまったのですが、地形的にどこを滑ってもゲレンデに戻れるので特に問題ありませんでした。ただし林の中を滑るならみなさん自己責任でどうぞ。

舞子19

 奥添地ペアリフトに乗りました。上級のゾクゾクコースも滑ってみたかったのですが、舞子エリアの方へ移動することに。初級レベルの若者と一緒なので、ゲレンデクルージングがメインなわけです。

舞子20

 リフト降り場から見えるトンガリまくった山は飯士山(いいじさん)というそうです。この山は翌日も見ることになりました。

舞子21

 舞子スノーリゾートはゲレンデの左右でエリアが分かれているんですよね。今まで滑っていた奥添地エリアはコースマップの左側。舞子エリアは右側になります。

舞子22

 途中、非圧雪のガンガンコースとやらを滑るつもりだったのですが、コースがどこか分かりませんでした。舞子は分かれ道が多く、初見では迷いやすいかもしれませんね。

舞子23

 長峰ランランコースの辺りも適当に林の中で新雪を滑れましたな。

舞子24

 ビュンビュンコースとやらはカービングにちょうどいい斜度でしたが、意外と人が多くてビュンビュン出来ませんでした。

舞子25

 長峰第1クワッドリフトの降り場から少し下ると、舞子エリアと往き来出来る連絡リフトがあります。

舞子26

 沢を渡るこのリフト、ちょっと怖かったですな。

舞子27

 連絡コースを滑ると初級のバンビコースに出ました。

舞子28

 舞子第2ペアに乗ります。舞子エリアの方がコース幅が広くて滑りやすく、初級者さんにはおすすめですな。

舞子29

 コースを左へと滑り、舞子トリプルまで移動することに。

舞子30

 後半はこのリフトを回していました。午後からはかなり混みましたけどね。

舞子31

 上級のチャンピオンコースと、奥に見えるのが中級のドルフィンコース。ドルフィンコースにはノートラックの部分が見えたので、回り込んで滑って見ることにしました。

舞子32

 連絡コースは途中で登りに。奥に迂回路らしきものがありましたが、閉鎖されていました。

舞子33

 ドルフィンコースもなかなかの斜度。残念ながら雪は溶けてかなり重たくなっていました。ここを滑った動画が舞子スノーリゾート動画その3です。チャンピオンコース側の林の中をもっと滑ればよかったのかもしれませんが、初級レベル若者とそう何度もここは滑れませんでした。

舞子34

 ドルフィンコースの下にはバンクヤードというパークらしきものがありましたが、ウェーブを滑っただけで上手いこと楽しめませんでしたのう。こういうところ、エス氏はセンスがないと思いますな。

舞子35

 舞子センタークワッドに乗り、ゲレンデ中腹にあるレストランを目指しました。

舞子36

 リフト降り場を左に滑るとお目当てのレストランです。

舞子37

 Back Country Maikoでランチ。なかなかいい感じですな。

舞子38

 1,000円分のランチ券がありましたが、注文したのは1,800円のBBQピザ。石窯で焼くだけあってこりゃ美味いですわ。値段が高くてもその分美味ければエス氏は満足です。

舞子39

 Back Country Maikoの上にはパークがあり、店の前ではBBQも出来るみたいですね。女性と一緒なら楽しいかも。

舞子40

 ここから少し下ると長峰エリアと行き来する先ほどの連絡リフトがあります。

舞子43

 午後は舞子トリプルからシルバーコースを回しました。コース途中からゴールドコース側に落ちる林の中は新雪がどっさり残っていましたからね。短いながらも満喫できましたわ。

舞子44

 帰りは連絡リフトに乗って長峰エリアに戻ります。

舞子45

 ランランコースの緩斜面は幅も狭くて混雑していましたな。

舞子46

 初めての舞子でしたが、天気も雪も良くて楽しく滑れました。日差しが強くて暑かったですなぁ。舞子の魅力はエス氏的にはツリーランですかね。コースにパウダーが無くなっても林の中はパウダーだらけでしたわ。まだまだ良さげなポイントも多そうですし、もう少し滑り込んでみたいですな。パウダー無いと微妙な気もしますけど。エリアが分断されているのがちと残念なところ。滑って舞子エリアまで行けるとよかったんですけどね。

舞子47

 暑くて汗をかいたので、温泉でさっぱりすることに。今回のお目当は、以前入り損ねた幽谷荘です。この温泉は雪バカ日誌で紹介されていますので、そちらの記事もご覧下さい。

雪バカ日誌:風呂バカは絶対行くべき。石打IC近くの日帰り温泉、幽谷荘。

舞子48

 そんなにお湯が良いのかしら。半信半疑で入りましたが、なるほどこれは確かに良い湯ですわ。ヌルヌル感が凄まじく、油が浮いてないか湯を凝視してしまいました。足の指と指の間のヌルヌル具合ときたら、足裏マッサージを受けた後のローションの拭き残しに匹敵するほど。必ず指の間は拭き残しがあってヌルヌルするんですよね…。このヌルヌル感に匹敵するお湯とは、恐るべし幽谷荘。

 ちなみに若者2人にはこの温泉は人気ブログ雪バカ日誌で紹介された温泉なんだと力説していたのですが、その甲斐もあって大満足の様子でした。エス氏ブログについては秘密ですけどね。この幽谷荘はそのうち宿泊するつもりなので、その際に記事を書こうと思います。

舞子49

 今回の宿は田中屋旅館。ここは安くて良い宿でしたね。別記事でご紹介します。

舞子50

 近くの酒屋で買った新潟限定ビールの風味爽快ニシテ。これがまた美味いんですわ。日中の暑さと温泉で喉がカラカラでしたからね。満を持してのビールは最高でした。このビールが好きだったスノーボード仲間のGさんは関西に行ってしまいましたが、今シーズン滑る機会はあるでしょうか。

風味爽快ニシテ 350ml缶×24本(1箱)【新潟限定/サッポロ/ビール】

価格:5,443円
(2017/2/7 00:26時点)

 てなわけで、この日はスノーボードトリップを最高に楽しめた1日となりましたね。良い天気に良い雪、最高の温泉に美味い酒。全てが完璧でした。若者2人も楽しんでくれたようで一安心。このエス氏と滑りに行くトリップが面白くないなんて言われたくはありませんからね。ところが翌日は全員二日酔い。飲みすぎましたわ…。28日目の岩原スキー場日記に続きます。

【今回のリフト券:4,800円 16/17シーズン累計60,400円 1日あたり2,237円】
【野沢温泉シーズン券償却:定価63,000円 今回0円 残29,400円】

767eff7f
にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
ページトップへ