顔面の日焼けがインドア派らしからぬレベルに。

尾瀬戸倉1

 みなさんこんにちは。エス氏です。2017.3.4はスノーパーク尾瀬戸倉で滑ってきました。ヴィクトリアの試乗会に参加するのが目的です。メンバーはエス氏の他女性2名で一泊二日ですが、現地で日帰りの仲間数名と合流したので賑やかでしたね。

スノーパーク尾瀬戸倉

尾瀬戸倉2

 4:45頃と少し早めに関越に乗ったので、高崎の辺りが少し混んだ他はスムーズに移動できました。上里SAでカツ丼を食べましたが、相変わらずクオリティが低いですね。

尾瀬戸倉3

 沼田インターを降り、片品村を目指します。メロディーラインは無くなってしまったようですのう。

尾瀬戸倉4

 8:00頃に尾瀬戸倉の駐車場に到着。エス氏の嫌いな未舗装の駐車場ですが、この時間帯はまだ足元が凍っていて泥だらけにはならなかったので着替えやすかったですね。

尾瀬戸倉5

 この日は天気も良く暑くなりそうだったので、比較的薄着にしました。

尾瀬戸倉6

 チケット売り場でリフト券を購入。クーポンを使って1日券4,400円が3,900円になりました。ヴィクトリア本店で試乗会の予約をした際にもっと安いリフト券も買えたんですけどね。大して安くもならないので、紛失や予定変更のリスクを考えると試乗会割引は使わなくていいという結論に達しています。

尾瀬戸倉7

 スカッと爽やかなお天気ですね。いい感じで試乗できそうな気もしましたが、ちと雪が硬いような。

尾瀬戸倉8

 試乗会は9:00開始なので、まだ時間がありました。

尾瀬戸倉9

 第3高速ペアリフトに乗って足慣らしすることに。試乗は全てこのリフトからロマンスコースを滑って行いました。

尾瀬戸倉10

 リフト降り場の辺りは平坦なので、フレックスのチェックやオーリーを試しましたね。

尾瀬戸倉11

 このくらいのポコじゃんならエス氏でも辛うじて入れますぞ。

尾瀬戸倉12

 コース中盤はカービングやらグラトリをしてみたり。雪が硬いうちは壁がちと怖かったですね…。

尾瀬戸倉13

 後半の緩斜面にはアイテムがありますが、エス氏はもちろんスルー。

尾瀬戸倉14

 最後の第2ペアリフト前のコースはおさわりカービングで締めました。一本滑るとけっこう疲れますの。

尾瀬戸倉16

 第2ペアリフトにも乗りましたが、さすがに試乗するにはコースが短すぎますね。

尾瀬戸倉17

 パークには巨大なキッカーがあり大会が行われていましたが、基本的に興味なしです。

尾瀬戸倉18

 9:00になり試乗会の開始です。受付に行列ができましたが、この時間帯は事前予約の人のみなのでスムーズに進みました。当日受付は10:30からです。今回の試乗会は土曜のみなので、ひたすら試乗しました。途中で昨年も一緒に試乗したゆうなごさんも合流。彼は薄着できていたのですが大正解でしたね。日差しが強くかなり暑くなったのですが、雪はしばらく硬いままでした。徐々に緩みはしたものの、昨シーズンよりははるかにマシなコンディションで試乗できたと思います。

尾瀬戸倉19

 レストランが混んでいたのでクレープ屋でランチ。ここは空いていますね。

尾瀬戸倉20

 食事は軽めに済ませ、試乗再開。

 頑張ったおかげでこの日は13本の板に乗ることができました。疲れましたけどね。ピコハンなしで滑っていたのですが、何人かの読者の方に声をかけていただきました。何度かお会している方や同じリフトに乗り合わせた方もいて楽しかったです。ブログを続けていられるのもみなさんの応援あってこそ。今後ともよろしくお願いいたします。

尾瀬戸倉21

 てなわけで、毎シーズン恒例の尾瀬戸倉試乗会を今回も満喫できました。リフト乗り場の雪だるま、最高にイケてましたねえ。日帰りで滑りに来ていた仲間たちとはあまり一緒に滑れなくて申し訳なかったですの。まあ試乗会大好きおじさんエス氏なのでご容赦ください。試乗会の様子や乗った板は別の記事でご紹介します。レビューはネタ切れになるオフシーズンに更新予定ですぞ。

尾瀬戸倉22

 帰る頃には駐車場が泥だらけに。相変わらずクソですね。宿は近くなので、ウェアのまま移動することに。

尾瀬戸倉23

 泊まるのはもちろん、エス氏的最強宿の禧楽。そろそろ別記事でご紹介しましょう。

尾瀬戸倉24

 禧楽の近所で買ったお酒。やはり地元の酒が飲みたいですからね。ちなみにペヨングのキムチ味は帰宅してから食べました。

 さて、試乗会で疲れ果てたエス氏。翌日は初めて滑るゲレンデ、オグナほたかスキー場へ行ってきましたよ。そろそろ休みを入れて体力の回復を図りたい気もしますのう。GWまでほぼ滑る予定でいっぱいですけど。

【今回のリフト券:3,900円 16/17シーズン累計81,700円 1日あたり2,269円】
【野沢温泉シーズン券償却:定価63,000円 今回▲0円 残25,700円】

767eff7f
にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
ページトップへ