ワープ要員日記その2!

1

 みなさんこんにちわ!ワープ要員玄米ですー。2017.11.24はエス氏と2人の北海道トリップ2日目!この日はサッポロテイネへ滑りに行ってきましたよー!テイネはエス氏も初めて滑るゲレンデなので喜んでいました。旅のプランは全部ぼくに丸投げのくせに、まだ行ったことがないゲレンデで滑りたいとか主張してましたからねー。めんどくさ!ちなみにエス氏はテイネが手稲という地名だと知って一瞬テンション上がってました。でもイネテーとか逆さ言葉にしなかったからそんなに気に入ってないと思います。エス氏のお気に入りは前日滑ったオーンズと札幌で、トリップの間中ズーオン、ポロサツと言いまくってました!

2

 前日の夜はついつい寝てしまい貴重なサッポロナイトを無駄にしてしまいました。。。その分ガッツリ眠って体力回復しましたけど。朝起きて部屋が臭いと思ったらエス氏が屁をこきまくってました!くさっっっっ!ほんまにこれ、屁ってゆーかウンコの臭いなんですよ。絶対エス氏の内臓腐ってますわ。しかも一発二発じゃなくて連発!遠慮する気一切なし。部屋全体がウンコ臭いってほんま最悪ですわ。ちなみにホテルは素泊まりなので朝食は目の前のコンビニでおでんを買いました。ホテルはすすきののローヤルステイ・サッポロです。

ローヤルステイ・サッポロ

3

 7:30には準備してホテルを出発しました。フロントでタクシーを呼んでもらったら、男性スタッフが外に出て走っているタクシーを呼び止めたのには驚きましたー。そーゆー方式とは。

4

 タクシーで札幌まで行き、そこから手稲までは電車で移動です。滑れる格好をしてホテルを出たので、駅では完全に浮いてましたねー。しかもこの日は平日でしたし。エス氏的には湘南でサーフボードを持っている人がいて当たり前のように、北海道ならスノーボードを持っている人が駅にいても違和感ないだろうと思っていたようですが、それは勘違いでしたね。

6

エス氏「おい玄米、これを見ろ。北海道の電車はホームとの隙間がでかいねー。油断すると落ちるぞ」

7

 手稲駅ではけっこう人が人が降りました。通勤時間帯ですからね。ぼくらは有給を使って北海道の通勤電車に乗る…これはこれで贅沢ですね!そーいえばエス氏が背負っているマムートのバックパックは通勤で使ってるみたいです。それにしても駅の時点ですでに寒いです…。

8

 手稲駅からは無料の送迎バスに乗りました。事前予約しないと乗れないので注意が必要ですよー。

9

 ホテルを出てからここまでスノーボードをする雰囲気の人に全く出会わないので、ほんまにバスが来てゲレンデに連れて行ってくれるんか不安になりましたが、8:40予定が少し遅れてバスは到着しました。お客さんらしき人は我々だけでしたね。

10

 バスに揺られること20分ほどでテイネに到着しました。思ったより雪がある感じでテンション上がりました!バスで寝ていたエス氏は寝起きでテンション低めでしたけど。

サッポロテイネ

11

 スキーセンターはけっこう大きな建物ですねー。エスカレーターに乗ってまずはリフト券をゲットです。オープンしたばかりなのに1日券が3,800円とは強気な価格設定ですわー。

 さーて滑る準備です!エス氏はズーオンで愛用のニット帽をなくしてしまったようで、仕方なくぼくがいくつか持ってきた帽子の中から1番ダサいやつを貸してあげました。

エス氏「この帽子どう?こんな感じ?かっこいい?」

 すんません!あんまりかっこよくないです。バックパックはまとめてコインロッカーに入れておきました。滑るぞー!

12

 外に出たら雪がめっちゃすごくてびっくりしました!早く滑りましょー!パウダーあるんちゃいますか?

