【志賀高原 白い温泉 渓谷の湯】展望露天風呂が楽しめるこだわりの客室!ゲレンデも目の前ですぞ

 渓谷の湯では単純泉と硫黄泉、2種類の源泉が楽しめます。内風呂は単純泉ですが、エス氏は無色透明の湯はそれほど好きではありません。

 やはり露天風呂の硫黄泉が良いですのう。部屋の風呂と同じくこちらも湯の花すごかったです。ちなみに部屋のお風呂も単純泉と硫黄泉があるので、予約の際には注意が必要ですぞ。

 大浴場は地下にあるので、露天風呂もより川に近くなります。露天風呂に注がれる湯に川の流れ、水の音に囲まれながら入る温泉は格別ですの。

 んで、風呂上がりには部屋の大窓の前でビールを飲むと。この瞬間のためにスノーボードトリップしているようなものですの。

 渓谷の湯でいささか残念なのは、売店がないところですかね。ビールは自販機で買いました。1階の廊下を奥へ進むと休憩室があります。

 広々とした休憩室で、自販機はここにあります。そういえば喫煙所もこの隅にあったような。

 食事処は休憩室に続く廊下の手前にあります。なかなかお洒落な雰囲気でしたぞ。

 部屋ごとに半個室のようになっており、仲居さんが給仕してくれました。

 こちらは前菜の冷ローストビーフ。渓谷の湯はお風呂の湯も素晴らしかったですが、食事も実に旨かったのですよ。

 岩魚と信州サーモンのお造りをもろみ醤油でいただきました。

 山野菜の炭火焼。炭火では肉を焼いて食べたいところですが、野菜も美味ですね。そして野菜以上に気に入ったのが卓上で炭火焼きができるこのアイテム。これは欲しくなりましたよ。

 焼きたての岩魚の塩焼き。ホクホクでお酒が進みます。

 ちなみにお酒は飲み比べをしてあれこれ楽しみましたよ。長野県の日本酒はけっこう好きですぞ。

 りんごのグラタンは大町温泉郷の宿でも食べましたな。信州地鶏入りで美味かったのですが、さすがにりんごは食べきれませんでした。

 メインは信州牛のすき焼きだったのですが、あまりにも美味そうですぐに食べてしまい、出来上がりの写真を撮るのを忘れてしまいましたわ。

 締めは筍ご飯とけんちん汁。すでに腹も膨れているわけですが、それでも残さず食べてしまいました。満足満足。

 デザートまで含め、たっぷり時間をかけて料理とお酒を楽しみました。渓谷の湯は温泉メインの宿だと思っていたので、ここまで料理が美味というのは嬉しい誤算でしたね。

 朝食はこちら。ご飯にとろろが乗っているが嬉しいです。

 もう一皿は運ばれてきてボリューム満点。ハムが美味しかったですわ。

 さらに蕎麦がきもあり、さすがに食べきれませんでした。味も量も文句なしですな。

 志賀高原で初めて泊まった宿がこの渓谷の湯だったのですが、なぜ今まで泊まりでこなかったのかと後悔するほど素晴らしい宿でした。抜群の温泉、露天風呂付きの客室、美味食事、ゲレンデも目の前と、スノーボードトリップに必要な要素が満たされまくっていてホント最高です。志賀高原の宿選びに悩んだら、渓谷の湯はぜひ選択肢に入れていただきたいですね。

18/19シーズン38日目 志賀高原中央エリア【志賀高原トリップ 前編】

2019年6月3日

Snowboard Trip

2011年3月19日

宿情報ページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です