18/19シーズン19日目 上越国際スキー場【初】【中越トリップ2日目】

キーワードはうんこです。

 みなさんこんにちは。エス氏です。中越トリップ2日目の2019/1/20はイトチンさんと一緒に上越国際スキー場で滑ってきましたぞ。上越国際を滑るのは今回が初めてでして。あちこちローカルゲレンデを滑っているくせに、こんなビッグゲレンデを滑っていないというのはあまりよろしくないと常々感じておりました。今回ようやく滑ることができましたわ。

 さて上越国際スキー場の上越というのはなんのことなのでしょう。このゲレンデから西の方へ行くと上越市があり、その辺りを上越というのですが。ウィキペディアによると上越国際スキー場の上越というのは、JR上越線の沿線にあるためだそうです。まったく紛らわしいですのう。中越トリップという今回のタイトルは、中越地方のくせに上越国際とはこれいかにという意味も込められておりますぞ。

 前日は4ヶ所のゲレンデで滑った後、越後湯沢にあるイトチンさんのマンションに泊めていただきました。飲み過ぎてしまったので朝はのんびりです。イトチンさんと飲むと止まらなくなるので注意が必要ですね。晴れていて暖かそうです。エス氏は朝から快便で、調子良く滑れそうな予感がしましたぞ。なおイトチンさんは出るものが出ず、渋いか顔をしておりましたが。

18/19シーズン18日目 岩原スキー場【中越トリップ1日目ナイター】

2019年2月25日

 越後湯沢から上越国際までは大した距離ではないのですが、ゲレンデが広いので駐車場がいくつかあり、どこへ行くかによって移動時間も変わります。エス氏はカーナビさんに頼って移動ですぞ。

 上越国際は確かゲレンデ前に駅があったような。ブログ記事のトップ画像は駅前からホテルを撮った写真にしようかしら。なんて思っていたのですがどうも様子がおかしいですぞ。こりゃ幽谷荘じゃないですか。

 幽谷荘の先に行ったことはなかったのですが、大沢駐車場というところに到着しました。カーナビさんよ、なぜここへ案内したのか…。まあこだわりはないので別にいいですけど。むしろエス氏得意の「端から滑る作戦」にはちょうど良かったかもしれませんな。

上越国際スキー場

 準備をしてゲレンデへ。リフト券はリフトの横の建物内で買えましたぞ。

 イトチンさんは岩原スキー場のシーズン券を持っているので、上越国際のリフト券も格安で購入できます。1日券は通常4,000円なのですが、エス氏は会社の福利厚生で加入しているベネフィット・ステーションの優待サービスを利用したところ2,800円で購入できました。侮れない割引率ですよね。ちなみに白馬47なんかも相当やすくなりますぞ。恐るべしベネフィット・ステーション。

 先日の岩原ナイターでAMICSSのDNA Tiをイトチンさんに借りて滑ったのですが、この日も貸していただけるというので、お言葉に甘えて1日がっつり乗らせてもらいました。広大な上越国際スキー場で1日かけて高級ハンドメイドボードを試乗できるなんて、こんな嬉しいことはありません。イトチンさん(そして板の持ち主のIさん)ありがとうございます。

アクティブゾーン

 上越国際スキー場は大きく4つのエリアに分かれております。スタート地点は大沢駐車場のあるアクティブゾーンで、その他にマザーズゾーン、パノラマゾーン、フォレストゾーンがありますぞ。その全てのエリアを一通り滑るべく長い旅の始まりです。10:10、まずは大沢第1トリプルリフトに乗ってスタートです。リフトの上は思ったよりも風が強くて寒かったですな。大沢ゲレンデではスキーの大会をやっていました。

 ゲレンデマップを見ると、大沢第1トリプルリフトを降りたところから上級の大別当ゲレンデを滑れそうでした。いきなり上級コース、しかも大別当は上越の壁とか呼ばれているようですが、大丈夫かしら。なんて心配をしていたのですが、大別当ゲレンデへアクセスするには斜面を登る必要があり、迂回コースを滑ることに。上越国際スキー場はゲレンデマップが超テキトーで、これを元に滑ると「おいおい話が違うぞ」という状況が度々ありました。でかいゲレンデなんですからマップは正確でわかりやすくして欲しいですわ。

 迂回コースは途中から大別当ゲレンデの下部に合流するのですが、下から見る限りではそれほど手強くもなさそうです。わざわざリフトに乗って滑ることもなさそうですの。

 大別当ゲレンデの下部から長峰ゲレンデに入ります。ここからはマザーズゾーンに入りますぞ。

マザーズゾーン

 ホテルグリーンプラザ上越の下まできましたが、なんじゃこりゃ、斜面の上にホテルがありますぞ。

 ホテルまで上がるための短いリフトがあります。なんでこんなレイアウトになっているのでしょうか。

 ホテルの向こう側、上越国際スキー場前駅の方にはリーゼンコースというのがあるようです。そこを滑って駅前へ行ってみたかったのですが、リフト降り場はあったものの、コースの入口が分からず。

 この奥の方かしら、なんて思ったりもしましたが、面倒なので辞めました。この時点で分かりにくいクソレイアウトゲレンデに嫌気がさし始めていましたからね。

 ホテル前から再度降りてリフトに乗ろうと思ったのですが、長峰ゲレンデ側は酷い有様でしたな。混みすぎ。

 一応ホテル前で記念撮影。さらばホテルグリーンプラザ上越。泊まりにくることはありませんぞ。

 ホテル前からキッズパークを迂回するように降りるのですが、まあカオスでしたわ。

 長峰クワッドリフト乗り場も混んでいました。

次のページに続きます。少し下の方にボタンがありますぞ。

5 件のコメント

  • いやーお疲れさまでした。珍しく前編後編に分けない大長編でしたね!(。・ω・)ノ
    今回のブログを参考にさせていただいて上越国際には僕も行かないと思います…なんかしんどそうですもの…w
    AmicssのDNA Tiはお買い上げ確定になりそうですねヾ(*´▽`*)ノ

    • そうなんです、前編後編に分けなかったんです。
      通常だったらこれだけのボリュームなら分けるんですが、なんせうんこゲレンデだったものですから、1回でさっさと終わらせてしまいたかったんですよね(^^;)
      ここへ行くなら他所を検討した方がいいでしょうねw
      来期はAMICSSになると思います!

  • あー遂に逝ってしまったのですね。上越国際。
    仰るようにレイアウトがクソ、終始これにつきます。
    コースも中盤に必ず平坦部分があるので、その先を読んだチョッカリ加速を強いられるんですよね。
    私の中では竜王・タングラム・アルツ磐梯と肩を並べる「二度と行くもんか四天王」ゲレンデです。
    Amicss、にわかに興味が出てきました(笑)。

    • ようやく上越国際を滑ることができました。
      特に興味はなかったのですが、一応滑っておかないといけないかなと。
      竜王がクソなのは同意ですが、タングラムはけっこう好きですよ(^^)
      AMICSSはハンドメイドの板にしてはリーズナブル(エス氏には高価ですが)の高性能ブランドなので、要チェックですぞ。

  • 過去のエス氏殿のレポートで予習したうえでの初タングラムでしたが、
    駐車場の遠さ・・・アレ初っ端からダメ過ぎます(笑)。
    修学旅行+ホワイトアウトでAM撤収したんですけどね。
    みんな知らない良い物にいち早く気づけた喜び・・・AMICSS、いいですね。

  • エス氏 にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です