18/19シーズン18日目 ムイカスノーリゾート【初】【中越トリップ1日目午前】

リフト券を貰えるならどこでも滑りますぞ。

 みなさんこんにちは。エス氏です。2019/1/19〜20は新潟県の中越地方へ滑りに行ってきましたぞ。中越とは湯沢とか十日町とかスキー場がたくさんあるエリアのことですね。新潟は大きく分けて上越、中越、下越、佐渡とありますが、東京からアクセスしやすいのが中越です。今回は湯沢エリアでは滑らず南魚沼市で滑ったので、あえて中越トリップとしてみましたぞ。

 初日の目的地はムイカスノーリゾートです。タイヤ館でスタッドレスタイヤを買ったらリフトの優待券をもらえまして。使えるゲレンデはいくつかあったのですが、まだ滑ったことのないムイカスノーリゾートへ行ってみることにしたわけですな。

18/19シーズンのスタッドレスタイヤはブリジストンのブリザックVRX2を買いましたぞ

2018年11月22日

 この日は1人で滑る予定だったのですが、どうも油断したらしく寝坊してしまいました。3:30に起きるつもりが気がつけば4:30。慌てて準備をし、4:50に自宅を出発しました。本来なら練馬から関越に乗ってる時間ですけど。案の定関越で渋滞にハマってしまいましたが、まあ特に急ぐ旅でもありません。雪が積もっているような気もしましたが、この日のエス氏はパウダーよりも圧雪を滑りたい気分でして。

 関越トンネルを抜けると予想以上の雪で運転に少し緊張しましたわ。人々は湯沢や塩沢で高速を降りて行きました。六日町まで走る車はあまり見かけませんでしたね。もしかしてパウダーだったりするのかしら。パウダーボードなんて持ってきてませんけど。

 8:35頃ムイカスノーリゾート到着にしました。高速道路を降りるとすぐでしたな。アクセスの良いゲレンデだと思います。

ムイカスノーリゾート

 雪が降ってはいましたが、湿って重たい雪でしたな。駐車場で着替えてチケット売り場へ。

 優待券を使いリフト1日券をゲットしましたぞ。まあ半日券で十分でしたけどね。

 第1クワッドリフトに乗りゲレンデ上部へ。リフト待ちはほとんどありませんでしたな。

 クワッドを降りると緩い斜面が広がっていました。ふむ…景色は悪いし斜度も緩いし、正直イマイチでしたな。初級者さんの練習には良いかも。天気はガスったり晴れたりを繰り返していました。

 続いて第3ペアリフトに乗り継ぎました。このゲレンデは4本のリフトがありますが、結局第1クワッドリフトと第3ペアリフト以外は乗りませんでしたね。

 第3ペアリフトを降りると、さらに上部へ登るハイクアップゾーンがありました。以前はリフトで上がれたようですが、今は動いていません。板を担いで登るしかないエリアですぞ。

 ハイクアップゾーンを登る目的としてはやはりパウダーですかね。リフトで登れないので、パウダーの競争率は下がります。その分歩いて登る必要があるので、ある程度の気合いが必要ですが。そういう意味でエス氏はそこまで気合いの入ったスノーボーダーではないんですよね。わざわざハイクしてパウダーを滑るなんて…。

 パウダーなんて滑る気はあまりないのですが、汗だくになって登ります。はぁ、はぁ…。グラトリの練習したかったなぁ。

 一番上まで登りました。今は動いていないリフトの降り場があり、その奥は立ち入り禁止になっていましたね。

 とりあえず正面のダイナミックコースを滑ることに。長いコースではありませんが、そこそこ積もっていて楽しめましたなぁ。ハイクした甲斐がありましたぞ。

 ダイナミックコースからそのまま左側に滑るとコンドルコースに入ります。こちらも非圧雪でしたが、斜度があまりないのでそこそこという感じでしたな。ちなみにコンドルコースは第3ペアリフトからハイクしなくても滑れますぞ。

 コンドルコースは第2ペアリフトの降り場あたりで初級コースに合流します。

 ハイクで疲れたので、一度下まで滑って降りることにしました。

 中級のシーガルコースを滑りましたが、コース脇には非圧雪の部分がかなりあってこちらでもパウダーを楽しめましたな。新雪はたくさんあるのですが、雪質は明らかにハイクアップエリアの方が良かったです。時間が経つにつれ下の方はどんどん雪が重くなりましたわ。

 その後は第3ペアリフトを回してコンドルコースや初級のファルコンコースを滑っていました。初級コースは緩すぎてほぼチョッカリしかできないのがイマイチでしたなぁ。ちなみにこのリフトで乗り合わせたアルペンボーダーの地元のおっちゃんとおしゃべりをしました。意外にパウダーの穴場ゲレンデのようですな。

次のページに続きます。少し下の方にボタンがありますぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です