仲間たちと滑るのは楽しいですのう。

パインビーク1

 みなさんこんにちは。エス氏です。2017.2.11〜12はエス氏ツアーで菅平へ行ってきました。メンバーは13人でしたが、現地で変態軍団と合流したのでけっこうな人数で滑りましたな。今回は初めてのパインビークエリア。菅平は太郎・ダボスエリアとパインビークエリアに分かれているのですが、正直完全に別のゲレンデだと思っていました。滑って移動できませんしね。

パインビーク

 エス氏の車はワープ要員さんおつと、しっぽり温泉旅館の旅で一緒だったMPの3名乗車。関越道は渋滞しそうな感じでしたが、5:00前くらいに練馬インターから乗れたので順調に移動できました。朝食はMPがお弁当を作ってきてくれたのですが、けっこう美味かったですね。彼女はひるたん軍団の一員ではありますが女子力は高めですの。

パインビーク2

 お腹が満たされたところでさんおつワープ。東部湯の丸SAで休憩しましたが、何やら足もとが寒いと思ったらサンダルを履いていました。いつもはブーツなのに…履き忘れてしまうとは。

パインビーク3

 上田菅平インターを降りて菅平方面へ走ると、左手に恐竜が出てきます。四阿山に登った時から気になっていたんですよね。菅平高原へ登る坂道の途中、タイヤが滑って焦りました。登りで滑るなんていつ以来でしょうか。気温が低く路面がツルツルでしたね。

パインビーク4

 7:30にオオマツの駐車場に到着。車の温度計を見ると気温は−10°C。寒すぎますね。ちなみに菅平は4:16時点の気温が−21.3°Cで日本で1番寒かった様です。うーん、こんなに寒いなんて思ってませんでしたぞ。思いっきり普通のワックスを塗ってきてしまいました。

パインビーク6

 サンダルだったこともあり、極寒の中更衣室まで移動する気力は湧いてこず、車内でモゾモゾ着替えました。ようやく準備が整い、チケット売り場前でマツザワ師と合流。

パインビーク7

 まずはオオマツ第1クワッドリフトに乗ることに。乗り場前の荷物はポールの練習をしている人たちのものの様ですね。なにやら他のゲレンデとは雰囲気が違いますの。

パインビーク8

 ここで練習をしているスノーボーダーたちは超絶レベルのガチ勢ばかりとか。

パインビーク10

 リフトを右側に降りて、フレンドコースを奥まで進みます。

パインビーク11

 オオマツ第5ペアリフト沿いのコースは比較的緩やかで滑りやすかったですな。

パインビーク12

 今回は変態軍団がゲレンデ側に相談してくれて、ファミリーコースのとなりにデュアルスラロームのセットをしてくれました。もちろん貸切ではありませんが、基本的には我々が遊ぶために準備をしてくれたもの。ありがとうございました。

 緩やかでコースも短いので、ポールに慣れていないエス氏たちでも楽しむことが出来ましたぞ。昨シーズンのエス氏ツアーでは太郎エリアのファミリーゲレンデ横にあるスーパーレーサーというタイム計測できるコースで仲間たちと勝負をして盛り上がりましたからね。今回もレースで勝負というわけです。

 仲間内でのプライドを賭けた勝負。昨シーズンはさんおつとしまぼしというライバル対決にさんおつが勝利し、敗れたしまぼしはサロンドエス氏メンバー最下層のひるたん軍団入りという屈辱を味わっています。はたしてしまぼしはリベンジ出来るのか、勝負に勝ってひるたん軍団を抜け出せるメンバーはいるのか。これも見所でしたね。

 そのしまぼしたちは渋滞にハマりまだゲレンデには到着しておりませんでしたけど。車が坂を登らなかったり、チェーンの装置に手間取ったりと苦労していたようです。

パインビーク21

 ようやくしまぼしたちが到着したというので合流することに。緩斜面のホリデーコースを滑ったところにある駐車場まで移動します。

パインビーク22

 このコースは緩すぎてスノーボードには不向きですが、スキーの初心者にはちょうどいいかもしれませんの。

パインビーク13

 ファミリーゲレンデは幅の広い緩斜面で、グラトリなんかもやりやすいですね。パインビークでグラトリしている人は見かけませんでしたけど。

パインビーク15

 オオマツ第5ペアリフトに乗りました。このリフトは途中下車も出来ましたね。ロープもないのにリフト下の新雪がほぼ残っていますが、パインビークでは新雪競争率が極端に低いのでしょう。

パインビーク16

 リフト降りて左側に進みます。

パインビーク17

 運が良ければ富士山が見てるようですが、今回は見えませんでしたな。

パインビーク30

 ちなみに午後は晴れたので、浅間山から煙が出ているのは見えました。

パインビーク18

 富士見コースをクワッドリフトの降り場まで滑ります。

パインビーク19

 フレンドコースの途中から大松山コースへ。エス氏的におさわりにはちょっと急な斜面でしたが滑りやすい雪でした。ちなみに変態軍団は気持ちよさそうにさわりまくってましたね…。

パインビーク20

 レース本番は午後なので、ランチ休憩することに。チケット売り場前ではバレンタインのチョコを配っていましたぞ。

パインビーク24

 今回のお目当はケバブ。

パインビーク26

 人数が多かったので、クソ寒いのに外で食べました。

パインビーク25

 おさわり四天王の1人、教授のおすすめでラムバーガーを食べてみましたが美味しかったですね〜。辛口のチリソームはそれほどでもなく、むしろ身体を温めてくれましたわ。けっこうボリュームもありますし、ラムが苦手じゃなければおすすめですぞ。ちなみにタイのビールも美味しかったのですが、キンキンに冷えすぎて若干シャーベットになっていました。−10°Cの屋外で冷え切ったビールを飲むこともないだろうと思いますけどね。ラムバーガーのおかげかそれほど凍えずに滑れましたけど。

