無理はいけません。

1

 みなさんこんにちは。エス氏です。2018.3.3は長野県の野麦峠スキー場で滑ってきましたぞ。ここはマックアース信越のシーズン券が使えるゲレンデですね。毎年この時期は試乗会に参加しているはずなのですが、今シーズンは来週開催になったようで。それならば、今回は一泊二日の一人旅でのんびり滑りと温泉を満喫するはずでしたが…。

 3.1に気温が高くなり、一気に花粉症の症状が出始めました。その日の夜から体調が悪くなり、3.2はフラフラになりながら仕事をする羽目に。この状態で滑りに行けるのかしら。ちと悩みましたが、薬を飲んで強行することにしましたぞ。これが大失敗でしたわ。

野麦峠スキー場

2

 野麦峠までは自宅から4:30ほどのドライブになる見込み。3:30に起床し、4:10に自宅を出ました。国立府中インターから中央道に乗ります。途中はもちろん談合坂SAですた丼。今回はねぎ盛りすた丼にしましたぞ。1人なので遠慮なくニンニクをぶっかけました。体調は良くはありませんが、まあこれならなんとかなるかしら、というレベル。

3

 松本インターを降り、上高地方面へ。そのうち山登りにくるんですかねー。片側1車線の道路をひたすら進むとダム湖が出てきます。路面には思ったより雪はありませんでしたね。

4

 8:30頃野麦峠スキー場の駐車場に到着しました。空いてましたね。

5

 駐車場で着替え、坂道を登ってセンターハウスへ。

6

 マックアース信越で一日券をゲットです。

35

 この日はスカッと晴れて良いお天気でしたね。このところ寒さに凍える日が続いたので、ポカポカ陽気で滑れるのは嬉しいですわ。

7a

 まずは第1ペアリフトに乗りました。ハンマーヘッドやらハードブーツのスノーボーダーが多いですの。

7b

 リフトから駐車場を見下ろすことが出来ました。なるほど、段々畑の様になっているわけですな。

8

 足慣らしにトレーニングバーンを滑りました。キレイに圧雪されていて滑りやすいですのう。そこそこ斜度があると思うのですが、野麦峠では初中級コース扱いなんですよね…恐るべし。

9

 続いてスカイライナーに乗りました。クワッドのこのリフトが野麦峠のメインリフトですかね。

10

 スカイライナーは思った以上に長いですね。そしてコースはそこそこ急斜面な気がしますぞ。

11

 パノラマゲレンデを滑ってみることに。最初は緩やかですな。

12

 うーん、これはハンマーヘッドで滑りたくなりますね。

13

 立て水の坂コースとやらはなかなかの急斜面。スピードを出して滑っている人も多かったので、端っこの方をズルズル降りてきました。というより、疲れてしまい隅っこで座って休んでました。

14

 第1ペアリフトの降り場から先はちょうど良いくらいの斜度になりますね。

15

 第5ペアリフトは初心者専用という感じでした。意外と初心者にも優しいのかも。

16

 今度はスカイライナーからスカイラビットへ。リフト係の女の子がヘルメット可愛いですね♡と声をかけてくれました。いい娘ですわ〜。ちなみに野麦峠のリフト係の人はセーフティバーを下ろしてくれますぞ。

17

 ここが野麦峠スキー場の1番高いところですね。標高2,130mはなかなかのものですね。撮影用の枠がありましたが、この日のエス氏はポーズをキメるどころではありませんでした。

18

 ラビットコースを降りると、左右にコースが別れます。

19

 まずは左の樹海コースへ。迂回コースの様なものですな。

20

 途中でコース脇に非圧雪のエリアがありました。動いていないリフトもありましたね。ここは峰の原ゲレンデという上中級コースですが、コンディション的に滑ると疲れそうなのでやめておきました。

