スノーボード情報サイト:DQNボーダー養成講座

初心者スノーボーダー必見!これであなたも立派にDQNなスノボちゃんです。

サイトマップはこちら

初心者向け情報

スノーボードを始めようと思ったあなたが最初に知っておいた方が良さげなこと

スノーボードを始めようと思ったあなたが最初に知っておいた方が良さげなこと

はてな

 みなさんこんにちは。エス氏です。DQNボーダー養成講座をご覧いただきありがとうございます。このブログはスノーボードの初心者さんに向けて、タメになる情報を提供し、立派にDQNなスノボちゃんになっていただこうという趣旨で作られております。

 ここではこれからスノーボードを始めるという方や、ちょっとやってみてスノーボードに興味をもったという方にですね、知っておいた方が良さげなことをまとめてみました。より詳しくはそれぞれのページを読んでみて下さい。

続きを読む
ページトップへ

スノーボードスクールについて

スノーボードスクールについて

スノーボードスクールイメージ画像

 スノーボードの初心者は、スクールに入って一から技術を教えてもらうことが上達の近道です。スクールを受講するメリットとデメリット、申し込みから解散までの流れを順番に説明します。

・メリット

 スクールに入る一番のメリットは何と言っても、レッスンのプロであるインストラクターが分かりやすく教えてくれることです。スノーボードの経験者でちょっと上手いというくらいのお友達と、インストラクターとでは明らかにレベルが違います。彼らは何百人何千人と初心者を教えており、経験豊富です。未経験者が最短距離で上達するためには、スクールに入るのが最も確実な方法でしょう。

続きを読む
ページトップへ

スノーボードのレンタルについて

スノーボードのレンタルについて

スノーボードレンタル受付の画像

 スノーボードにはじめてチャレンジする場合、多くの人は道具をレンタルすることになります。今回はレンタル全般について詳しく説明したいと思います。

1.どこでレンタルするの?

 どこのゲレンデにもレンタルショップはあります。宿泊施設やゲレンデに行く途中の道にもレンタルショップがある場合もあります。レンタルする際に身分証明書が必要になる場合がありますので、用意しておきましょう。

2.何をレンタル出来るの?

 レンタル出来るのはスノーボード+ビンディング、ブーツ、ウエア、グローブ、ニット帽、ゴーグルなどです。
 このうち、スノーボード+ビンディングとブーツを合わせたものが基本の三点セットになります。グローブ、ニット帽、ゴーグルも小物三点セットになっているショップもあります。セットで借りた方が、単品で借りるよりも安上がりです。
 レンタル出来ない靴下やインナーウエア(スノーボードウエアの下に着る服。とりあえず、寒くない格好。)は自分で用意しましょう。

続きを読む
ページトップへ

スノーボード、家を出てから帰るまで

スノーボード、家を出てから帰るまで

 スノーボードを始めてみたいけど、ゲレンデにも行ったことないというあなたへ。家を出てから帰ってくるまで、どういう流れなのか一通りご説明いたしましょう。 首都圏に住む数人の参加者が、休日に車を使って日帰りでゲレンデへ行くケースを紹介いします。 未経験者は、なるべく経験豊かな人に連れて行ってもらうようにしましょう。

1.集合

 車を出す人は、集合場所もしくは参加者の自宅へ迎えに行きます。集合場所は参加者が集まりやすいターミナル駅などが便利だと思います。板やウエアを持っている人は、道具を一通り持って電車に乗るのがけっこう面倒なので、自宅まで迎えに来てもらえると嬉しいですね。

2.移動

 高速道路を使って移動することになりますが、休日は渋滞にハマる恐れがあります。なるべく朝早く出発し、帰りも遅くならないようにしましょう。ゲレンデには7:30~9:00くらいに到着するようにしたいですね。関越自動車道は夕方には渋滞が始まります。14:00くらいで滑るのは切り上げて、温泉にでも行きましょう。
 高速道路のサービスエリアや、一般道に下りてからのコンビニなどで休憩したりしながらゲレンデを目指します。

続きを読む
ページトップへ
Profile

スノーボードエス氏
管理人プロフィール

サイトマップ

Access Counter
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

PV Counter
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Monthly Archives
Message

名前
メール
本文
スポンサーリンク
Search in the blog

PVアクセスランキング にほんブログ村

スノーボードブログあわせて読みたい
  • ライブドアブログ