スノーボード情報サイト:DQNボーダー養成講座

初心者スノーボーダー必見!これであなたも立派にDQNなスノボちゃんです。

サイトマップはこちら

ビンディングの取付け方

ビンディングのセンタリングとは

ブログネタ
スノーボード全般 に参加中!

ビンディングのセンタリングとは

 みなさんこんにちは。エス氏です。今回はセンタリングについてご説明します。センタリングとは聞き慣れない言葉だと思います。これはビンディングの取り付け位置を前後に調整して、ボードの幅に対してのブーツの位置を調整する作業です。

センタリングの必要性

 ビンディングはブーツを固定するために取り付けるわけですが、実際にブーツを固定してみると、なにやら踵側やつま先側の方に偏ってしまっていることがあります。
 スノーボードはエッジを操作してコントロールするので、ブーツが踵側やつま先側のどちらかに偏っていると、両方のエッジを上手くコントロール出来ません。センタリングを行って、ブーツが適正な位置に固定されるように調整する必要があるのです。
 センタリングでビンディングの取り付け位置を動かすのは、せいぜい5mmとか1cm程度ですが、スノーボードの横幅は25cmくらいしかないので、この程度の調整でも意外に大きな影響が出ます。自分のブーツがどちらかのエッジ側に偏っていると感じたら、ぜひ調整してみてください。
 ちなみに、センタリングが全く必要ない場合も多いです。ボードの横幅、ビンディングのアングル、ハイバックの前傾、ブーツのサイズ等によって、ブーツの適正位置が変わりますので、いろいろ試してみてください。

続きを読む
ページトップへ

ビンディングのハイバックの調整

ブログネタ
スノーボード全般 に参加中!

ビンディングのハイバックの調整

 みなさんこんにちは。エス氏です。今回はハイバックの調整についてご説明します。ハイバックというのはブーツのふくらはぎ部分が当たるところで、バックサイドターンをするときに重要な働きをします。以前はローバックという背の低いタイプもありましたが、現在では背の高いハイバックが一般的です。

ハイバックの役割

 ハイバックの役割は、バックサイドターンを行う際に、板を立ててエッジングする動きをサポートすることです。
 バックサイドターンではつま先を持ち上げて板を立てますが、ハイバックがあれば、ブーツが倒れる動きに連動して板を立てることが出来ます。ハイバックが大きい方が、てこの原理で板を傾けることが容易になります。またブーツに接する面積が大きくなるので、乗り手の力を逃さずに板に伝えることが出来るようになります。

ハイバック

続きを読む
ページトップへ

ビンディングのアングル(角度)について

ブログネタ
スノーボード全般 に参加中!

ビンディングのアングル(角度)について

 こんにちは。エス氏です。前回までのセッティングに関する記事を読んでいる前提で、ビンディングの取り付け角度についてご説明します。

 基本的にビンディングの取り付け角度(アングル)は3度ずつ変えることが出来ます。角度が大きくなるほど、ビンディングはノーズ方向を向きます。0度は真横を向いた状態で、マイナスになるとテール方向を向くことになります。
 アングルは、実のところ個人の好みが強すぎて、少々説明し難いところはあります。まずは大きく2種類に分けたいと思います。

ノーマルスタンス

 一般的に、アングルは両足がノーズ側に向いています。滑り易いスタンスですが、後ろ足方向、つまりスイッチスタンスで滑るのは慣れるまで難しく感じると思います。

ダックスタンス

 前足はノーズ側へ、後ろ足はテール側へ向けてがに股気味に取り付けることを、ダックスタンスといいます。ノーマルスタンスに比べると、前足方向には滑り難くなりますが、スイッチスタンスでは滑り易くなります。
 ある程度滑れる方が、自分のスタイルに合わせて選ぶスタンスなので、中級レベル以上になってから検討しましょう。

続きを読む
ページトップへ

ビンディングのセットバックとは

ブログネタ
スノーボード全般 に参加中!

ビンディングのセットバックとは

 みなさんこんにちは。エス氏です。今回はセットバックについてご説明します。これまでのセッティングに関する記事を読んで頂いているという前提で進めます。

セットバックとは

 セットバックとは、ビンディングの取り付け位置を、板の真ん中よりもテールよりにずらすことです。自分で取り付け位置をずらす場合と、あらかじめインサートホールがテールよりにずれている場合があります。

ツインチップとディレクショナル

ftwo_t-ride_d

 一般的にフリースタイル系のツインチップボードは、板のノーズとテールが対称となっています。スイッチスタンスでも滑り易くするためです。そのためビンディングの取り付け位置もセンターとなり、セットバックはされていません。インサートホールの位置が、それぞれノーズとテールのから同じ距離に設置されているという意味です。
ftwo_gipsy_d
 フリーライディング系のディレクショナルボードは、板のノーズとテールが非対称になっています。スイッチスタンスよりも本来のスタンスでの滑りを重視しているので、5mm~30mm程度セットバックされています。あらかじめビンディングを取り付けるインサートホールが、テール側にずらして設置されているので、推奨スタンスで取り付けた場合は自動的にセットバックされた状態となります。

 ビンディングの取り付け位置はご自身で自由に決められるので、セットバックの無い板でもテールよりに取り付けてして構いませんし、セットバックのある板でもセンター寄りに取り付けてかまいません。

続きを読む
ページトップへ

スノーボードのスタンス幅はどう決める?

ブログネタ
スノーボード全般 に参加中!

スノーボードのスタンス幅はどう決める?

 みなさんこんにちは。エス氏です。今回はスタンス幅についてご説明したいと思います。私がスノーボードを始めた15年前と現在とを比べると、どうもスタンス幅は広めになっている様な気がします。

ディスクについて

 ビンディングを板に取り付ける際には、写真のような丸いディスクを使います。
ディスク
 ディスクはネジ4本を使って固定するタイプが主流ですが、業界最大手のBURTONだけはネジ3本で固定します。また、BURTONにはESTという独自のシステムもありますが、使ったことが無いので詳細は分かりません。この記事はネジ4本タイプを使う前提で書いています。

 写真のUNIONビンディングのディスクには二本の溝があります。溝ではなく、穴が連なって空いているタイプの方が一般的だと思います。
 AとBとは溝の向きを変えていますが、溝をボード両脇のエッジ方向に向ければ、後日ご説明する予定のセンタリングの調整が出来ます[A]。溝をノーズとテールの方向に向ければ、スタンス幅を微調整出来ます[B]。
 スタンス幅を測るときは、ディスクの中央に印がありますので、左右のディスクの印と印の間隔を測るようにしましょう。

続きを読む
ページトップへ
Access Counter
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

あわせて読みたい
Search in the blog
F.JANCK
エフジャンク
スノーウェイ
スノーウェイ
SnowBoard Tour

  • ライブドアブログ