22

 樹海コースを降りると、峰の原ゲレンデの下に出ます。

23

 そのまま滑って行くとスカイライナーの降り場に辿り着きますぞ。

24

 今度はラビットコースを右に降り、チャンピオンコースを滑りました。

25

 なかなかの斜度ですが、上手に滑っている人が多かったですわ。エス氏はいつものように端っこ。

26

 野麦峠唯一の上級コースも滑りましたぞ。スカイラビットの降り場を左側に進みます。

28

 エキスパートコースは確かに急斜面ですが、他のコースも十分手強いので、特にインパクトはありませんでしたね。

 それにしても…ポカポカ陽気ではありますが、ゾクりと悪寒がしますのう。あまり上手く滑れないし、疲れるのも早いです。ここにきてようやく実感しました。エス氏は病人なのだと。

29

 一旦車に戻りひと眠りして身体を休めることに。車内は蒸し暑いくらいでしたが、この時のエス氏にはちょうどよかったかも知れませんの。1時間ほど仮眠してから再びゲレンデへ。エス氏らしからぬストイックさですが、宿のチェックインまですることないですからねー。

30

 滑りだす前に栄養補給をすることに。久しぶりのすんきそばは美味しかったです。すんきとは木曽に伝わる伝統食で、酸味があって美味しいんですわ。まあ1,100円は高いと思いますけど。

31

 仮眠を取ったところで病気が治ったわけではありません。適当に滑っていると、見慣れぬコースに出ましたぞ。ふむ、これはユリワリコースですな。峰の原ゲレンデの隣にあるコースです。樹海コースへ行こうとしてこちらへきてしまったわけですね。久しぶりのコブ。やめときゃいいのに滑っちゃいました。ここで無駄に体力を消耗し、後で後悔することになりました。

32

 レストランの前でコーヒーを買って一休み。病人なんだからサクッと上がって寝ていた方がいい…とこの時のエス氏に教えてあげたいです。

33

 コーヒーは思ったより美味しくありませんでしたが、暖かい飲み物はエス氏を癒してくれましたね。この後もう少し滑り、14:30頃上がりました。

 今回は風邪を引いているのに滑るという無茶のおかげで、野麦峠を満喫できたとは言い難いですな。ゲレンデ的には滑りごたえのあるいいコースばかりだと思いますね。パウダーも楽しめそうですし。また滑りに来たいゲレンデですわ。

34

 滑っている最中、ブーツのヘタリをハッキリと感じました。買った頃はレースをいっぱいに締めると硬すぎてろくに滑れないくらいだったのに、いつの間にか剛性が無くなってしまいましたね。こりゃ買い替えですのう。

36

 この日の宿は乗鞍高原ですが、その前に温泉に寄ることに。日本秘湯を守る会会員の宿、奈川温泉 富喜の湯に日帰り入浴してきましたぞ。別記事で詳しくご紹介します。

奈川温泉 富喜の湯

37

 温泉大好きおじさんのエス氏ですが、風邪って温泉で良くなるんですかね。むしろ体力を消耗してしまった気がしますぞ。乗鞍高原の国民宿舎ロッヂふもとに到着した頃にはホントにフラフラになっていました。

38

 部屋に入るとすぐに布団を敷き、夕食まで身体を休めました。マジでしんどくなってましたね。

39

 食事と、夜に風呂に入った以外はひたすら布団に潜ってました。ロッヂふもとは温泉風呂はなかなかいいのですが、それ以外はちとブログで紹介する気にはなれませんでしたね。

40

 風邪は引いていても酒は飲みます。この日は宮城峡と余市を飲み比べるつもりだったのですが…さすがに身体が酒を受けつけず、宮城峡だけでギブアップしてしまいました。宮城峡はフルーティな香りで甘みが強く、なかなか美味しかったんですけどね。

 てなわけで、病人エス氏の辛い1日が終わりました。病気になったら滑らない方がいいですよ、マジで。余計な体力を使ったおかげで回復に時間がかかってると思いますわ。さて翌日はMt.乗鞍で滑りましたぞ。続きます。

767eff7f
にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
ページトップへ