20/21シーズン16日目 ニセコビレッジスキーリゾート【エス氏ツアー北海道編 3日目】

 みなさんこんにちは。エス氏です。2021/1/9〜11の3連休はエス氏ツアー北海道編ということでニセコで滑ってきました。トリップ最終日となる3日目はニセコビレッジで滑りましたよ。エス氏は実はビレッジがけっこう好きなんですよね。以前ワープ要員玄米と滑った際に楽しかったからですぞ。

16/17シーズン7日目 ニセコマウンテンリゾートグランヒラフ/ニセコヴィレッジスキーリゾート

2016年12月21日

20/21シーズン14日目 ニセコアンヌプリ国際スキー場【初173】【エス氏ツアー北海道編】

2021年2月12日

20/21シーズン15日目 ニセコマウンテンリゾート グラン・ヒラフ【エス氏ツアー北海道編 2日目前編】

2021年2月15日

20/21シーズン15日目 ニセコHANAZONOリゾート【初174】【エス氏ツアー北海道編 2日目後編】

2021年2月16日

ニセコビレッジスキーリゾート

 朝食はセイコーマートで買ったわさびのラーメン。これがまた強烈でして。咳き込みながら食べましたわ。もう二度と食べたくはありませんね。不味いわけではないのですが。

 滞在しているニセコハウスからビレッジまでは車で15分ほどの距離でした。

 ビレッジに到着し、ヒルトン前の駐車場に車を駐めましたよ。

 準備してゲレンデへ。マジでガラガラでしたね。。。

 ビレッジではひたすらニセコゴンドラを回すことになるのですが、ゴンドラ待ちはありませんでした。実に快適に滑れましたな。

 朝はガスっていたのですが、何本か回しているうちに徐々に天候が回復してきました。

 画像はゴンドラから見たG11のゲート付近です。ここにはパウダーがあるという確信がありましたね。ちなみにニセコでエス氏たちを案内してくれていたがはくさんはビレッジだけはあまり滑ったことがなかったようで、ビレッジを滑ることにいささか懐疑的ではあったのですが、エス氏にはここは楽しいという自信があったのですよ。

 ゴンドラを降りるとヒラフ側へ移動するかそのままビレッジを滑るかの2択になります。この日はもちろんビレッジを滑りましたよ。G11ゲートへの入り口付近がフラットになっていてスノーボーダーはほぼ確実に止まってしまうのがビレッジ最大の難点でしょうか。

 まずは初級のだべさコースを何本か滑りました。コース脇にこれでもかというほどパウダーがあって実に楽しかったですね。

 ジャンク・ヤードコースもあちこちパウダーだらけ。天気も良くなってきてニセコのパウダー大満喫でしたな。

 なまらコースは視界が開けていい眺めでしたなあ。

 しかもコース脇にはこれまた新雪がどっさりありました。画像は何本か滑りまくってからのものですけど。斜面が荒れてきてもハンマーヘッドのアグレッサーには関係ありません。むしろ滑りやすく感じるほど抜群の安定感でしたな。もう圧雪でも非圧雪でもアグレッサー1本で何の問題もありませんわ。

 ビレッジはゴンドラ手前の緩斜面もいささか退屈ではありますな。

 ビレッジ感を満喫しようとショッピング&ダイニングエリアで休憩しようと思ったのですが、概ね休業中でした。まあ外国人客ほとんどいませんでしたからね。

 仕方なくヒルトンの前で一休み。前日のヒラフに比べると、日も出ていてそれほど寒くはなかったですのう。

 さて。ニセコでの3日間はツアーのメンバーを引率していたエス氏とがはくさん。エス氏はともかくがはくさんには思い切りパウダーを滑ってもらいたいと感じておりまして。ビレッジをよく知らないがはくさんを連れ、G11ゲートの先へ行ってみることにしましたよ。以前は歩いて登りましたが、今ではロープ塔があるんですね。

 ゲートの先へはメンバー全員では行けません。エス氏とがはくさんはパウダーが滑れるので問題ないとして、調子を落としているhorihさんは辞退。女性ではヨーロッパトリップメンバーの赤パンは予想をはるかに超えてパウダーが滑れるようになっていたので一緒に行くことに。他にもゲートの先へ行きたがる女性メンバーもいたのですが、ロープ塔を使うことができず転げ回っていたので辞退してもらいました。滑ってみて実感しましたが、ロープ塔で転んでいるレベルではこの先は難しいかなと。

