19/20シーズン39日目 奥志賀高原スキー場【早起き得なしトリップ】

 みなさんこんにちは。エス氏です。2020/4/5は志賀高原の一番奥にある、奥志賀高原スキー場へ滑りに行ってきました。今回は珍しく日帰り。温泉旅館好きのエス氏としては泊まりで行きたいところでしたが、日帰りだと普段泊まりで予定が合わないメンバーと一緒に滑りに行けたりもするんで、これはこれで良いなと思います。

 今回はエス氏、玄米、赤パンの3人で滑りに行くことに。玄米はワープ要員として知られている男ですが、実はエス氏と滑りに行くのはシーズン初めの北海道トリップ以来で、全然ワープ要員として活躍していないんですよね。赤パンは海外トリップメンバーなので、そのうち更新される予定のフランストリップでは主要キャラとして登場しますぞ。

 日帰りで行くには奥志賀は遠いのですが、志賀高原童貞の玄米がどうしても行きたいというもので、仕方なく付き合ってやることに。しかも早朝営業(アーリーバード)からですよ。前日に雪が降るという予報だったもので、もしかすると新雪的なものがあるのではないかというほのかな期待を胸に、エス氏は深夜1:00に自宅を出ました。アーリーバードって時間じゃない気がしますけど。

 「新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言」が出る直前ということもあり、一般的にはスキー場に滑りに行くなんて論外という風潮でしたかね。このブログを書いている時点では、すでに多くの人が滑りに行くのを自粛する必要はなかったということに気がついているの思うのですが。スキー場には3密で濃厚接触に該当する要素はほぼないと思いますが、実際には同じ車で3人が数時間かけて移動するのは十分3密だったりします。ということで一応我々3人も車内ではマスクを付けたりしましたよ。

 高速道路はガラガラでしたね。東部湯の丸SAで朝食(と言ってもまだ4:00)を食べましたが、フードコートもほぼ貸切状態でした。エス氏は以前から気になっていた豚キムチ丼790円を食べてみることに。どういうわけかいつも売り切れで、ようやく食べることができたのですが…キムチが豚の上にそっと乗せてあるだけじゃないですか。ダメダメこんなの。半分キャベツなのはまあいいとしても、ご飯の量も多すぎます。こんなの食えるか、というボリューム。楽しみにしていたのにがっかりでしたわ。ちなみに玄米はエス氏オススメのおにかけそばを食べたのですが、物足りなかったようです。デブには豚キムチ丼の方がよかったのかもしれませんね。

 信州中野インターで高速道路を降り、志賀中野有料道路へ。いつもは100円かかるのですが、22:00〜6:00の間は無料なんですよね。おかげさまで100円得しましたぞ。有料道路のトンネルを抜けると、軽自動車が事故って警察がきていました。エス氏も志賀高原では事故りそうになりましたからね。運転は慎重に…。

 志賀高原へ上がる手前のセブンイレブンに立ち寄りました。隣にある広い駐車場に車を駐め、ここで着替えてしまうことに。ここでも少し雪が舞っていたので、奥志賀はさらに寒そうでしたからね。

 志賀高原のトンネルは先日滑って180をメイクしてしまいましたからね。ゆっくり走りました。それにしても奥志賀は久しぶりに行きましたけど遠いですね。ちなみにこの時点での運転はエス氏がしていたのですが、助手席では玄米が奥志賀は志賀高原の「奥オブ奥!」などと言っていましたな。頭の悪そうな発言については天才的ですの。

 6:10頃に奥志賀の駐車場に到着。思ったよりも車が駐まっていて驚きましたな。コロナ自粛でガラガラだと思っていたのですが。玄米はすっかり気に入ったのか「奥オブ奥」を連呼。エス氏も実は嫌いじゃないんですよね、こーゆーアホっぽい言動。奥オブ奥!

奥志賀高原スキー場

 準備をして早朝リフト券1,700円を購入。アーリーバードの営業時間は時期によって異なるようですが、この日は6:30〜8:00まででした。営業開始前には数人ですがもう並んでいる人が。スキーヤーが多かったですが、スノーボーダーも思ったよりいましたね。

 第2高速ペアリフトに乗って上がると、ガスっていて真っ白。そしてなんとなく察しはついていたのですが、期待していた新雪的なものはありませんでした。硬くて手強い雪でしたわ。

 正面の第2エキスパートコースを何本か滑っただけで疲れてしまったので、緩やかな林間コースを滑ることに。林間コースは大抵コース幅が狭いのですが、ここは意外に広くて滑りやすいですな。雪が柔らかければ壁で遊べそうでしたが。

 急斜面の下は緩やかな第1ゲレンデ。ここも途中に林間コースがあるのですよ。

 誰も滑っていなかったので楽しめましたよ。

 予想以上に疲労してしまい、早くも休憩。エス氏はすでにお昼何を食べるかばかり考えていました。サクッと上がって鮎川BBQでも行きたいなあ。そうこうしているうちにアーリーバード終了。改めて4時間券を購入しました。アーリーバードが終了した途端にゲレンデがガラガラになって驚きましたな。朝イチだけサクッと滑って帰るという人がけっこういましたよ。新雪もないし、はっきり言ってこの日エス氏たちが早起きしてアーリーバードを滑る意味はありませんでしたね。まあ何事も経験ということで。

 さて、今度は第3高速ペアに乗ってゴンドラの方へ行ってみましょう。

 長いダウンヒルコースを滑ります。玄米は滑るスピードだけは速いのでついていくのが大変なのですが、赤パンもけっこう速く滑れるんですよね。さすが海外の広大なゲレンデで滑っているだけのことはありますな。

