エス氏的最強の宿。

禧楽1

 みなさんこんにちは。エス氏です。今回は群馬県片品村にある旅館、禧楽(きらく)をご紹介します。ここはエス氏的には最強クラスにおすすめの宿といえますぞ。

尾瀬戸倉温泉 旅館 禧楽 “”

禧楽3

 禧楽はスノーパーク尾瀬戸倉の手前にありますので、毎年尾瀬戸倉で開催されるヴィクトリアの試乗会に参加する際に泊まっています。尾瀬戸倉以外にも、尾瀬岩鞍、オグナほたか、丸沼高原などのスキー場にもアクセスしやすいですね。

禧楽2

 建物は古いので、設備的には大したことはありません。アメニティグッズやタオル、浴衣などもありませんな。その分一泊二食付きで5,800円と非常にリーズナブルですぞ。

禧楽4

 ロビーにはストーブが。乾燥室は別にありますが、ブーツはここで乾かします。

禧楽5

 急な階段を上って客室へ。

禧楽6

 廊下には漫画。古い宿にありがちな光景ですね。

禧楽8

 部屋はどこも和室です。

禧楽9

 何度か泊まってますが、いつも十分な広さの部屋ですね。

禧楽12

 お風呂が温泉なのは嬉しいですな。かなりお肌がスベスベになる感じの優しい感触がお気に入りです。女性にも大好評ですわ。

禧楽10

 宿にお酒は置いてないので、すぐ近所にある酒屋へ買い出しに。

禧楽15

 地元のお酒が飲めますぞ。この宿ではお酒の持ち込みは自由なので、食事の際に持ち込んでもOKです。その代わりに宿では酒が手に入りません。

禧楽13

 晩御飯はこちら。手作り料理は味もボリュームも大満足。唐揚げが美味しいのはエス氏的にポイント高いですな。

禧楽14

 朝食はこんな感じ。食事は禧楽の大きな魅力です。

禧楽11

 安くて美味くて温泉付き。初めて泊まった時もコストパフォーマンスが良くて驚きました。以前は滑りに行ったらそのゲレンデの宿に泊まるのが当たり前だと考えていましたが、車で少し離れただけでゲレンデの宿よりもずっと安くて満足度の高い宿に泊まれることをこの禧楽で知りましたね。いつの間にかあちらこちらの宿に泊まることも旅の楽しみの一つと考えるようになっているエス氏ですが、未だにこの喜楽を越えるコスパの宿には泊まったことがありません。

 最初に泊まった時は安くていいなと思った程度でしたが、あちこち泊まってみると、どうもこの禧楽を上回る宿はそうそう無いようだとわかってきました。もちろん禧楽より安い宿はありますし、食事ももっと美味しい宿もあります。ですが価格、食事、温泉、快適性といった点で総合すると、やはり禧楽がもっともバランスが取れているのではないかと思うわけですな。

 あえてケチをつけるなら、朝風呂に入れないことと予約が取りにくいことですかね。試乗会は3月上旬にあるのがパターンなので、11月の段階で早めに予約しておこうと思ったらすでに残り1部屋でギリギリでしたわ。

 禧楽は5,800円という低価格で美味しい食事と温泉に入れる素晴らしい宿ですが、恋人と2人でロマンチックな雰囲気になりたければ他の宿がいいと思いますぞ。あくまでもコスパ重視の宿ですので。けっこう泊まってますけどね、カップル。

尾瀬戸倉温泉 旅館 禧楽の予約はこちらから。

[尾瀬戸倉温泉 旅館 禧楽:日記]

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
ページトップへ