21/22シーズン34日目 Mt.グランビュースキー場【初199】【南魚沼トリップ】

 みなさんこんにちは。エス氏です。2022/2/26-27は新潟県の南魚沼市へのんびりと滑りに行ってきましたよ。栂池の試乗会が流れてしまったのでいささかやる気のないトリップでしたが、初日は初めての六日町八海山スキー場で滑り、お目当の龍言で美味しい雪国ガストロノミーを満喫できてなかなか充実しておりましたぞ。

21/22シーズン33日目 六日町八海山スキー場【初198】【南魚沼トリップ】

2022年5月9日

【ryugon 龍言】食事については文句無しに美味しい宿ですぞ

2022年5月16日

 2日目は雨予報ということもあり、滑るかどうかも微妙なところでしたが、1箇所気になるゲレンデがあったので滑りに行ってみることに。

Mt.グランビュースキー場

 Mt.グランビュースキー場は名前は知っていたものの、マイナーでよくわからないゲレンデだったので今まで滑りに行く候補に挙がることがなかったんですよね。ローカルゲレンデ大好きおじさんのエス氏にしては消極的な姿勢であったと言わざるをえませんね。

 今回滑りに行く気になったのは、仲間の闇奉行さんやがはくさんが滑りに行ったという話を聞いたからですね。なかなか良さそうだったので、どれエス氏も行ってみようかと。雨予報でやる気がなかったので、どこでもよかったという理由もありますが。

 ryugonでは露天風呂付きの部屋に泊まっていました。最近思うのですが、朝から滑ろうとするには露天風呂の誘惑が強烈すぎるんですよね。1〜2月のトップシーズンは露天風呂付きの部屋には泊まらない方がいいかも、なんてエス氏ですら思うくらいスノーボードに支障が出ますわ。

 そんなわけでダラダラしてから9:30頃にチェックアウト。ryugonからMt.グランビューまでは車で約20分の距離です。画像は上越国際のホテルグリーンプラザの看板だと思いますが、「ようこそここへ」とはなかなか面白いですね。そして看板がデカい。

 ナビに従って進み、雪の壁に囲まれた細い路地を通ります。Mt.グランビューは初見では駐車場がわかりにくく、事前にがはくさんにヒアリングしておいて良かったと思いますね。みなさんにもわかりやすいようにGoogleマップさんをお借りして地図に印をつけてみました。


 エス氏はP1と記載したところまで進みましたが、満車だったので引き返し、P3に駐めました。宮野下という白い建物の脇から駐車場に入ります。

 奥はまあまあ広いですね。てかそこそこ車が駐めてありますが、こんなに滑っている人いるのでしょうか。ポツポツと雨が降り出してきたので、サクッと準備してサクッと滑ってサクッと帰ることに。

 ゲレンデに向かってテクテク歩きます。こちらはP2ですね。この時は気がつきませんでしたが、Googleマップをみると奥の方まであるかなり広い駐車場のようです。

 こちらがP1。Googleマップではこの奥にも道が続いていますが、実際には除雪されておらず、ここから先は歩いていきます。

 Googleマップの赤い矢印に沿って進むとリフト乗り場がありますよ。

 角を曲がった先がリフト乗り場です。

 シングルリフトですね〜。このリフトは無料で乗せてくれました。ローカルっぽい2人組が板を持ってリフトに乗ったので、エス氏もそれに習うことに。

 けっこう長いリフトでしたな。本降りではないものの雨はそこそこ降っており、気温の割に肌寒かったです。

 リフトを降りると開けた場所に出ます。画像の左側がゲレンデで、右側にはホテルが並びます。リフト券はどこで買うのでしょうか。さっぱりわからないので前を歩くローカルっぽい2人組についていくことに。

 奥にあるホテル綿ぼうしまできました。

 ホテルの中に入るとなにやら雑多な感じ。リフト券はここで買えるようで、他にも何人か利用客がリフト券を買いに来ていました。呼び鈴を鳴らすと、奥から赤子を背負ったお母さんが出てきて、かなりアットホームな雰囲気。ブーツのまま館内に入り、回数券を数枚購入しました。聞けばこのゲレンデはホテル綿ぼうしが運営しているとか。だとすればこの超ローカルな感じも納得ですわ。

 雨も降っていることですし、サクッと滑ってサクッと上がりますよ。まずは第6リフトに乗りました。ちなみに先ほどのシングルリフトの他、動いているリフトは第6と第3の2本のみ。どちらもシングルです。ゲレンデマップでは第5と第8もあったようですが。

 第6リフト沿いのコースは幅も広く斜度もいい感じですな。

 第6リフトを降りると、第3リフトも見えます。

 少し降って左側に回り込むと第3リフトの乗り場があります。

 これに乗り、エス氏の回数券は底をつきました。

 コース脇には新雪が積もっていましたね。パウダーゲレンデとしてはなかなか良さそうですが、この日は雨なので別としても、標高が低いので雪は重そうな気はしますね。

 第3リフトの降り場からの眺めは晴れていればかなかな良さそうですな。リフト沿いに滑りましたが、予想通り雨で雪はグズグズ。コース脇の非圧雪部分も一応滑ってみましたが、やめときゃよかったと後悔するレベルでした。

 そのまま一気に下ります。第6リフト沿いの斜面は斜度もあり、この日の雪質でもそこそこ気持ちよく滑れましたな。コンディションが良ければ楽しそうです。

 第6リフト沿いのコース下部からは勢いをつけて下山コースへ。まあ途中で止まってしまいましたが。最初に乗ったシングルリフトの降り場を通り過ぎ、さっさと下山です。

 下山コースは九十九折になっており、コース幅は狭い上にガタガタで、いささか滑りにくかったですね。

 シングルリフトの下を通過。途中、バートンの雪板を持って歩いている人を見かけました。雪板で下山しようと試みたものの、雪板で滑るにはコースが手強すぎて諦めたのでしょう。お疲れ様でした。

 下山コースは途中に別れ道があり、左に降りるとP1にたどり着きました。Googleマップだとこの位置です。

 P2に戻ると、先ほどの雪板兄さんが駐車場の上の方から歩いてくるのが見えました。もしかすると下山コースの別れ道を右側に進むとP2まで繋がっているのかもしれませんね。

 いや〜なかなかのローカルゲレンデでしたな。小雨の日にサクッと滑るにはちょうど良かったような、コンディションいい日にまた訪れたいような、味のあるゲレンデでしたわ。機会があればまた滑りに来たいものですね。

 駐車場で着替え、11:00頃にはP2を後にして帰路につきました。この日は寄り道せず、サクッと自宅まで帰りましたよ。今回のトリップでは、初めて滑るスキー場2箇所に泊まってみたかったryugonにも泊まれてなかなか良いトリップになりましたわ。最後は雨でしたが、Mt.グランビュースキー場を体験できたことですし、エス氏的には満足です。

 てなわけで、次のトリップは大人のエス氏ツアーです。1月から4月の最初の週末がエス氏ツアーになるのですが、大人のエス氏ツアーは今までのエス氏ツアーで泊まっていた宿よりもグレードの高い宿に泊まろうと。まあ近頃ではエス氏ツアーでは安曇野ベースに泊まっていたので、あまり比較はできませんけど。ともかく、エス氏が普段どのような宿に泊まってスノーボードトリップを楽しんでいるのかを体験していただこうという試みですね。次回もお楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。