 ゲートの先はしばらく一本道が続きます。その先からが本番ですね。エス氏としてはスーパースティションコースを滑る気満々だったのですが、そちらの方にはトラックがついていませんでした。どうもみなさんざんぎコースの方へ落としているようで。エス氏はそちらの方は滑ったことがないのですよ。

 というわけでエス氏、がはくさん、赤パンの3人でスーパースティションコースへ。驚いたことに誰も滑っておらず、完全にノートラックでしたね。しかも積雪も十分過ぎるほど。これは間違いなくエス氏の20/21シーズン最高の1本だと断言できるほど素晴らしいパウダーライディングができましたな。がはくさんはともかく、赤パンもかなり深い新雪を滑る技術を身につけていて驚きました。視界が悪いのではぐれないように斜面の途中で停止したりしたのですが、赤パンも器用に停止し、その後の再スタートも問題なくこなしていました。一方でロープ塔に弾かれたメンバーは無理して来なくて本当に良かったと思います。埋もれてどうにもならなかったでしょうから。いくらパウダーが楽しいからといって無理は禁物ですな。

 スーパースティションコースからじゃがいもコースに入り、さらにみそしるコースを滑る頃にはすっかり疲れ果てていました。ノートラックだったのはスーパースティションだけでしたが、これらのコースでも存分にパウダーを滑ることができましたぞ。

 昼過ぎまでひたすらパウダーを滑ったところで上がりました。当初はビレッジに興味なさそうだったがはくさんも満足してくれた様子でしたね。他のメンバーもそれぞれパウダーを満喫できたようでした。もちろんエス氏も。ビレッジはいつもエス氏を楽しませてくれますわい。

 ランチはビレッジの近くにある牧場のレストラン、マンドリアーノで食べることに。実は前日にニセコハウスに来ていた地元の観光協会の人にオススメの店を聞いていたんですよね。ちなみに画像はプラティーヴォとなっていますが、これも高橋牧場内のレストランですね。

ニセコ髙橋牧場レストラン MANDRIANO

 この店はチーズ工場の奥にあるんですわ。ピザが美味しかったですな。チーズやヨーグルトをお土産に買うこともできましたぞ。

 ランチの後は3回目となるニセコ駅前の綺羅乃湯で汗を流した後で帰路につきました。ユーロのニセコハウスにはずいぶんお世話になりましたね。みなさんにおすすめしたいところですが、ユーロのお客さん以外は利用できないのが残念なところですな。きのこ王国で休憩し、新千歳空港を目指します。旅の間ずっとエス氏号のハンドルを握ってくれたがはくさんに感謝です。新千歳空港までは車で約2時間の距離でしたよ。

 バジェットレンタカーで車を返し、バスで新千歳空港へ。かなり遅い時間にニセコを出発したのですが、意外になんとかなるものですね。

 新千歳空港はガラガラでした。こんなに人がいないなんて初めて見ましたね。

 時間ギリギリでしたが、大急ぎでラーメンを食べて帰ることに。ラーメン屋も空いていましたのう。エビ味噌ラーメンはダイエット中のエス氏でも食べる価値のある一杯でしたな。

 てなわけで、1月の3連休を利用した2泊3日のエス氏ツアー北海道編もこれで終了です。久しぶりのニセコを大満喫できましたよ。プランを立ててくれた友人JMとユーロのおかげですね。ニセコハウスは格安で利便性が高くニセコでの拠点に最適でした。メンバー6人で楽しく滑り、美味しいものを食べ、最高のトリップとなりました。コロナ禍でニセコがガラガラだったおかげでもあるのがいささか微妙ですが。まあ業界的にはともかく、個人的には二度とないくらい空いているニセコで楽しく滑れて良かったな、ということでいい思い出になりました。

ユーロ・ニセコハウス

 さて年末年始トリップにエス氏ツアー北海道編という大きなイベントが終わり、ようやく日常的なトリップに戻りますよ。次回は長野県のよませ温泉スキー場で滑ります。お楽しみに。

20/21シーズン17日目 よませ温泉スキー場(ついでに高井富士)【定番トリップ前編】

2021年2月22日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です