20/21シーズン17日目 よませ温泉スキー場(ついでに高井富士)【定番トリップ前編】

 みなさんこんにちは。エス氏です。2021/1/16は長野県のよませ温泉スキー場へ滑りに行ってきましたよ。よませ温泉はエス氏お気に入りのゲレンデの一つでして。クワッドリフトを回して効率よく滑れますし、気持ちよく滑れる斜度なんですよね。雪が降れば人があまりこないツリーランも楽しめますし。隣の高井富士ともつながっているので同じリフト券で滑れるのはいいのですが、残念ながら今の高井富士はパークで遊ぶ人以外にはまあまあつまらないゲレンデなんですわ。よませから木島平までがつながっていたMt.KOSHAの全盛期が懐かしいですの。さらに牧の入までつなげたら…なんて妄想も膨らみますね。ちなみにエス氏はやまびこの丘が一番好きでしたよ。

よませ温泉スキー場

 天気予報ではこの日はかなり天気が怪しかったんですよね。気温も高めでしたが、一応は雪予報になっていました。練馬から関越道に乗りいつものように東部湯の丸SAで休憩しましたが、確かにかなり暖かく感じましたね。緊急事態宣言のおかげで高速道路はガラガラでしたな。

 いつもはお蕎麦を食べるエス氏ですが、たまにはパンでも食べてみようかと。ハムマヨと野沢菜パンを買ってみましたが、うーん、野沢菜パンは悪くはないですけど2回目はないかな、という感じ。

 信州中野インターを降り、志賀中野有料道路を通って北志賀エリアを目指します。こちらに来るのは今シーズン初なので久しぶりという感じでしたな。

 駐車場に着いたのは9:00過ぎ頃でした。エス氏的にはいささかのんびりしたペースでしたが、まあコンディションもよくなさそうですし、のんびりでもいいかなと。高速道路の混み具合もよくわからず、こんなに空いているならもっとのんびりでもよかったくらいですわ。

 リフト券を買ってMt.KHSHAスノーボードスクールへ。最近ご無沙汰でしたが、エス氏は何度かこちらのスクールにお世話になっていたのでご挨拶。やはり来場客が激減しているようでしたね。スキー場やスノーボードスクールとしては困ったもんですの。

 イマイチな天気でしたね。気温はそれほど低くはありませんでした。

 まずは乙女ゲレンデで足慣らし。雪ではなく雨がポツポツと降りはじめてきましたよ。なんてこった。

 続いて第2クワッドリフトへ。少しずつ雨が強くなってきました。帰りてぇ〜。

 第2クワッドの乗り場は雨でしたが、降り場まで上がる途中で雪に変わりました。リフトの上と下でけっこう違うものですね。ちなみに水分高めの雪は割と滑りやすかったです。

 続いて第2クワッドをメインバーンとは逆の方へ。こちらはいくつかコースがありますが、どこも空いているんですよね。ちなみにスクールのイントラKさんたちが滑っているのを見かけましたけどさすがに上手かったですなあ。

 一番奥のメイプルリーフコースは人っ子一人いませんでした。コースが空いているのはいいのですが、雨と雪はどうにかならんものかしら。

 というわけで一度車に戻り、傘をさして滑ることに。以前は何度か傘をさして滑ったりもしましたが、最近はなかったですね。そもそも雨が降ったら滑らないのですよ、エス氏は。この日は宿のチェックインまで少々時間があったので、仕方なく傘をさしてまで滑ることにしたのです。

 第3高速ペアリフトに乗り、一番上まで行くことにしてみました。傘をさしているとリフトで雨に濡れることがなくなりますし、透明なビニール傘なら正面に向けて滑っても一応前が見えるのでけっこう普通に滑れるのですよ。風には弱いのですが。

 上から高井富士側に降りようとしたのですが、不穏な看板が立ててあったので連絡コースで行くことにしました。

 それにはまずチャンピオンコースを滑らねば。山頂からの眺望が好き位なのですが、特になにも見えず残念でしたな。

 第3高速ペアリフト乗り場の上の方に高井富士への連絡コースがありますよ。

 視界が悪く雪面がよく見えなかったのですが、圧雪されていない部分に入り込んでしまうと重い雪に足を取られて滑りにくく、難儀しましたのう。

 第3連絡ペアリフトの乗り場まできました。高井富士まであと一息です。

 この連絡コースは雪が汚れていて酷いものでしたな。

 ようやく高井富士のコースにたどり着きましたよ。

 スキーセンターまで降りて一休みすることに。傘をさしているとはいえ完全に雨を防げるわけではないので、けっこう濡れてしまいましたわ。

 かき揚げ丼を注文したらイメージしたものとはいささか異なるものが出てきました。こりゃ失敗したなと思ったのですが、意外に悪くなかったですぞ。レストランでは若者たちのグループがマスクもせずに大声でおしゃべりして盛り上がっていました。コロナを特に気にしていないエス氏ですが、マナーはきちんと守っていて、食事の際を除けばマスクは一応しています。それでもこの若者たちに特に不快感はありませんでしたね。リスクの低い若者と、リスクの高い高齢者とでは意識に差があって当然だと思います。若者ではなく高齢者が対策をとるべきではないでしょうか。

 特にやる気はありませんが、一応滑っておきましょう。第1ペアリフトに乗りましたよ。この画像は100日記のひゃくりんさんが高井富士で毎回撮る構図を真似たものです。

100日記:210214高井富士スキー場(28回目)

 第1ペアリフト沿いのなんじゃこりゃコースは意外にも滑りやすいコンデションで楽しかったですね。

 まあ特にやる気はないのでよませ温泉に帰ることに。もう1本第1ペアリフトに乗り、今度はペークの方へ滑ってリフトに乗りましたよ。

 当然パークなどは滑らず、第3連絡ペアリフトに乗り継ぎます。

 よませ温泉に帰ってきましたが、すでにエス氏のやる気はゼロになっていました。

 第2クワッドの乗り場前にあるレストランあっぷるで休憩することに。

 ホットドリンクを飲み、濡れたウェアをストーブの前で乾かしました。エス氏自身もストーブの前で暖まっていましたが、根が生えたように動きたくなくなってしまいましたな。ウェアが乾いた後は気力を振り絞って再びコースに出たのですが、リフトに乗っていると寒くて耐えられなくなってしまいました。仕方なく第2クワッドに数本乗っただけで上がることに。この時はニセコより寒く感じてしまいましたのう。雨が降るくらいですから気温がそれほど低いわけでもなく、エス氏の装備が貧弱だったわけでもないんですけどね。それにしても先週はニセコで最高の雪質を楽しんできたというのに、その次が雨とはずいぶんな落差ですわ。

 よませ温泉を出る頃には雨は完全に雪に変わっていましたね。

 この日の宿は上林温泉の湯宿せきやです。なかなか予約が取れない宿ですが、緊急事態宣言でキャンセルが出たようで、運良く予約することができました。評判通りの素晴らしい旅館でしたね。別記事で詳しくご紹介しますぞ。

【湯宿せきや】予約困難な人気旅館!それも納得のクオリティでしたな

2021年2月24日

湯宿せきや

 エス氏のお気に入りゲレンデであるよませ温泉で滑り、湯田中渋温泉郷に泊まって、翌日は菅平高原で滑りました。我ながらよくあるパターンのような気がしたもので、定番トリップというタイトルにしてみたわけですね。というわけで次回は菅平高原でマツザワ師と一緒に滑りましたよ。お楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です