安全第一ですの。

IMG_9378

 みなさんこんにちは。エス氏です。2017.10.22は千葉の御宿でサーフィンをしてきました。メンバーはベテランDさんに雰囲気兄やんといういつものメンバー。台風が接近しているのに大丈夫かしら…。という不安もありましたが、サーファーのみなさんには関係ないようですな。

 3:20に自宅を出ると、雨がバンバン降ってました。これホントに行くのかしら。テンションは上がりませんが、ともかくみんなと合流です。この日の目的地は御宿。Dさんが初級者のエス氏でもどうにか入れそうなポイントを選んでくれました。アクアラインを通り圏央道を走っていると、雨がどんどん強くなってきました。風も強いです。さすがは台風。

 Dさんと兄やんに、サーファーとはこんな雨の日でも普通にサーフィンするものなのかと質問してみました。雨でも波が良ければみんなやるという回答でしたが、それでもこんなに降ってると、1人だったら行かないと。

 ふむ。3人とも1人だったら行かないと考えているのに、お互いに相手がいるからとりあえず合流して海を目指しているというワケですな。これは良いことなのか悪いことなのか…。誰かが勇気を持って「今日行くの?」と発信していたら、エス氏は朝までぐっすり眠れていたのかもしれません。

IMG_9379

 5:30頃に御宿の岩和田に到着。まったくやる気になりませんが、波は思ったより良さそうです。分厚い雲に覆われているからでしょうか、かなり暗かったのですが着替えているうちに明るくなってきました。外は土砂降りの雨。仕方なく車内でもぞもぞとウェットスーツに着替えることに。問題は上がってきたときでしょうね。どうやってウェットから着替えたものか。ちなみに今回もシーガルと袖を着ました。

 車外に出るとあっという間にずぶ濡れに。風があって肌寒かったですね。テンションは低いですが、とりあえず海に入ります。海水は冷たくなってきていますが、まあこれくらいなら問題ありません。でもチョロッとやったらすぐに上がろうと心に決めました。

IMG_9380

 6:00から海に入りました。波は肩くらいのサイズでしょうか。こんな天気だというのにどんどん人が入ってきます。他のポイントが入れないので御宿に集まってきたようですね。同じ海にいるエス氏がいうのもなんねすが、こんな日でもサーフィンするなんてこの人たちどうかしてますわ。マジで。

 やはりこのくらいのサイズはまだビビリが入りますね。エス氏の雑魚ドルフィンスルーはまったく歯が立たず、何度か波の直撃を受けて吹き飛ばされました。しかも雨と風の強さから台風きているんだという実感もありますし、とりあえず生きて帰るのが目的でしたわ。人が多くて多少の安心感はありましたけど。気がつくと元いた場所から50mくらい流されていて焦りました。

 波を待って、いざテイクオフしようと岸に向かってパドルを開始するのですが、強烈なオフショアで雨粒が顔面に当たってくるのがけっこうキツかったです。波待ち中は岸に背を向けているから楽なんですけどね。1回だけ良い感じにテイクオフ出来ましたが、後はさっぱり。

 失敗して派手に巻かれた際、左の頬に硬いものがぶつかった衝撃がありました。どうやら自分の板が当たったようです。痛いな〜と思っていたのですが、海から上がって鏡を見ると、左目の下あたりがザクッと切れていました。もう少し上だったら…サーフィンは危ないスポーツですの。

 風と雨を除けば波自体はけっこう良かったと思います。人が増えてきたし顔は痛いし、エス氏は7:30前にサクッと上がることにしました。雨は時々弱くなるので、タイミングを見計らって着替えたら意外と楽チンでしたね。さすがに強風の中パンイチで水を浴びるのは寒かったですけど。

IMG_9381

 Dさんと兄やんもいつもよりは早く上がってきて、朝食はデニーズへ。たいして波乗りはしていませんが、それでも腹は減ります。

 てなわけで、左目の下以外は無事に帰ってくることが出来ました。もともと左目は充血しており、傷と合わせて人相が悪くなった気がしますがまあ仕方ありませんね。さらに自宅でベッドの角に左足の小指をぶつけ、血が出るほどのダメージを受けました。ホント、シーズン前の怪我はこのくらいにしておいて欲しいですわ。

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
ページトップへ