19/20シーズンモデル試乗 AMICSS DNA Ti 157

 みなさんこんにちは。エス氏です。2019.4.14は丸沼高原スキー場で開催されたヴィクトリアの試乗祭に参加してきました。今回はAMICSS DNA Ti 157の試乗レビューです。

18/19シーズン 丸沼高原スキー場【ヴィクトリア2019-2020モデル スノーボード試乗会】の様子

2019年6月12日

 試乗はまずコバルトコースを滑ってから第3リフトに乗り、ローズコースを滑って会場に戻るというルートでした。通常はリフト1本で試乗するエス氏にしては長く試乗していますね。

AMICSS

 アミックスは16/17シーズンからスタートした青森のブルーモリスのブランドですね。アミックスの板はすべてハンドメイドで作られているそうです。超高性能のプレミアムボードでエス氏大注目のブランドですわ。

DNA Ti

 アミックスのフリースタイルボードにはDNAとAGGRESSORがあり、DANには通常モデルとチタナール入りのモデルがあります。今回ご紹介するのはチタナールありのモデルですね。試乗に使用したエス氏のブーツとビンディングはソフトフレックスで、カービング系の板に乗るためにはあまり適していなかったと思います。以前試乗した際にはブーツとビンディングの組み合わせも悪くなかったので、今回よりもしっかり乗れたんですけどね。

17/18モデル試乗 AMICSS DNA Ti 157

2017年11月10日

 DNA TiのTiはチタンかなと思いきや、チタナールという素材のことのようですな。チタナールはオーストリアの会社が作っている素材の商品名で、チタンではなく主にアルミニウムで出来ているようです。違っていたらすみません。

 DNA Tiはメタル入りのカービングボードの割にはそれほど重くはないですの。フツーのフリースタイルボードと比べればそりゃ重いですけど。フレックスは硬く感じられましたが、これはブーツとビンディングのフレックスと合っていないせいもありますかね。試乗したコースは硬くガタガタでジャガイモも転がっておりあまり良いコンディションではなく、自分の板で滑ると振動で板が暴れまくったのですが、DNA Tiでカービングをすると非常にスムーズに滑ることが出来て驚きました。振動吸収のラバーが旧モデルとより進化していると聞いたのですが、これはまさに別次元とも言える振動吸収性でしたのう。雪質が変わったのかと思うほど振動や衝撃を感じませんでしたからね。エッジグリップも抜群で、硬い雪面でも安定したカービングができましたぞ。DNAも良い板ですが、DNA Tiはやはり上位互換に感じてしまいますなあ。ブルーのカラーもシンプルでかっこいいですし、カービングが好きだという方にはおすすめしまくります。中肉中背のエス氏がカービングに特化するならもうワンサイズ長くして161cmでもよかったかも。

 DNA Tiはまさにプレミアムな素晴らしい板で、ハンドメイドだと思えばむしろリーズナブル。ビンディングやブーツも板の性能に合わせて揃えるとなるとかなりの出費になってしまいますけど。なかなか庶民には手が出ないのですが、試乗してみると納得がいく板ですの。気になる方はぜひ試乗してみてください。取扱店が少ないのが悩みどころですが。

スノーボード用品試乗レポート 一覧

2012年10月12日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です