花粉さえなければ…。

1

 みなさんこんにちは。エス氏です。今回は長野県の戸隠にある宿坊、旅館横倉をご紹介しますぞ。宿坊というのはお寺や神社の参拝者のための宿泊施設ですな。戸隠には戸隠神社という有名な神社がありますからね。元々は戸隠神社の参拝客が宿泊していたのでしょう。現在では一般客でも泊まれますけど。エス氏も宿坊に泊まるのは初めてでしたが、まあ普通の宿と変わりませんでしたぞ。

宿坊-国民宿舎・JYH横倉 旅館横倉

 旅館横倉は戸隠神社の中社(ちゅうしゃ)の近くにあります。中社前には天然記念物の杉が生えていたりもして、花粉がとんでもないことになっていてエス氏には地獄でしたの。

2

 中社の大鳥居から東側に伸びる細い通りを横大門通りといいますが、旅館横倉はその通り沿いにあります。看板が地味なのではじめはす通りしてしまいましたぞ。

3

 茅葺の赤門は立派ですのう。旅館横倉は明治初期に建てられた古い建物で、長野県の「歴史的風致形成建造物」とかいう何やら凄そうな指定されていたこともありますな。興味がある方は下記のリンク先にある長野市のHPをご確認ください。

歴史的風致形成建造物制度について

4

 建物の裏が駐車場になっていますが、聞かないと分からないと思います。

5

 門をくぐると主屋の前に土蔵を改築した喫茶店があります。コーヒーを飲んでみたかったのですが、代わりに部屋でビールを飲んでしまいましたわ。

6

 こちらが主屋の正面。火がついたらよく燃えそうですの。そういえば、特に意識はしていませんでしたが、エス氏が泊まった宿の避難経路を確認したのは今回が初めてだったかも。

7

 中に入ると田舎の家という感じで落ち着きます。バリアフリーに対応することは未来永劫ないでしょう。ご主人は戸隠神社の神職で、とても感じが良かったですな。

8

 古い建物にありがちな急勾配の階段を上り、エス氏の泊まる部屋に案内してもらいました。

9

 この日は空いていたようで、予約した部屋よりも広い部屋にしてもらえました。ありがたいことです。1人で過ごすには十分な広さでした。炬燵があるのはありがたいのですが、できれば座椅子も欲しかったですな。部屋にティッシュがなかったのですが、花粉に苦しむエス氏が求めるとティッシュの箱をくれました。ありがたや…。ちなみに布団を敷くのはセルフでした。サービス的には最低限というところですな。

19

 部屋を見回すと、天井に勾配があったりして今時の建物とはちと違うなと感じましたのう。 10

 窓の外を見ると、建物の裏にある駐車場がすぐ目の前でした。茅葺の屋根はインパクトありますね。

11

 共用の流しは古さを感じさせますな。この水道の水は戸隠の天然水で、冷たくて美味しかったです。部屋で飲んだウィスキーはこの水でトワイスアップにして飲みましたぞ。

12

 その奥にあるトイレはリニューアルされていて快適でした。

13

 1階にはもう少し広くて使い勝手のいい洗面所がありましたね。

14
15

 夕食は18:00から食堂で食べました。どれも美味しかったですな。

16

 地元の冷酒を1人でチビチビやりましたわ。なお食堂にはクラシックが流れていました。

17

 こちらは大根。これが酒の肴に最高でしたな。

18

 卵のスープと白菜の漬物。漬物はキムチのように酸味があって美味しかったのですが、かなり辛かったですな。酒が進みまくりましたわ。宿の女将は山菜料理の著書があるほどで、季節の料理は美味かったですわ。まあ刺身とか鍋はありがちでしたけど。

20

 朝食はまあ普通でしたね。お米は美味しくて、ご飯はお代わりして食べましたぞ。

 旅館横倉は見るサイトによっては横倉旅館だったりもしますが、まあ居心地のいい宿でしたな。エス氏のように1人の宿泊客も数人いましたの。初めての宿坊でしたが、これといった宿坊感?はなく、古すぎる建物の普通の宿という感じで過ごせました。戸隠スキー場や戸隠神社にもアクセスしやすく、スキー・スノーボードや観光にも便利な立地にある横倉は、その建物の存在感が旅の気分を盛り上げてくれると思いますね。

 おすすめできる宿ですが、花粉症の人は春に来るのはやめた方がいいですぞ。マジで。

旅館横倉の予約はこちらから。

Snowboard Trip TOPページへ

宿情報ページへ

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
ページトップへ