エス氏「あ、ブーツの紐閉めるの忘れたわ」

 うっっわめんどくさー!早く滑りてー!なんてことはもちろん言えません。締め直しますか、と聞いてみると、パウダーっぽいし緩くても滑れそうだというのでそのまま行くことに。やったー!

13

 フード付きのクワッドリフト、サミットエクスプレスに乗りました。テイネは大きく分けてハイランドゾーンとオリンピアゾーンに分かれてますが、この日滑れるのはハイランドゾーンだけでした。

37

 雪山来たー!って感じです。日が出ている時はいいですけど、けっこう吹雪いたりもして寒かったですねー。

15

 滑れるコースは初級のナチュラルと中級のシティビューパノラマでした。みんなあちこち滑りまくってましたけど。

16

 まずはシティビューパノラマを滑りました!まだまだパウダーあって楽しめましたー!うっすらでしたけどね。しかもちょっと滑っただけで足が痛くなってきました。ズーオンのショボいコースで滑るのとは違いますねー。

17

 途中けっこう急なボコボコ斜面がありました。調子乗って突っ込んだら転けましたけど、エス氏も帽子が白かったので聞いてみたらやっぱり転けたみたいでした。どうりで嫌味言われないと思ったー!ちなみに後で転ばずに滑ったらエス氏が近づいてきて言いました。

エス氏「今のは玄米くん史上最高の滑りでしたね」

 これはエス氏定番の嫌味で、ぼくが転けまくってるから、転けずに滑るとそれだけですぐほめてくるんですよねー。転けても転けなくてもとりあえず嫌味は言われると。。。

18

 パノラマ第2リフトに乗りました。フードが無いと寒いですねー。エス氏はウェアの下にダウンを着てましたけど、もう1枚着ればよかったとボヤいてました。

20

 エス氏がやっぱりブーツの紐を締めるというので、リフトを降りたところにあるレストハウスでさっそく休憩。多少はパウダーありますけど、その下はけっこう硬い雪ですからね。ブーツゆるゆるだと確かに滑りにくそうです。ぼくも1本滑ってとりあえず満足したので、ビールを飲んでひと休み。すでにまあまあ疲れてました。

21

 休憩後は初級のナチュラルを滑ってみましたー。こちらは斜度が緩くてお疲れ気味のぼくたちにも優しい斜面でした!しかもガラガラ!全体的にこの日は空いてましたけどね。端っこにはまだパウダーも残っていて十分楽しめました。

22

 ナチュラルはシティビューパノラマと合流しますが、そのまま突き抜けるとスキーセンターまで続く連絡コースになってます。ダラダラ緩斜面でしかも途中でスケーティングしないとダメになりまあまあしんどかったです。

23

 途中の男女回転コースを滑って降りれたら楽なのに。。。そう思いましたがコースはクローズでした。眺めは良かったですねー。

24

 何本か滑ったので早めのランチ休憩に入りました。レストランは広くて空いてました。エス氏は1,000円の味噌ラーメンにニンニクがっつり入れて食べてましたけど、屁の臭いに比べれば大分マシだと思いますー。この味噌ラーメンはまあまあ美味いと珍しく褒めてましたけど、フツーこんだけ寒かったらラーメンなんてなんでも美味いですよね。実際そこそこうまそうではありましたけど。ちなみにぼくは軽めに済ませましたけど、これは本日のメインイベントに備えてのこと。。。

14

 ダラダラ休憩していたらエス氏にそろそろ行くぞと急かされました。疲れたとか足が痛いとか泣き言言いまくってたくせにー。クワッドリフトから見える急斜面の北カベコースは調子よさそっすねー!クローズしてましたが、ガンガン滑ったあとがありました。何回かリフトに乗ってると、コースを滑ってくる人がいました。うーん楽しそう。ちょっと行ってみようかしら。。。

エス氏「止めとけ。。。調子良さそうに見えるけど、さっきのヤツが上手いだけだと思うぞ。今日の雪だと薄くて下が硬いし、行ってもしんどいだけなんじゃねーの?」

 確かに、北カベコースを滑っていたヤツは他でもロープ潜りまくって滑っているのを何度か見かけましたけど、マナーはともかく滑るのは上手でしたね。ローカルって感じでした。じゃあエス氏はどこ滑るんです?

