イオナズンかメラゾーマか。

1

 みなさんこんにちは。エス氏です。2017.12.24は斑尾高原スキー場とタングラム斑尾で滑ってきましたぞ。共通リフト券があれば両方のゲレンデを滑ることができるんですよね。今回はブログ仲間のひゃくりんさんとその相方さんが一緒でした。2人のおかげで予想以上に斑尾を楽しむことができましたのう。

100日記

2

 ゲストハウスかのかで7:30に朝食。ヘルシーな感じで不健康な中年オヤジのエス氏にはありがたいですの。これで500円なら文句なしですわ。

【長野県中野市】ゲストハウスかのか【おすすめの宿】

ゲストハウスかのか

3

 信州中野から斑尾高原へ向けて移動。30分ほどの距離でしたな。

4

 第8駐車場に到着したのは9:00頃でした。ひゃくりんさんたちはとうの昔に到着して滑っていましたけど。

斑尾高原スキー場

5

 普段は第7駐車場に車を停めていたのですが、第8駐車場の方がチケット売り場があるレストランハイジに近いとひゃくりんさんが教えてくれました。なるほど、こりゃ便利ですわ。

7

 マックアース信越があるので、追加料金500円でタングラム斑尾も滑れるマウンテンパスにすることができましたぞ。ちなみにエス氏は斑尾でタラタラ滑るつもりだったのですが、ひゃくりんさんによるとタングラムの方が滑りやすいようで。まあせっかくですから行ってみましょうか。

8

 ハイジの前でひゃくりんさんたちと合流し、第2クワッドからジャイアントを滑って足慣らし。曇っていて雪面が見えにくいので慎重に滑りました。前日のよませみたいに細かなうねりや段差があったりすると吹っ飛ばされますからね。

9

 次はスーパークワッドに乗りました。

10

 リフトを降りて左側のチャンピオンコースへ。スーパークワッドまで一気に滑り降りるとエス氏的にはけっこうなロングラン。よませの疲れが残っていて、この時点ですでに疲れてしまいました。

11

 タングラム側へ移動することに。スーパークワッドからトラバースコースを滑ります。

12

 クリスタルコースは滑りやすい斜面でしたね。

13

 第15リフトに乗りましたが、クソ遅かったですね。ボミオスかかってますわ。 14

 リフトを降りると斑尾高原とタングラム斑尾の境目です。タングラム側は景色が綺麗ですのう。黒姫やら赤倉やらのゲレンデも遠くに見えましたね。

15

 プライマリーラインを滑ってタングラム側に降ります。遠くに日本海が見えましたぞ。

16

 途中にツリーランコースの入口がありました。まだまだ雪が少ないので、オープンするのはしばらく先になるでしょうね。今度は雪がある時期に来たいですな。

17

 ホテルタングラム斑尾の前まで降りてきました。

18

 ファミリーゲレンデは平和ですね。斜面も調子良さそうですの。

19

 頑張ってスケーティングして、第5クワッドに乗りました。タングラムで滑るのはこれで2回目です。

20

 まずはジグザグラインを滑りました。

21

 クィーンズダウンヒルは最高のおさわり斜面でしたね。今シーズン1番気持ち良くカービングできましたわ。3本くらいでヘロヘロになってしまいましたが。ひゃくりんさんがこちらの方が滑りやすいと言っていましたが、その通りでした。ひゃくりんさんのFCを借りて滑ってみましたが、やっぱりFCはすごいですのう。自分の板と比べるとノーズのエッジグリップが全然違いましたね。

22

 次はフォレストラインへ。奥のビレッジラインは雪がなく残念ながらクローズ。以前滑りに来た際はビレッジラインでパウダーを滑りまくった記憶がありますの。

24

 フォレストラインを降りると第6リフトの降り場が見えました。初級のパンタンラインへ行ってみるとに。

25

 パンタンラインは空いていて滑りやすく、練習にちょうど良さそうなコースでしたね。

27

 第6リフトに乗りホテル前まで戻ってきました。

28

 けっこう疲れてしまったので一休みすることに。

29

 ホテルの中にあるヤマザキショップでサンドイッチを食べました。すっかり疲れてしまったエス氏。お昼で上がろっと。

30

 第5クワッドからコブ斜面を滑りましたが、全然歯が立ちませんでした。

31

 クィーンズダウンヒルではなくハートランドラインの方に移動しました。ここも滑りやすい斜面でしたね。

32

 第1リフトに乗って斑尾高原側に戻ることに。このリフトも長いくせにボミオス系でしたな。

33

 さらに第2リフトに乗り継ぎ。

34

 スカイラブラインも荒れた斜面でしたが、ブーツのレースを緩めたら普通に滑れるようになりました。斜面に合わせてレースを締めたり緩めたりするのは面倒ですのう。

35

 第15リフトの降り場まで戻ってきました。ここから斑尾高原側に戻ります。

36

 スカイビューコースをひたすら滑ると動く歩道にたどり着きました。

37

 動く歩道から滑って駐車場へ。ようやくも撮ってきましたぞ。ひゃくりんさんと相方さんはまだ滑るというので、ここで別れました。ひゃくりんさんたちのおかげで予想以上に楽しめた1日でしたな。ありがとうございました。エス氏はあちらこちらのゲレンデに滑りに行くスタイルですが、ひゃくりんさんは気に入ったゲレンデに滑りに行くタイプですね。それが普通なんでしょうけど。あちこち滑りに行くエス氏は、それぞれのゲレンデにあまり詳しくはないんですよね。斑尾は何度か滑っているゲレンデですが、ひゃくりんさんたちの方がはるかに詳しかったです。ドラクエで例えると、エス氏はイオナズンでひゃくりんさんはメラゾーマでしょうか。敵1体ならメラゾーマの方がダメージはデカイのです。まあドラクエでもエス氏はイオナズンの方が好きですけど。

38

 まだらおの湯で汗を流してから帰りました。別の記事で詳しくご紹介しますぞ。

39

 上信越道の東部湯の丸SAで休憩。エスプレッソをダブルで飲み、眠気を覚まして運転しましたぞ。

【上信越道】東部湯の丸SA アヴァンツァーレ【上り線】

 今回のトリップはよませ温泉と斑尾高原という、マックアース信越の元を取るためのプランでしたな。ひゃくりんさんのおかげで楽しいトリップになりました。彼もマックアース信越を持っているので、今シーズンは一緒に滑る機会が増えそうな気がしますね。昨シーズンよりエス氏ポーズのキレも増しているようですし。今後ともよろしくお願いしますね〜。さて次回は年末年始の「エス氏オーストリアスノーボードツアー2017」です。マジでこのツアー名なんですが、自分で考えたわけではありませんぞ。ブログ開設以来初めての海外遠征ですからね。楽しんできたいと思います。オーストリアトリップの記事は帰ってきてからまとめて書く予定です。年末年始は溜まっている記事をいくつか予約投稿していこうかと。それではみなさんよいお年を。

767eff7f
にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
ページトップへ