【福井県大野市】阿さひ旅館【おすすめの宿】

なんか惜しい宿ですな。

 みなさんこんにちは。エス氏です。今回は福井県大野市にある宿、阿さひ旅館をご紹介します。阿さひ旅館は大野市の街中にあり、特にスキー宿というわけではありませんが、近隣にいくつかスキー場があるので立地としては悪くないと思いますぞ。

阿ひさ旅館

 阿さひ旅館は街中の細い路地を入った所にあります。天空の城を見に行くにもいい立地かと。建物の前が駐車場ですね。

 和風建築でなかなかいい雰囲気ですな。

 館内に入るといかにも旅館という感じ。エス氏はホテルよりも落ち着きますな。

 ロビーでは火鉢がいい感じです。コーヒーや紅茶なども飲めるようですぞ。

 「こちらがお部屋です」と案内され、「げ!今回の部屋は狭いなぁ」と一瞬思ってしまいましたが、なわけないですよね。ここは前室。

 お部屋はこちらです。1人で泊まるには十分な広さでしたな。Wi-Fiも使えましたぞ。

 部屋は中庭に面しているのですが、窓の外に半透明の仕切りがあって景色がよく見えなかったのが残念。

 このエアコンは相当年代物ですなぁ。よく動いてますわ。

 夕食なしのプランしか予約できなかったので、晩御飯は外へ食べに行きました。グルメガイドをもらい、おすすめの店へ行ってみることに。

 10分ほど外を歩きましたが、あまり徒歩で移動している人を見かけませんでしたね。

 こちらが梅林というお蕎麦屋さんです。

 お料理も美味かったですぞ。こちらはおでん。冷えた身体が暖まりますのう。

 お刺身と日本酒も合いますなぁ。

 こちらは福井の郷土料理「すこ」。初めて食べましたな。里芋の茎だそうです。

 エス氏はらっきょうが好きなのですが、福井はらっきょうも有名みたいですね。ウマウマ。

 梅林はお蕎麦屋さんですからね。締めになめこおろしそばを食べましたが、これはそばにうるさいエス氏も大満足の一品でしたね。いや〜満足満足。

 梅林は酒と飯は最高なんですが、分煙されていなくてタバコの煙がガンガン流れてくるのがマジクソでしたな。田舎ってこんなもんすかね。服が臭くなって参りましたわ。というわけで特におすすめはしません。

 一夜明けて朝食。朝食は付いてるプランでした。

 広間は庭に面していましたぞ。部屋でもこの庭を眺めたかったですの。

 まあ普通の朝食ではありますが、野菜多めでエス氏には嬉しかったです。晩御飯もここで食べたかったですなぁ。

 阿さひ旅館は和風の落ち着いた雰囲気の宿で、食事も美味しかったです。難点は共用部が寒いことでしょうか。お風呂も温泉ではありません。1人だったら違う選択肢があるのかもしれませんが、2食付きのプランだと満足度が増すかもしれませんね。

18/19シーズン13日目 雁が原スキー場【初】【北陸トリップ6日目午後】

2019.02.01

Snowboard Trip

2011.03.19

宿情報ページへ

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です