 パークの方へは行かず、ゴンドラ乗り場の方まで降りました。ゴンドラを回せば長い距離が滑れるのですが、中間あたりまでリフトで上がれるといいなと思いましたけどね。

 ゴンドラ乗り場まで降りてきました。ゴンドラ乗り場は空いており、3密要素は希薄でしたね。

 1本ゴンドラに乗って滑り、その後ゴンドラ乗り場でトイレ休憩。

 のはずでしたがアイスを食べたりして早くも本日2度目の休憩タイム。周りにはスノーボーダーが大勢いて驚きましたな。どうもみなさんパークがお目当のようで。100日記のひゃくりんも奥志賀にいたので、合流して一緒に滑ることに。ひゃくりんはいつも同じようなゲレンデで滑っているので、彼が行きそうなゲレンデで滑っていると出くわす確率は高いのです。この日の様子も100日記に書かれていましたよ。

100日記

 ひゃくりんと合流してからはゴンドラに乗って第4ゲレンデへ移送して、しばらくここを滑っていましたね。ひゃくりんが動画を撮影してくれて嬉しかったですな。久しぶりに自分の動画を見ましたが、あれこれ改善点が見つかりました。やはり勉強になりますのう。

 この辺りに詳しいひゃくりんに案内してもらい、焼額山の方にも行ってみましたよ。リフト券は奥志賀のエリア券なので、焼額山のリフトには乗れませんけど。それにしてもこの連絡コース、前にも移動したことあったようなないような…。ブログ読んだら書いてあるかしら。

 連絡コースをスケーティングで移動すると、焼額山第1ゴンドラの降り場に出ました。せっかくなので記念撮影。

 焼額山のジャイアントスラロームコースは滑りやすくて楽しいコースでしたな。焼額山してはコース幅も広いですし。

 途中で奥志賀に戻らないと帰れなくなってしまいます。ひゃくりんがいなければ直進しちゃっていたかも。

 今度は焼額山から奥志賀への連絡コースです。

 連絡コースを滑ると、奥志賀のパークに出てきましたぞ。

 せっかくなのでみんなでパークを一本滑りました。予想以上に賑わっていましたね。余談ですが19/20シーズンで一番楽しかったのはフランストリップで滑ったパークです。エス氏史上最高に楽しいパークでしたが、その話はいずれまた。

 奥志賀に戻ってからは再び第4ゲレンデへ。このコースは緩くて短いのですが、エキスパートコースやゴンドラ回しは疲れるし、パークは混んでるし、ここが一番平和だったんですよね。お昼頃になると視界も良くなってきましたぞ。さて肝心のランチはどうしようかしら。当初鮎川BBQまで行こうと思ったりもしたのですが、今からだとランチ営業に間に合わなそうなので、グランフェニックへ行ってみることに。ホテルグランフェニックス奥志賀は皇族御用達で、志賀高原で一番のホテルということですからね。エス氏も気になっていたのですよ。

 というわけで玄米曰く「奥オブ奥」にあるグランフェニックスに向けて再びエキスパートコースへ。あれ、視界が晴れてみるとこんなに急だったかしら。我々は朝っぱらから何を考えてこんなところを滑っていたのでしょうか。

 第1ゲレンデを左の方へ滑っていくと、グランフェニックスが見えてきますよ。

ホテルグランフェニックス奥志賀

 エス氏が気になっていたのは季節限定のガーデンバーベキュー。この日は午前中の天気が悪かったので開催されないかと思ったのですが、聞いてみるとOKとのこと。

 外にわざわざテーブルとイスを用意してくれましたよ。

 まあ正直屋外はちと寒かったんですけどね。

 グリルで焼き上げた肉を運んでくれました。こちらは鶏肉ですね。ちなみにこれで3人分です。

 続いて牛肉と豚肉。BBQソースが美味かったですなぁ。ゲレンデのレストランとは思えぬクオリティで大満足でしたわ。

 グランフェニックスはそれなりの築年数のはずですが、外観はとても綺麗でしたね。メンテナンスが行き届いている印象。スタッフのは対応も素晴らしく、すっかり気に入ってしまいました。こりゃ泊まりにくるしかありませんね。もちろんエス氏の泊まりたい宿リストにグランフェニックスも入っているのですが、なかなか予約が取れないんですよ…普段なら。

 グランフェニックスでひゃくりんと相方さんと別れ、エス氏一向は温泉へ。リフト券は4時間券でしたし、無駄に早朝から滑っていたのでもう十分。志賀高原を降りてわくわくの湯に入りましたよ。

【長野県】わくわくの湯【山ノ内町】

2017年12月9日

 汗を流した後は信州中野インターの手前にあるJA中野の直売所、オランチェへ。ここは長野の農産物やお酒などが手に入るエス氏お気に入りのスポットですね。

JA中野市農産物産館オランチェ

 ここは無料のきのこ汁が飲めるので楽しみにしていたのですが、案の定コロナ騒ぎでサービス終了してました。気を取り直して、とりあえずネギとか買って帰りましたぞ。

 やっぱり日帰りで奥志賀は遠かったですのう。しかもアーリーバードで早朝から滑るという、エス氏らしくもなくやる気満々っぽいプラン。ひゃくりんには「イカレてる」とか言われましたぞ。これを考えたのは志賀高原童貞の玄米だったわけですが、彼にはぜひ奥志賀以外にも広大な志賀高原を滑ってもらいたいものですね。余談ですがこの記事のTOP画像はひゃくりんが毎回奥志賀で撮影している看板です。

 さて次回も日帰り。緊急事態宣言が出た後でしたが、スノーボードの自粛なんてまったく意味がないと思うエス氏は気にすることなく滑りを楽しんできましたよ。続きます。

19/20シーズン40日目 八千穂高原スキー場【サクッと日帰りトリップ2】

2020年5月25日

にほんブログ村 スキースノボーブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です