エス氏「オレは緩いコースをタラタラ滑るわ。疲れてるしね。玄米くんはどうぞ中級コースでも行けば?」

 人を急かしてゲレンデに出た割にやる気なーーし!もっと休みたかったー!仕方なく中級コースを1人で1本滑りましたが、なんやかんやぼくも疲れてるのでエス氏とタラタラ滑ることにしました。帰りのバスは1便が13:30に出るので、12:30頃まで滑ることにしました。まあリフト4本分くらいでしたけど。

26

 いやーほぼ半日でしたけどけっこう滑れましたねー。ちょっとパウダー的なものも滑れましたし大満足ですわ。おかげで足が痛くてしんどいですけど。スキーセンターで帰る準備をしていると急に悪臭が漂ってきました。くっっさ!エス氏こいたでしょ!

エス氏「ふむ。まあ確かにこいた。問題はこいた屁がウェアの隙間から漏れ出して、まるでこのオレ自身が臭いかのような感じになっていることだ」

 自分の臭いがウンコみたいとかほんまに最悪じゃないですか。帰りのバスでは臭わなかったので助かりましたけど。

27

 手稲駅では少し列車を待ちました。北海道では電車じゃくて列車という気がするのですが、気のせいでしょうか。エス氏に聞いてみるとまるで興味なさそうでしたけど。

29

 列車を待つ間、駅構内のコンビニでハイボールを買って飲みましたが、エス氏はカップ酒を飲んでいました。カップ酒が似合うようになるとおっさんぽいですねー。もうウェア姿で列車に乗るのにも慣れてきました。

28

 北海道の列車はゴミ箱があるんですねー。空き瓶を捨てられたエス氏はご機嫌で写真を撮ってました。

30

 札幌からタクシーに乗りホテルに戻ってきました。昨日から何度かタクシーに乗りましたけど、ホテルの向かいにある信玄というラーメン屋の味噌ラーメンが美味いとみんなが口を揃えていました。そんなに美味いなら一度は食べてみたいと思いましたけど、なんせこの日の夜は北海道トリップのメインイベントとも言える「酒房きばらし」を予約していますからねー。

酒房きばらし

31

 ローヤルステイ・サッポロからきばらしまでは歩いていける距離でした。昨シーズンの北海道トリップでもこのきばらしで飲み食いしたのはいい思い出です。

16/17シーズン6日目 札幌国際スキー場

32

 最初に出てくるのは刺し盛りとウニ、いくら。最高です。。。

33

 エス氏は地元の酒を飲みたがっていましたが、置いてないそうなので純米大吟醸の獺祭を飲むことに。

34

 アスパラガスの炒め物。むちゃくちゃ美味いです。

35

 絶品のシーフードカレー。

36

 最後はフルーツ。お会計は1人13,000円と前回よりはだいぶ減りましたね。キンキの煮付けとカニを食べなかったのが大きいでしょう。ぼくはもともとカニがあまり好きでは無いのですが、前回大量のカニが食べきれなくてえらい目にあいましたからね。エス氏からはことあるごとに「オレがお前の分までカニを食べる羽目になった」と文句を言われてますし。今回はちゃんときばらしを満喫できたと思います。

 さて前回は食い過ぎのあまり苦しくてすぐに寝てしまい、昨日もうっかり寝てしまうというミスの連発で札幌の夜を満喫できていなかったぼくたちですが、ついに。。。なーんて。サッポロナイトは特に何もありませんでしたよ!ブログのネタにするようなことは。こうして北海道2日目も終了しました!最終日は札幌国際スキー場へ行ってきましたよー。次回もお楽しみに!

767eff7f
にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
ページトップへ