【友家ホテル】レトロモダンのこだわり宿!ハマる人はハマるかと

 みなさんこんにちは。エス氏です。今回は新潟県南魚沼市にある宿、友家ホテルをご紹介しますよ。レトロモダンの雰囲気が特徴的ですが、随所にこだわりが感じられてとても興味深い宿でしたな。ブログ読者のかみちきさんに教えていただいた宿ですが、これは確かに人にすすめたくなるかも。スノーボードトリップの宿としては立地も良く、エス氏的にもありな宿ですぞ。

友家ホテル

 友家ホテルは大湯温泉スキー場というローカルゲレンデの近くにあるのですが、その大湯温泉スキー場にはエス氏も滑りに行ったことはありません。奥只見丸山スキー場の手前にある、という方が立地のイメージはしやすいかと。

 宿までのアクセスはわかりにくいですね。細い路地を入っていったところにあり、本当にこれ大丈夫かと不安になります。

 ホームページにホテルまでの道順が記載されているので、事前にチェックしておいた方がいいでしょう。ちなみにエス氏は見ずに行って困惑しました。

友家ホテル 当館までのアクセス

 細い道を抜けた先に友家ホテルがありますよ。

 到着すると宿の人が出迎えてくれ、荷物を運んでくれました。車も駐車場に移動させてくれましたよ。外観はただの古い建物という感じですの。

 館内に入ると印象は変わりますね。玄関で靴を脱ぐのでいささか和風な雰囲気もあります。

 フロントでチェックインを済ませ、夕食の時間などを決めました。感染症対策なのか、朝夕とも部屋食でしたな。

 ロビーは広々としています。良い感じですね。

 売店もありましたよ。

 チェックインの後は客室に案内してもらいました。

 途中謎の階段と扉が…。

 館内はレトロな雰囲気でシャレオツですぞ。まあよく見るとちょいちょいボロいのですが。

 フロントがある棟と客室がある棟は繋がっていますが別々な感じもしましたね。増改築したのでしょうか。エス氏が泊まったのはレトログレード1というプランでしたが、グレードの違いなどがわかりにくかった気がしますのう。もう少し良さげなグレードもありましたが、禁煙部屋を選んだらこれになったような。

 客室のある2階まで上がる階段の途中にあまり見たことのないスペースがありましたのう。

 エス氏が泊まったのは睡蓮というお部屋でした。

 部屋に入ると、まずは広めの廊下といいますか和室なら広縁のようなスペースがあります。奥には洗面台がありますね。

 ソファがあり、窓の外には川が見えましたよ。

 これはなかなかいい雰囲気ではあるのですが、川のせせらぎが聞こえてくる…という爽やかなイメージではなく、ゴゴゴゴゴという轟音が聞こえ、エアコンの室外機が壊れてるのかと思ったほどです。まあ不快ではありませんでしたが。

 端には冷蔵庫がありました。

 入り口側にあるトイレは広くて綺麗ですがいささか寒かったですの。

 和風の居間ですね。

 隣はベッドルームです。和洋折衷ですな。

 居間にも寝室にもTVがありましたが、どちらも使いませんでしたね。

 荷物を置いたらまずは風呂へ。館内に4箇所のお風呂がありましたが、全て貸切制となっていました。これもコロナ対策でしょうか。どれも空いていれば自由に使うことができ、時間指定はありません。とりあえずは部屋から遠い庭園風呂へ。フロントの脇から奥へ進みます。

 階段を降りると湯あがり処というスペースがありました。

 ビリヤードやら本が並んでおり、ファミコンもあるようでしたね。とても興味深かったのですが、エス氏的にはとりあえず風呂に入って酒を飲むことが先決でした。

 こちらが庭園風呂ですね。

 どのお風呂もそうですが、内側から鍵をかけて貸切にする仕組みです。鍵がかかっていたら誰かが使っていると。

 脱衣所は広々としていましたな。

 洗面にはオリジナルブランドなのでしょうか、NYU YOKUという化粧水などが置かれていましたよ。

 浴室はやたらと広かったですな。10人くらいでも入れたと思います。お湯は無色透明ですが温まりましたのう。

 他のお風呂も紹介しておきます。こちらは部屋から近い四角い風呂。

 浴槽が四角いのですよ。

 扇風呂と龍神の湯は隣り合っています。まずは扇風呂へ。

 予想はついたと思いますが、浴槽が扇型です。

 最後は龍神の湯。さてどんな形なのかしら。

 と思ったら意外に普通。エス氏が湯に浸かっていると、排水管を流れる水の音でしょうか、ゴーーーー!っと音が聞こえてきました。まさかこの轟音が龍をイメージしているとかそんな由来じゃないだろうな…。なんて心配しましたが、ホームページをみると全然違う由来がありました。てへ。

