20/21シーズン30日目 赤城山第1スキー場【初180】【ローカルゲレンデ満喫トリップ2前編】

 みなさんこんにちは。エス氏です。2021/2/23は祝日だったので日帰りで滑りに行ってきましたよ。天気もあまり良くなさそうだったので、今まで滑りに行ったことのないローカルゲレンデを回ることにしました。先日も祝日に実施した「ローカルゲレンデ満喫トリップ」の第2弾ですな。まずは群馬県にある「日本で一番小さいスキー場」らしい赤城山第1スキー場へ行ってきましたよ。

20/21シーズン25日目 聖高原スキー場【初176】【ローカルゲレンデ満喫トリップ前編】

2021年3月29日

20/21シーズン25日目 霧ヶ峰スキー場【初177】【ローカルゲレンデ満喫トリップ後編】

2021年3月30日

赤城山第1スキー場 オープンしています!

 赤城山はオフトレ百名山編でも登っておりますな。

オフトレ 登山編 赤城山 百名山8/100

2015年7月26日

 山登りに来た際にはセーブオンだったコンビニがローソンになっておりました。

 コンビニの向かいには懐かしい牛すじ家が。

 高速道路を降りてから赤城山まで行く途中の道はなかなか好きなんですよね。

 道路はずっとドライでしたが、赤城山の辺りまで登ってくると気温がマイナス5度くらいに下がり、路面も一部凍っている様子でしたな。ちなみに近くの大沼も凍り付いており、ワカサギ釣りをしている人たちが見えましたな。エス氏にはスノーボード&ワカサギ釣りというトリップを実現させたいという思いがあるのですが、なかなか実現には至りませんのう。

 9:00頃に赤城山第1スキー場に到着しましたよ。

 通りの向かい側に駐車場らしきスペースが。車を駐めて滑る準備をしました。

 それにしてもひとっこひとりおりませんでしたな。雪はガチガチに凍っておりました。

 日本一小さなスキー場。スキー場の定義ってなんなんでしょうね。リフト、Tバー、トロイカ等とりあえず人をスロープの上に運ぶ設備があるところかなと個人的には思っておりますが。

 ゲレンデ?の状況を見れば察しはつきましたが、営業はしていませんでした。

 ちなみにこれがゲレンデです。コースは短い上に雪不足。その上ボコボコの雪がガチガチに凍っているというかなり手強いコンディションでしたな。

 コースの端にはエスカレーターがあります。これがあるゆえに一応スキー場ということになっているのかなと。

 エスカレーターは動いていないので、その隣をハイクしました。コースを見ると盛り上がっている部分もあり、あそこから子供達がそりで滑り降りるんだろうなと想像できましたな。

 さてエスカレーターの降り場まで登ってきました。一応板を履いて滑りましたが…ガッチガチのガッタガタで正直怖かったです。

 いやあ、1本だけですが日本で一番小さいスキー場を確かに滑りましたぞ。2度目があるとは思えませんが、まあこれはこれで話のネタにはなるかなと。とりあえず寒いのでとっとと移動することに。これがまた本当に寒くてですね。マイナス5度とまあありがちな気温ではありましたが、活気がないからでしょうか、やたらと寒く感じられましたな。ちなみに滞在時間は15分ほどでした。

 赤城山第1スキー場を後にしたエス氏が向かった先は…同じく群馬県にあるローカルゲレンデ、みなかみ町営赤沢スキー場です。赤城山と赤沢は同じ赤つながりではありますが、位置的には群馬県の東と西にあり、移動に1時間半もかかるので全然近くはありません。まあ時間はありますからね。のんびり行きましょう。ちなみに赤城が先で赤沢が後、という順番にもエス氏的には大きな意味があるのですよ。てなわけで次回もお楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です