次は露天風呂に。

DSCN2881

 みなさんこんにちは。エス氏です。今回は長野県中野市にある長嶺温泉をご紹介しますぞ。北志賀エリアで滑った帰りに立ち寄りやすい温泉ですね。ゲレンデから信州中野インターまでのルートからすると少し寄り道になってしまいますが、一度は入ってみることをおすすめめしますぞ。

長嶺温泉

DSCN2882

 志賀高原や北志賀高原からは、志賀中野有料道路の手前を北に移動したあたりに長嶺温泉はあります。信州中野インターからは少し離れてしまうのですが、その分地元の人御用達感はありますね。

 現地に着いて、以前に一度来たことがあるような気になりました。はて…なんでしょうか、この既視感は。住宅地の中にある温泉施設で、田舎のデカめな一軒家にも見えますね。館内に入るとこけしが大量に飾られていていささか不気味でした。

 入浴料は400円とリーズナブルです。露天風呂と内湯がありますが、それぞれ独立していて浴室内で繋がっていません。服を着ないと露天と内湯を行き来できないのは不便ですのう。露天風呂はチラ見しましたが、内湯の方が湯の質が高いという話を聞き、内湯に入ることにしました。

 更衣室で着替え、浴室に入ると洗い場が混んでいました。桶で湯を浴び、先に湯船に浸かってから洗い場が空くのを待つことに。少々熱く感じましたが、なるほど良い湯ですな。疲れが溶け出すようでした。

 洗い場が空いたので、頭や体を洗うことに。シャワーの出が悪く、これは時間がかかりそうだと混雑の原因がわかった気がしました。吐水口からオケに湯を溜めようとしたところ、ボゴボゴと音がして黒い湯が出てきたので驚きました。これは温泉成分なのかしら…と前向きに解釈しようと思いましたが、湯は捨てましたね。400円だとこんなものでしょうか。

 洗い場の使い勝手に難はあるものの、肝心の温泉はいい感じでした。100%源泉掛け流しの湯は贅沢ですの。さっぱりとした気分で風呂から上がったわけですが…思いもよらぬ展開が待っていましたぞ。

おまけ

 温泉ではレルヒさんのピンクの手ぬぐいを愛用しているエス氏。風呂上がりに手ぬぐいで身体を拭いていると、脱衣所に嫌な臭いが漂っていることに気がついた。なんだこの臭い…小便か?脱衣所内の着替えを入れた棚を見ると、エス氏の荷物の隣で爺さんが着替えている。この爺さん…ヤバいぞ。ゆっくりとした動作で服を脱ぐ爺さんの後ろ姿を見て、エス氏は驚愕した。爺さんが履いているスウェットの股の間が濡れていたのだ。まるで小便を漏らしているように。

 いやいや、いくらなんでもそんなはずはない。こんなに堂々と小便を漏らした状態で風呂に入りに来るなど有り得んだろ。そう自分にいい聞かせたが、異臭は隠しようもない。どう考えても小便の臭い…いやまてよ、これは便の臭いも混じってるだろ。冗談じゃない、糞便を垂れ流した爺さまと同じ空間に居られるわけがなかろう。

 エス氏は息を止め、爺さんの隣の棚にある自分の荷物を全てかかえて運び出した。脱衣所の真ん中には座ったり荷物を広げたりできる広い台があったので、そこへ荷物を移して着替えることにしたのだ。爺さんとは少し距離をとったが、所詮は狭い脱衣所内。悪臭から逃れられはしなかったが、隣で着替えるよりはまだマシだろう。爺さんの隣の棚から荷物を運び出す際、浮浪者のような臭いを嗅ぐ羽目になったのはキツかった。

 さっさと身体を拭いて外へ出よう。息を止めて素早く着替えをしていたエス氏だが、異臭の原因である爺さんからは目が離せないでいた。自分にとっての脅威である爺さんから視線を外さずに警戒を続けていたのは本能であろうか。そして、その爺さんは、エス氏を見ていた。なん…だと。

 視線が合う。確かに爺さんはエス氏を見ている。なぜだ。糞尿を漏らしているかに見える爺さんが、なぜエス氏を見るのだ。そして…バカな…ゆっくりとした動作で近づいてくるだと。もはやエス氏の視線は爺さんから外せなくなっていた。どういうつもりだ。

 「どこから来たんだ?」爺さんは意外なほどにこやかに声をかけてきた。なるほど…風呂場にありがちなコミュニケーションか。地元のおっさんとするこの手の会話が決して嫌いではないエス氏。しかし今回は相手がヤバい。隣に座る爺さんから強烈な悪臭がする。「東京ですよ。」通常なら横浜と回答するところだが、この爺さまと会話を続けるつもりがなかったエス氏はこれで話を切り上げようとした。

 「東京のどこだい?」まだ会話が続くのか。いささか驚いたが無視するわけにもいかず、エス氏は質問に答えた。「東京というか、横浜ですね。」爺さんは食いついて来る。「横浜か、知ってるぞ。若い頃に江ノ島にも行ったことがある。」横浜と江ノ島は別のエリアだが、それは重要なことではあるまい。爺さんは若い頃東京に住んでいたという。「ほう、東京のどのあたりですか?」つい質問をしてしまったが、その答えに興味があるわけでもない。

 悪臭を放つ爺さんには困ったものだが、少なくともこちらとコミュニケーションを取ろうとしてくれている相手である。無下にするわけにもいくまい。さてどうしたものか、息が苦しくなってきたぞ。その時、地元の人らしきおっさんが現れ、爺さんと話しはじめた。今がチャンス。「ではお先に。」素早く着替え、エス氏は悪臭が充満する脱衣所を後にした。

 日が落ち、外の空気が冷たかった。その冷気を吸い込んでする深呼吸は、温泉で火照った身体には心地よく感じられた。あの爺さん、どう考えても糞尿にまみれていたはずだが、きちんと身体を洗ってから湯に入ったのだろうか。そして風呂上りには、漏らした小便で汚れているであろうスウェットを再び履いて帰ったのだろうか。知らぬが仏…ということなのだろう。考えても仕方のないことだ。エス氏は車のエンジンをかけると、長嶺温泉を後にした。400円にしては濃かったな…。

 てなわけで、地元の爺さんも入りに来るいい温泉ですぞ。確かに疲れは取れましたわ。

[長嶺温泉:日記]

Snowboard Trip TOPページへ

温泉情報ページへ

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
ページトップへ