パインビーク27

 さていよいよ今回のメインイベント、デュアルスラローム対決です。勝負に勝った者は変態軍団に挑戦できるということになっていたのですが、さて。トーナメントの組み合わせはクジで決めました。優勝候補はエス氏、スノーボードの鬼、読者Sさん辺り。その他ひるたん軍団は軍団以外の相手を倒せば入れ替わりが出来るというルールもありました。

 シードで2回戦から登場したエス氏の相手は温泉の達人horihさん。彼はメンバー内では上手い部類だったのですが、ポールの中では驚くほど弱体化していましたな。次に当たりそうなのは鬼。鬼はおさわり四天王Kさんも驚くほどの速さ。正直エス氏はあまり速さに自信がないので、さてどうやって鬼退治をしようかと悩んでいたのですが、相手はオニではなくオグでした。

 どうやら鬼はミスって敗退したようです。なんだ鬼じゃないなら楽勝だなとタカをくくっていたエス氏ですが、そのオグにあっさり敗れてしまいました。こ、こんなハズでは…。優勝して変態軍団に挑むつもりだったのに。

 エス氏を倒して決勝進出を決めたオグ。その相手はさんおつでした。優勝候補の一角と思われていた読者Sさんはいつの間にかさんおつにヤられているではありませんか。さらにはかつてのライバルでリベンジに燃えるしまぼしを瞬殺。最速のワープ要員さんおつはレースでも速かったですな。

パインビーク28

 オグとさんおつの決勝はほぼ同着に見える接戦。勝負の結果はビデオ判定ということに。すべてのレースはマツザワ師が撮影してくれました。毎回夜はビデオを見ながら宴会するのが定番ですからね。勝負がビデオ判定になったこととレベルの差が大きすぎたことから、変態軍団へのチャレンジはいつの間にかなくなっておりました。

 さて決勝戦の後、エス氏はエキシビションで教授と対戦し、これを見事に撃破。ついにおさわり四天王の一角を墜したといいたいところですが、今回はハンデももらっていましたからね。やはり変態軍団の壁は厚いですわ。そもそも変態軍団以外に負けていては話になりません。もっと練習しないといけませんね。

パインビーク29

 レースの後はゲレンデクルージング。天気も良くなり景色が綺麗でしたな。山登りした根子岳と四阿山も見えました。

パインビーク31

 しばらく滑ってからみんなでポールのお片付け。変態軍団のみなさんありがとうございました。レースで遊ばせてくれたパインビークにも感謝です。パインビークはスキーもボードもレースガチ勢が多いのですが、ファミリーコースやホリデーコースなどは滑りやすくて平和でしたの。さんおつに連敗したしまぼしは、自分のカービングでゲレンデをパインとビークに切り裂くとか言っておりましたが、実際にはオオマツゲレンデとツバクロゲレンデに分かれております。今回はオオマツしか滑っていないので、次の機会にはツバクロも滑ってみたいですね。ケバブもかなり気に入りましたし。正直菅平は寒すぎるとは思いますが、その分雪質も最高でしたね。

パインビーク32

 この日の宿は昨シーズンもエス氏ツアーで泊まった自然回帰線。相変わらず濃いですね…。そのうち別記事でご紹介しようと思います。

自然回帰線

 温泉に行くのが面倒になり、宿の風呂にサクッと入りました。菅平高原は温泉があまり充実していない気がしますの。

パインビーク33

 人数が多かったのでラウンジで食事。今回は変態軍団も一緒に泊まったんですよね。自家製の野菜は美味いのですが、ここでご飯のおかわりをすると後半出てくる肉に対応できなくなりますぞ。

パインビーク35

 夜は宴会。レースのビデオを見て盛り上がりました。決勝戦はビデオ判定の結果、僅差でオグの勝利。新婚のくせに嫁をおいて滑りにきた甲斐がありましたね。景品は昨シーズン中止になってしまったコブ祭り用にマツザワ師が用意してくれたもの。何からなにまでお世話になりまして。優勝したオグはスライムのぬいぐるみ、準優勝のさんおつは美少女フィギュアが景品です。あとマツザワ師のおさわりシールもありました。ちなみにエス氏対しまぼしの3位決定戦をやるのを忘れたのですが、horihさんを倒してひるたん軍団から抜け出した記念にしまぼしに3位は譲りました。

 しかし、しまぼしがhorihさんを倒したのは単なる練習だったことが発覚し、ひるたん軍団卒業は取り消されております。

パインビーク36

 宴会は遅くまで続きましたが、最後まで飲んでいたのは数人ほど。マツザワ師は泥酔してラウンジで寝てしまい、どうにか起こしてベッドまで連れて行く過程をエス氏がスマホで撮影していたのですが、恐ろしいのはそんな動画を撮影した記憶が本人に全くないことですな。翌日動画を見て驚きましたわ。こんなの撮影したっけ…。

 マツザワ師、四天王のKさん、教授は地元の人なのですが、わざわざ泊まりで宴会に参加してくれました。エス氏ツアーはすっかり変態軍団と滑るイベントになってますね。今後ともよろしくお願いします。

 さて今回は諸事情によりリフト券の費用が無しで滑ることが出来ましたぞ。翌日はツアー2日目です。

【今回のリフト券:0円 16/17シーズン累計64,100円 1日あたり2,210円】
【野沢温泉シーズン券償却:定価63,000円 今回0円 残29,400円】

767eff7f
にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
ページトップへ