 温泉に入ったあとはやはりビール。ルームサービスはメニューが充実しておりましたな。

 このメニューはそれぞれのお酒についてのうんちくが書かれていて非常に面白かったですよ。あれこれ注文したくなりましたわ。実際注文しましたが。

 どの宿でもインフォメーションブックはチェックするエス氏ですが、友家ホテルはかなり面白い内容であると同時に、サービスの提供時間を20:30までと明確に定めているのが印象的でした。それ以降は相手をしませんと書かれているのです。割と早いですよね、20:30て。エス氏は酒が無くなったらどうしようかと心配しましたが、結果的に不便はありませんでしたな。

 食事は朝夕とも部屋食でした。夕食は魚介類が多めで美味しかったですな。

 ぜんまいって子供の頃は全く興味がなかったのに、いつの間にか美味しいと感じるようになりましたな。これが大人になるということでしょうか。

 食事は白ワインで楽しみました。

 はまぐりのお鍋。イイ出汁出ていて美味かったですね。

 どこでも出てくる岩魚の塩焼き。頭からバリバリ食べますよ。

 新潟は日本海の幸が美味いですよね。山でも食べられて幸せ。

 コシヒカリとローストビーフ。お味噌汁と漬物でご飯がすすみましたな。新潟の米はやっぱりウマいですの。

 最後はちょっと変わったシャーベット。ごちそうさまでした。

 朝も部屋食です。野菜が少ないメニューでしたな。

 お米がとにかくウマいので、ご飯のおかずがメインなのかしら。

 友家ホテルはハマる人にはハマるのかもしれませんね。エス氏はハマりきれませんでしたが、オシャレですし女の子と行っても喜ばれる宿だと思います。湯あがり処で遊んでみたかったですな。スノーボードトリップの宿としてエス氏が気に入ったのはゲレンデまでのアクセスの良さ、レトロモダンの雰囲気、快適な客室、食事です。微妙だったのは宿までのアプローチの悪さとサービス。ルームサービスで風呂上がりのドリンクを注文したのに20分経っても届かなかったのはビールを楽しみにしているエス氏的にはありえなかったですな。しびれを切らして再度連絡を入れたらすぐに運んでくれましたが。部屋食(朝)の後フロントに連絡を入れてもなかなか回収にきてくれないのも困りました。回収に来てくれたタイミングで着替え中というのもよろしくないかと思いずっと浴衣のまま待っていたのですが、けっきょくチェックアウトするまで回収にはきてくれませんでしたのう。サービスの提供時間はここまで、と割り切るのは別に悪くありませんが、それならせめて時間内は頑張ってほしいものですな。とはいえスタッフの方たちは感じも良く、エス氏も特に気分を害したということもないのですよ。文句も書きましたが、魅力があるのは間違いないですぞ。泊まる価値はあると思いますね。

20/21シーズン7日目 岩原スキー場【年末年始トリップ2日目】

2021年1月6日

20/21シーズン8日目 八海山麓スキー場【初168】【年末年始トリップ3日目】

2021年1月13日

宿情報ページへ

Snowboard Trip

2011年3月19日

4 件のコメント

  • エス氏さん、ご無沙汰しております。いつもの楽しくブログ読ませてもらっております。

    おすすめした友家ホテルのご宿泊記事、なんだか嬉しい限りです

    私も年明けに奥只見で滑走後、宿泊予定でしたが、奥只見の想定外の年内クローズでダメになってしまいました…。

    こちらの支配人か副支配人の方が面白い方で、かなり遊び心があり、それが館内の随所にあるかと思います。

    外観のボロさとアクセスの悪さはあるものの、奥只見か大湯温泉での滑走にはよい宿泊先かと思います。

    奥只見は、春にリベンジしたいと思います!

    • かみちきさんご無沙汰しております!
      ようやく友家ホテルに泊まれました〜(^^)
      すごくよかったですね♩
      なかり遊び心が感じられました。お酒の紹介とかホント面白かったです。
      大湯温泉はまだ滑ったことがないゲレンデなので、いつかまた泊まりに行きたい宿ですね。
      紹介していただきありがとうございました!またオススメがあればお願いします〜。

      • エス氏さん、コメ返信ありがとうございます❗
        自分も温泉宿大好きおじさんなので、エス氏さんの審美眼に叶う宿は自分もいつかは…と常に参考にさせていただいております

        返信ついでにもうひとつ。ご存知かも知れませんが、宮城蔵王方面にトリップの際は以下の青根温泉の宿もご参考までに、検討いていただければ…

        青根温泉 湯元 不忘閣
        https://www.fubokaku.com/

        建屋は古いですが多彩な温泉と日本酒、食事が美味しい伊達藩ゆかりの宿です。

        トリップの記事とともに、また楽しい温泉宿の紹介も楽しみにしてます~。

        • 昨シーズン宮城トリップはけっこう考えていたんですよね。
          宿も調べましたけど、不忘閣はノーマークでした!
          参考にさせていただきます。
          ありがとうございました(^^)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です